気になる不安・・・全般性不安障害の症状のまとめ

全般性不安障害の症状は色々ありますが
やはり代表的なものは不安ですよね

view150

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 全般性不安障害の症状

  • 何かにつけて過度の不安・心配がつきまとい、それが慢性的に続く(診断基準では6カ月以上)のが特徴で、不安は種々の精神・身体症状を伴っています。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア
     

    やはりこちらが代表的な症状だといえますね

  • 押し寄せてくる不安

     

    多くの患者さんは基本的に
    不安を抱えて病院にくるそうです
    そんな不安を解消する事が出来れば
    改善するのですが、不安以外にも
    身体的に症状が出る場合もあるので
    注意が必要なのです

  • 大きく分けると3つ

  • 症状は心配やいらいらなどの精神面に現れる症状と、筋緊張性頭痛などの身体、といくに筋肉に現れる症状のほかに、頻脈やめまいなどの自律神経、とくに交感神経の過活動を示す症状の大きく三つがある
    出典 :�R�R���̐��B
     

    何に対してでもとりこし苦労しやすい状態になるのです

  • •落ち着きのなさ、緊張感、過敏
    •疲労しやすい
    •集中困難、または心が空白となること
    •易刺激性
    •筋肉の緊張
    •睡眠障害
    出典 :�R�R���̐��B
     

    これらが症状として挙げられますね

  • 米国の診断の基準では、セルフコントロール困難な不安や心配に、ここにあげた6つの症状のうち少なくとも3つ以上が、過去六ヵ月つづく場合にはじめて全般性不安障害と診断されることになっている。
    出典 :�R�R���̐��B
     

    米国の診断基準はこうなっているのですね

  • 大まかにいうと

  • 疲労感や倦怠感、動悸、息切れ、めまい、ふらつき、頭痛や肩こり、不眠などが主な症状になります。 大まかに言えば、パニック障害や強迫性障害以外の不安障害の症状だと考えても良いと思います。
    出典 :全般性不安障害(症状と克服)
     

    こう考えても問題なさそうですね

  • ずらっと並べると

  • •悪い事が起きるのではないかと不安になる。
    •訳もなく、1日中不安に襲われる。
    •イライラしたり、怒りっぽくなる。
    •常に緊張して、些細な事にも過敏に反応する。
    •思考力、集中力、記憶力、判断力の低下。
    出典 :全般性不安障害�|症状と原因[病理学]
     

    まだまだありますよ

  • •将来の事を考えて不安になり、
    不眠になるまたは、過眠になる。
    •仕事(学業/家事/子育て)に手がつかなくなる。
    •動悸がする、苦しい
    •ふらつき
    出典 :全般性不安障害�|症状と原因[病理学]
     

    動悸がする場合もあるのですね

  • •頭痛
    •胃痛
    •胸痛
    •吐き気
    •下痢/便秘
    出典 :全般性不安障害�|症状と原因[病理学]
  • 身体的症状も

  • 不安は沢山ありますが

     

    身体的症状で手足が震えるなどが
    でてきたら疑ってもよいかも
    しれませんね