季節性うつ病 知っているようで知らない事

季節性情動障害について、良く考えてみると、それぞれ皆さんにも当てはまることがあるかもしれません。
チェックしてみてください。

view97

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • うつかも?

     

    左の画像は季節性うつ病の典型です。

    うつが発症する季節が終わると自然と治るので、一時的なものと思い込み、病院に行かないこともしばしば…

  • 冬鬱(うつ)病とは…

  • 過眠:しっかり睡眠をとっても寝たりない状態が続き、朝起きられないといったことが続きます。過食:(体重増加につながりやすい)通常より多く食べ物を欲するようになる傾向があります。炭水化物・甘いものの渇望感(体重増加につながりやすい)パンやごはん、いもなどの炭水化物のほか、甘いものをいつもより欲する傾向があります。
    出典 :冬の体重増加の原因!? 季節性うつ病について知ろう - Yahoo!ヘルスケア
     

    季節性うつは見過ごしやすい症状なので、疑いがあると感じたら、病院で診察してもらいましょう。

  • ある季節にのみ、体のだるさや疲れやすさ、気分の落ち込みなど、うつ病に似た症状が出る、脳機能障害の一種である。10~11月ごろに憂うつな気分が始まり、2~3月ごろに治まるというサイクルを繰り返す冬型のSADがもっとも一般的で、別名「冬季うつ病(Winter Depression)」とも呼ばれる。
    出典 :季節性情動障害 - Wikipedia
     

    冬季のうつ病、一般的にただ調子が悪いだけと思いがちで、診察などに行かないことが多いようです。
    気を付けましょう。

  • ●今まで興味があったことにも関心がなくなり、無気力になる●疲れやすくなる ●集中力、思考力が著しく減少する●自己否定的になる ●睡眠時間が増える。日中も眠くなる●些細なことでもイライラし、怒りっぽくなる●食欲が増進する。特に炭水化物や甘いものが食べたくなる。体重も増加する
    出典 :冬季うつ病の症状をチェックしてみましょう | うつ病の克服方法を紹介するブログ
     

    うつ病の主な症状です。当てはまると感じる方は、医師の診察を受けてみると良いかもしれません。

  • 秋から冬にかけてやる気が起きない、気分が落ち込む……そんなことはありませんか?この季節にうつ状態となり、春ごろになると症状がよくなる病態があり、季節性うつ病や季節性感情障害といわれます。
    出典 :冬の体重増加の原因!? 季節性うつ病について知ろう - Yahoo!ヘルスケア
  • 多くは光を浴びる治療で改善します。

  • 日光を浴びる時間が短くなると、体のリズムが狂い、セロトニン(脳の神経伝達物質)が減少し、うつ状態になりやすくなる。秋・冬になるといつも気分がすぐれずやる気が起きないといった場合は意識して朝日を浴びたり、外出して日の光を浴びるようにしましょう。
    出典 :冬の体重増加の原因!? 季節性うつ病について知ろう - Yahoo!ヘルスケア
     

    天気が良い日に太陽を浴びて、元気になりましょう。

  • 高照度光療法

     

    高照度光療法をイメージした画像です。

    こういった感じの治療となりますので参考にしてください。

  • 秋~冬にかけ光線が欠乏することで脳内のメラトニン、セロトニンが影響をうけ、抑うつ、不安状態、集中困難、意欲低下などの症状が出現する。
    光療法を実施すると眼に対する光刺激を通して松果 体に影響しメラトニン分泌が促されるらしい。
    出典 :光療法と睡眠相後退症候群|kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)
  • 疑似太陽光

     

    これを使う事によって、日照時間の少ない地域の方たちは、体の調節を行っています。

  • 高照度光療法の器具の購入費は医療費控除に含められるのだろうか…
     

    今のところ、医療行為として認められて居ませんので、導入は実費になり、患者さんからも請求できませんので、この器具が置いてある病院はとても稀です。

  • あなたのうつ病をチェックしてみましょう。