39歳での妊娠確率は?40代とどれくらい違うの?

39歳での妊娠確率って??高齢出産が珍しくない昨今ですが、実際のところ39歳での妊娠って難しいのでしょうか?年齢だけが問題になるの?どんなことに気をつければいいの?40代に突入したら妊娠の確立はどれだけ下がるの??

view41907

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【自然妊娠】

  • 39歳での妊娠確率について見る前に、一般的な妊娠の確率はどれくらいなのか見てみましょう!

    排卵日に避妊をしないでセックスをすれば、100%妊娠できる!と思ってらっしゃる方もいるはず。しかし、いくら健康的で若いカップルが排卵日にタイミングを合わせて性交渉をしても、妊娠の確率は焼く20~25%だそうです。思った以上に確率が低く驚きませんか?さらにその確率のもととなる女性の条件として、整理周期が安定しており妊娠しやすい体質であることがあります。

    妊娠しやすい体質とは?それは体調が優れていて、ストレスがなく、若く、栄養のバランスが取れた食事をしており、子宮系のトラブルがないということです。

    昨今はストレス社会です。しかも晩婚化が進み子供が欲しいと思った頃には加齢が進んでいることも多いですよね。つまり実際の妊娠の確率は20~25%よりも低いということが言えるのです。

  • 25歳~30代前半の自然妊娠の確率は25~30%、30代後半での確率は18%、 40代前半での確率は5%、40代後半での確率は1%と言われています。
    出典 :妊娠する確率について-赤ちゃんの部屋
     

    日本の教育だと避妊の話ばかり取り上げられるので、ついつい避妊しなければすぐにでも赤ちゃんができるのかも、なんて思ってしまう人も多いはず。上記の確率を見て、妊娠がいかに奇跡的なことかが分かりますよね。

  • 上記から39歳の自然妊娠の確率は5~18%の間といえるではないでしょうか。

    かなりシビアな数字だと感じた方が多いかと思います。いかがですか?

  •  

    上記から39歳の自然妊娠の確率は5~18%の間といえるではないでしょうか。

    かなりシビアな数字だと感じた方が多いかと思います。いかがですか?

  • 【不妊治療をした場合は?】

  •  

    日本産婦人科学会の2010年発表資料のグラフでは、年齢別に不妊治療を受けた人のうち何割が妊娠・出産に至ったか、また何割が流産してしまったかを示しています。

    赤:治療した患者全体のうち、妊娠に至った割合

    青:胚移植を行った患者のうち、妊娠に至った割合

    緑:治療した患者全体のうち、出産に至った割合

    紫:妊娠した患者のうち、流産した割合

    妊娠率・出産率が、35歳以降で急激に下がって、逆に紫の流産率が上昇しています。40代での不妊治療による出産の確率はかなり厳しいと言えます。

    不妊治療による出産の確率は35歳では16.3%、40歳では7.7%ですので、39歳での不妊治療による出産の確率は7.7%~16.3%の間と言えるのではないでしょうか。

  • 不妊治療で子供を持つことができる可能性も、34歳までに治療を始めて繰り返せば7割程度になりますが、35~39歳で4割、40歳以上では、せいぜい1割にとどまります。
    出典 :不妊治療のプロが語る、不妊のリアル | みんな不妊に悩んでる | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
     

    不妊治療も開始するタイミングが重要なようです。

  • すでに40代という方はともかく、これから出産計画を立てる方は、まずこの数字を認識すべきです。「40歳を超えても産める」という認識のまま、安全に産める30代を通り過ぎてしまうのはあまりにもったいないです。
    出典 :体外受精で何歳まで産めるか、あなたはご存知ですか? 【シリーズ生殖補助医療(3)】 - メディカル・ライフハック!
     

    自然妊娠、不妊治療に関わらず、甘い認識を改めて、早めにプランし、ご自分の体に向き合うのがよいですね。体外受精は決してどの人にも生めるチャンスを与えてくれる特効薬ではないのです。

  • 【止められない卵子の老化】

  • 30代後半でも40代でも若々しい女性はたくさん世の中にはいます。努力すれば若さは保てますが、今のところ卵子の老化を止めることはできません。

    子供が欲しいと思い試みたがなかなか子供ができずに不妊治療を始めてやっとその事実を知る女性が多いようです。そもそも日本の教育では避妊が中心で卵子の老化なんて教えてもらえませんからね。

    そして念頭に置いておきたいことはですが、高齢出産は珍しくはありませんが、リスクとして染色体異常の発生率や流産の発生率が高くなってしまうため慎重にならざるを得ないということです。

  •  

    39歳での妊娠確率は思っていたより高いと感じました?それとも低いと感じましたか?人それぞれ捕らえ方は異なってくると思いますが、卵子の老化を食い止めることはできないという現実がありますので、早いうちに妊娠について考えることが大切だと思います。

  • ~たとえばこんなオススメ商品~

     

    ☆☆ハグラビ☆☆

    生まれる前から差がつく!?お腹の赤ちゃんにもママにも重要な栄養素があるって知ってた?
    赤ちゃんの学習力や成長に、DHA・EPAをママのフィルターを通して摂取!

  • 今なら期間限定特別キャンペーン中⇒