朝食抜きダイエットで健康に痩せる

朝食抜きダイエットをご存知でしょうか。朝食を抜くことは健康法としても知られており、体への悪影響は無く、摂取カロリーをコントロールできます。

view216

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 朝食抜きダイエットの基本

  • 「朝食抜きダイエット」は、1日の摂取カロリーを大幅カットするだけのシンプルな方法です。
    出典 :» 「朝食抜きダイエット」は歴史的に正しい!?
  • 朝食抜きダイエットは、急に始めると辛いかもしれません。最初は、「朝食の量を減らす」「ドリンクは飲む」「バナナだけ食べる」など簡単なところから始めましょう。

  • 内臓の仕組みを理解すると、朝食抜きがむしろ体にいいことがわかります。

  • 朝食を食べることによって、本来は腎臓や大腸などの解毒・排泄器官にために使われるはずの血液が、消化・吸収に使われてしまうわけです。すると、体の中に老廃物や毒素などの汚れがたまりやすくなってしまいまいます。
    出典 :» 「朝食抜きダイエット」は歴史的に正しい!?
  • 人間の体が食事を完全に消化吸収、排泄し終えるまで、18時間かかる。だから1日に1度、食事の間隔をこの18時間ぶんあけないといけない。
    出典 :1日2食健康法 - 疲れの原因は食事にあり - 朝食を抜く
  • 夜6時に夕食をとったときに、次に食事をとるべき適正な時間はいつか。
     それはずばり、18時間後の、翌日昼12時以降なのだ。
    出典 :1日2食健康法 - 疲れの原因は食事にあり - 朝食を抜く
  • 朝食を抜くことは、内蔵をしっかり休めるという意味があるのです。人間の疲れの大半は内臓の疲労から来ており、それを改善することで様々な健康効果があると言われています。

  • 朝食はそもそも必要ない?

  • さらに、朝食は商品や食べ物を売るために、人為的に造られた無駄な習慣という説まであります。

  • 人間が朝食を摂るようになったきっかけは、トーマス・エジソンが発明したトースターを売るために
    販売業者が朝食必要論を提唱した事がきっかけであると言われています。
    出典 :朝食有害説
  • 日本においても江戸時代中期までは原則として一日二食で、一日三食になったのは元禄時代になってからです。
    醸造酒の多量生産によって玄米を精製して白米にする事が一般に普及し、一回の食事の栄養価が低下した事が大きな原因
    出典 :朝食有害説
  • エジソンの話は有名です。また、日本の朝食文化の話は、栄養価が高くなった現代では必要性は感じられません。

  • 朝食を抜けば600kcalマイナス!

  • 体重(㎏)×距離(㎞)=消費エネルギー(kcal)
    出典 :ランニング・ジョギングの消費カロリー計算と走行距離の測定 | ダイエット&健康の最新情報
     

    60kgの人が10kmランニングしなければならないところを、朝食を抜くだけで達成できてしまいます。

  • 朝食を抜く以外は、昼も夜も普通に食べましょう。食べ過ぎはいけませんが、これまでと同じ量なら問題ありません。これまでの生活から1日600kcalほどの朝食を抜くというのがポイントです。