イソフラボンは有名!その効果の程はいかに?

イソフラボンはとっても有名ですよね
その効果っていったいなにがあるのか
まとめてみたので参考にしてみてくださいね

view141

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • イソフラボン

  • イソフラボンは最近女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されています。イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種です。今のところ、ダイゼイン、ゲニステインを代表とする15種類の大豆イソフラボンが確認されています。
    出典 :イソフラボンとは
     

    イソフラボンは色々な効果があるのですね

  • 大豆イソフラボンは、骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の女性疾患に対する有効素材として1991年に米国立がん研究所(NCI)が290万ドルの予算を計上して抗がん効果の研究に乗り出しています。
    出典 :イソフラボンとは
  • イソフラボンの効果

  • イソフラボンを摂取することで期待できる効果は、 更年期障害、骨粗鬆症を防ぐ、乳がんの予防、動脈硬化、生理不順の改善、豊胸効果などがあります
    出典 :イソフラボンの効果とは
     

    効果沢山あるのです

  • 意外にも、乳がんの予防にも効果があるのです。

     

    乳がんは、女性ホルモンの過剰分泌がトリガーとなることもあります。イソフラボンは、女性ホルモンの分泌を正常に整える効果があります。ホルモン分泌が引き金になる、前立腺がん、子宮がんの予防にも効果を期待できます。また、イソフラボンには、抗酸化作用も期待できますので、すべてのガン予防にも効果的です。

  • 何処に含まれる?

  • 普段食べるものにどのくらい含まれている?
    豆乳1カップ(200ml):イソフラボン量 49.6mg
    豆腐1/2丁(175g):イソフラボン量 35.5mg
    納豆1パック(45g):イソフラボン量 33mg
    出典 :豆乳発酵液に含まれるイソフラボンとは?|常盤薬品工業
  • 煮大豆大さじ2(22g):イソフラボン量 35.5mg
    みそ 大さじ1(18g):イソフラボン量 33mg
    しょうゆ 大さじ1:イソフラボン量 15.9mg(18g)
    出典 :豆乳発酵液に含まれるイソフラボンとは?|常盤薬品工業
  • 他にも

  • イソフラボンを含む食品
    ○納豆・きなこ・豆腐・油揚げ・みそなどの大豆食品
    ○葛の根
    ○レッドクローバー
    出典 :イソフラボン | 成分情報 | わかさの秘密
  • こんな方におすすめ

    ○更年期障害でお悩みの方
    ○骨粗しょう症を予防したい方
    ○生活習慣病を予防したい方
    出典 :イソフラボン | 成分情報 | わかさの秘密
  • 美肌効果もある

  • ●美肌効果  女性らしい体をつくる上で、エストロゲンと似た働きを持つイソフラボンは重要な役割を果たしています。 年齢や生活習慣によってエストロゲンの分泌が減少すると、肌の弾力を保つコラーゲンや、肌に潤いを与えるヒアルロン酸をつくる力が低下し、しわやたるみなどの肌の老化現象が引き起こされます。
    出典 :イソフラボン | 成分情報 | わかさの秘密
  •  

    イソフラボンには、肌の弾力性を保ち、しわを改善する効果があります。このようなイソフラボンの美肌効果は、化粧品や美容のサプリメントにも応用されています。