妊娠初期に便秘薬を使用する時。

やむを得ず使用せざるを得ない・どうしても使用したい人は、せめて注意点だけでも読んでおいてください。

  • S 更新日:2014/04/07

view260

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 使う事自体は大丈夫です。

  • 「コーラック」

     

    有名な便秘薬の1つです。

  • 市販の薬は、元々そんなに強いものではないし心配ありません。薬の影響で、胎児に影響があるものは処方されませんし、ごくわずかです。抗癌剤とか。本当は直接的な影響はないと考えられているけれど、 薬のせいにはされては困るし、人間で実験できないのでなんともいえないというのが正直な所です。
    出典 :妊娠初期の便秘薬服用について。 便秘薬をのまないと一切出ない慢性便秘です。 こ... - Yahoo!知恵袋
  • 【妊娠の自覚症状】妊娠した直後に、微熱気味になったり便秘気味になったりする人もいるようです。自覚症状は個人差があり、出ない人もいます。次の月経の予定日を過ぎても月経が来なければ、妊娠している可能性が高くなります。妊娠検査薬で確認したり、産婦人科のお医者さんにかかったりしましょう。
     

    妊娠初期段階で便秘になる人は少ないとのことですので、皆さんもご注意ください。

  • 便秘以外にも気をつけましょう。

     

    言うまでもないですが、妊娠した直後から生活の仕方が変わります。
    今までのようにはいかず、イライラしたり疲れやすくなったり、大変なことばかりです。
    便秘にも気をつけるのはもちろんですが、他の事にも気を配ります。

  • 妊婦さんは便秘の人が多い!

  • 妊婦さんは便秘の人がとても多いです。妊婦さんになると、体の中の水分が胎児にまわるので便秘になってしまうことが多いのです。かなり頑固な便秘になってしまい、乳児に加え下腹部が違和感だらけになってしまうこともあるでしょう。
    出典 :妊娠初期に妊婦が便秘薬、NGの理由。
  • ※注意!

  • 妊娠期間の4週~7週は、特に慎重になった方が良いようです。
    この時期は、脳・気管が作られます。
    なので、本当は余計な物はなるべく摂取しない方がベストです。

  • 強い便秘薬は使わないように!

  • 便秘薬の成分が赤ちゃんに影響を及ぼしてしまう可能性も報告されています。特に妊娠初期の場合、きつい便秘薬を服用すると腸刺激性下剤になってしまい、流産を起こしてしまう可能性もあります。
    出典 :妊娠初期に妊婦が便秘薬、NGの理由。
  • 対処法

  • 腸刺激性下剤を避けるためにも、妊娠初期の女性は便秘薬を考える必要があります。そこで登場するのが、善玉菌の増殖を補助するオリゴ糖や、善玉菌そのものである乳酸菌やビフィズス菌です。病院でも処方されるほど、妊娠中の女性の強い味方となってくれることでしょう。
    出典 :妊娠初期に妊婦が便秘薬、NGの理由。
  • 便秘薬よりは自然食で対応

  • 便秘薬に頼らずに便秘を解消しようと思ったら、やはり食生活の改善は必須です。便秘にいいと言われるもの・・・バナナとかヨーグルトとか?それで便秘は解消されましたか?そもそも同じものばかり食べるわけにもいきません。そうなれば結局、残るは自然食しかなくなります。赤ちゃんにまで行き渡る物は、安全なものしか食べてはダメです。
    出典 :妊娠中の便秘薬@市販薬を飲む前に読んでください!
  • まずこまめに水を飲んで水分を摂ることは大切です。水分不足は、便秘にとって一番の大敵ですからね。野菜中心の食事もおすすめです。
    出典 :妊娠中の便秘薬@市販薬を飲む前に読んでください!