ダラダラ…生理が終わらないのはどうして?原因と対策

だらだらと続く生理。なかなか生理が終わらないと不安になりますよね。
生理が長引く原因とは一体何なのでしょうか?正常な生理の日数や、考えられる病気など、女性に役立つ情報を集めました。参考にしてみて下さい。

  • mippi 更新日:2015/06/18

view168236

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 通常、生理はどのくらいの期間で終わるの?

  • 4~5日間が最も多いです。3日~7日の範囲内であれば正常と言われています。

  • 出血量について

  • 出血量を計るのは難しいですが、約50~180g。だと正常と言われています。
    二時間に一度ナプキンを交換する程度であれば、問題ないです。

    しかし、夜用のナプキンをしても漏れる、貧血気味になる、三日目以降も量が減らないような場合は異常があるかもしれません。

  • 生理が終わらない・・・

  • 先月、生理が10日続きました。いつもは7日です。
    出典 :長引く生理に関する医師相談Q&A - アスクドクターズ -
  • 二週間ほど生理が続いています。
    出典 :長引く生理に関する医師への質問1612件 - 日本最大級/医師に相談できるQ&Aサイト アスクドクターズ
  • 長引く生理に悩んでいる人多いようですね・・・。
    中には、3週間ほど続いた人もいるとか。

  • 何日続いたら病院に行くべき?

     

    生理が10日以上続いたら、一度専門医に診てもらうことをおすすめします。

  • 生理が長引く原因は?

  • 1.ホルモンバランスの乱れ

     

    ホルモンバランスが崩れると、生理が長引きます。
    このケースが一番多いようです。

  • 月経はストレスのバロメーターと言われるほど、心とつながっています。
    ストレスは、女性ホルモン分泌に影響を与えるので、長引いたり、極端に短くなったりと、不順を起こしやすくなります。

    しかし、ホルモンバランスが乱れたままだと、将来妊娠しにくくなることも。
    場合によっては、のぼせ・肩こり・イライラといった更年期のような症状が早く出たり、骨粗しょう症になる危険性もあります。
    ストレスの原因を知って、なるべく早く解消した方が良いです。
    それでも長引く時や、ストレスの原因が自分でも分からない時は、婦人科や心療内科を受診してみましょう。

  • 2.無排卵月経の可能性

     

    ●無排卵月経とは・・・
    月経はきていても、排卵をしていない状態のことを言います。
    普通の月経よりも出血量が少なかったり、出血がダラダラ続くことが多いです。月経痛もあまりありません。

  • 月経中も、基礎体温が上がらない時は、無排卵月経の可能性が高いです。

  • 考えられる病気

  •  

    生理が長引く場合、考えられる病気は??

  • ●子宮内膜症

  • 子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮以外の場所で増殖したり、剥離(はくり)を繰り返す病気です。最近は、若い女性に増えてきている病気です。

    【症状】
    下腹部の痛み。症状が進行すると、痛みは一般の鎮痛薬では治まらないほどです。

  • ●子宮筋腫

  • 子宮の筋層に出来た腫瘍の事を言います。子宮のいろいろな場所にこぶができるような状態。30代の女性に多くみられる病気です。

    【症状】
    下腹部の痛み。月経の時以外でも痛みがある。

  • ●子宮線筋症

  • 子宮内膜が子宮筋層になんらかの原因で入り込む病気です。

    【症状】
    肩こり・腰痛・下腹部痛
    腺筋症による痛みはとにかく激烈だと言われています。
    痛みを十段階に分けて、患者さんに痛みをあらわしてもらうと、ほとんどの人が、「10の痛み」と答えます。

  • 生理が長引いたら、病院へ。

  •  

    生理が終わらないと不安ですよね。
    長引く生理には、必ず何らかの問題が隠れています。生理以外の出血は全て不正出血なので、
    ちょっとだけだから・・・といって放置するのは危険です。
    気になったらすぐに診てもらいましょう。

  • 生理不順の対策を知っておきましょう。

  • 睡眠

     

    自律神経を整えるために、質のいい睡眠をとりましょう。
    自律神経を整えるホルモンが分泌するのは、午後10:00~午前2:00だと言われています。
    この時間になるべく寝るようにしたいですね。

  • ストレッチ

     

    生理不順の解消法の一つとしてストレッチが効果的です。
    寝る前や、お風呂上がりなど体を伸ばす習慣をつけましょう。

  • 食生活

     

    偏った食生活も、生理不順の原因になります。
    インスタント食品、冷凍食品ばかり食べずに、栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

  • 注目まとめ