出来る!?「首すわりトレーニング」無理のないようにやってみよう!

新生児の首すわりトレーニングをしている?無理のない程度にやってみるのも良いかも!?

view389

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 首すわりは

  • 首がすわりだすと赤ちゃんは世界を立体的に見ることができるようになります。それまでは自分の顔の上にあるものしか見れませんでしたが、首が動く事によって見れる範囲が広がり距離感が生まれてきた訳ですね。
    出典 :首すわり、引き起こし反応とトレーニング
  • 首がすわらないと"おすわり"ができず、おすわりができないと"立っち"ができないからです。首のすわりは「引き起こし反応」と呼ばれる方法で試します。赤ちゃんが寝ている状態から両手を持ってゆっくり上半身を起こしていきます。首が倒れないで軸から外れずに垂直に付いてこれれば完了という訳です。
    出典 :首すわり、引き起こし反応とトレーニング
  • ちょっと気になるのが

     

    首すわりが遅く感じる事がありますよね。そんな時はちょっとしたトレーニングをしておくと良いかもしれませんね。赤ちゃんにも言える事ですが、それなりのペースがあるので気にしすぎないようにしてくださいね!

  • 首を座らせる練習をしよう

  • 1 腹臥位になり、胸部の下にバスタオルをたたんだり、小さな座布団をたたんだ物を敷きます。 2 手を敷物の前に出します。 3 子どもの顔の前に、絵本やテレビ・DVDディスプレー・玩具等を置いて、これを目視させたりします。目視しない時には、顎の下に手を入れて、顔を持ち上げるようにします。
    出典 :首がすわっていますか
  • 4 自分で顔を持ち上げさせて、数秒反らせて、数秒休ませて、これを何回も繰り返します。 5 自分で持ち上げようとしない時には、頚椎7から胸椎3当たりの周辺を、くすぐるように刺激します。刺激部位は、個人によって異なるため、刺激部を探しだすことが大切です。
    出典 :首がすわっていますか
  • うつ伏せにする

  • うつ伏せにして、顔は横に向かせる ↓ すると……  背筋が鍛えられて頭をもたげるしぐさを見せる 1日1回程度から始めます。
    出典 :生後0ヶ月からできる「首すわりトレーニング」のやり方|OKGuide[OKガイド]
  • 私の場合は、赤ちゃんを完全にうつ伏せにするのが怖かったので、ベッドに仰向けになって寝て、お腹あたりに赤ちゃんを抱っこしてトレーニングをしました。
    出典 :生後0ヶ月からできる「首すわりトレーニング」のやり方|OKGuide[OKガイド]
     

    このようにトレーニングをしている人もいるのです。

  • 他にもある!

  • B 腹筋及び頚部屈筋の練習。  背臥位(上向き寝)での練習。 1 背臥位で寝ます。 2 子供の手と介助者の手を、互いに握ります。  【注意.子供の手のひらが、内側か上向きになるような握り方をします。】 3 手を引いて子供を引き起こすようにします。 4 両肩が床から離れる程度に引き上げればOKです。
    出典 :首がすわっていますか
  • 5 引き上げる動作に連れて、頭部がついてくることが大切です。  数秒頭部を持ち上げさせ、数秒休ませます。これを何回も繰り返します。 6 5の状態で、頭部がついてこない時には、両手の介助ではなく、両肩峰を引き上げながら胸鎖関節付近(胸の中央で首に向かって上がっていくと、骨をさわる事のできなくなる部分)の周辺を刺激します。
    出典 :首がすわっていますか
  • 個人により、刺激部分が異なるため、刺激部を捜す必要があります。 7 5が可能となったなら、片手を強く引き上げるようにして、体をねじるような姿勢で起き上がっても頭部がついてくるようにします。
    出典 :首がすわっていますか
  • 首すわりトレーニングは

     

    一ヶ月くらいから始められるそうですが、ミルクの消化がまだよくないので、食後は避けておきましょう。うつぶせは赤ちゃんにとっては危険と言われているので芽を離さないようにしましょう!