肌質や季節によって使い分けよう!正しいファンデーションの選び方☆

ファンデーションと言っても色々な種類がありますよね。正しいファンデーションの選び方を知っていれば、肌質にも季節にもとらわれない綺麗な仕上がりを実現できます。自分にはどんなファンデーションがいいのか、是非ファンデーション選びの参考にしてみてください☆

view91

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ファンデーションの種類も色々・・・

  • 一口に「ファンデーション」と言っても

     

    ファンデーションといえば女性のマストアイテム。しかし同じファンデーションにも、パウダータイプやリキッドタイプなど実に種類が豊富です。ファンデーションは何を基準に選んだらいいのか、自分にはどんなファンデーションが合うのか、是非この機会に正しいファンデーションを選んでみてくださいね!

  • ファンデーションの種類はこんなにたくさん!

  • パウダリーファンデーション

     

    いわゆる「ファンデーション」といえばこのタイプ。ほとんどの女性がバッグに入れている、そんな定番アイテムではないでしょうか。

  • 粉末を固めた形状になっていて、通常はコンパクトに入っています。多くの方が一番使いやすいファンデーションです。
    出典 :ファンデーションの種類と肌質・メイクテクニックに合った選び方 | nanapi [ナナピ]
  • リキッドファンデーション

     

    初心者には敬遠されがちなリキッドファンデ。しかし慣れればカバー力も抜群で愛用者が多いタイプです。

  • 液状ファンデーションです。軽さは物によって様々。乳液のような軽いタッチの物からドロドロとした重たい物まであります。ビンやチューブの容器に入っているのが一般的です。
    出典 :ファンデーションの種類と肌質・メイクテクニックに合った選び方 | nanapi [ナナピ]
  • スティックファンデーション

     

    一見コンシーラのようにも見えるスティックタイプ。少々ムラにないやすいですが、カバー力はピカイチです。

  • パウダーがリキッドで固められて棒状になったようなファンデーションです。肌に直接塗りつけてパフで伸ばします。
    出典 :ファンデーションの種類と肌質・メイクテクニックに合った選び方 | nanapi [ナナピ]
  • クリームファンデーション

     

    簡単にツヤ肌が作れると人気のタイプ。テクスチャーが重たいため、好みが分かれるようです。

  • ビンの容器に入っているのが一般的です。文字通りクリーム状のファンデーションです。(ジェル状の物もあります)
    出典 :ファンデーションの種類と肌質・メイクテクニックに合った選び方 | nanapi [ナナピ]
  • エマルジョンファンデ

     

    半固形タイプのエマルジョンファンデ。スポンジやブラシを使って仕上げて行きます。

  • パウダーとリキッドの中間点、いいとこ取りと言った感じのもの。仕上がり感はややツヤなしのものが多い気がします。
    出典 :リキッド・クリーム・エマルジョンファンデーションについて☆ −chieco(チエコ)−
  • 水タイプやスプレータイプも

     

    主に選ばれているファンデーション以外にも、水タイプのものやスプレータイプのものもあります。

  • 肌質で見るファンデーションの選び方

  • 乾燥肌やオイリー肌、混合肌などお肌のタイプにも色んな種類がありますよね。
    当然肌質によって相性のいいファンデーションも違います。
    まずは肌質別にオススメなファンデーションをご紹介します。

  • ◆乾燥肌

  • 乾燥肌の人は、こっくりして潤い感が出せるクリームやリキッドがおすすめ。
    一般的にクリームの方がよりカバー力が強くリッチに、リキッドの方がナチュラルな質感になります。
    出典 :ファンデーションの選び方~肌タイプを基本に | キレイのココロ
  • リキッドorクリームタイプがオススメ

     

    乾燥肌の方と相性がいいのはリキッドファンデやクリームファンデのように、テクスチャーがこっくりとしたもの。
    反対にパウダータイプは相性が悪いです。
    よりカバー力を求める方はクリームタイプを、ナチュラルに仕上げたい方はリキッドタイプがオススメです。

  • ◆オイリー肌

  • 皮脂や汗に強いのがこのパウダータイプ。
    働く女性が増えている近年、「くずれず化粧直しも簡単なファンデーション」が求められる傾向が増し、パウダリーファンデーションはどんどん進化しています。
    出典 :ファンデーションの選び方~肌タイプを基本に | キレイのココロ
  • パウダーファンデがオススメ

     

    皮脂崩れしやすいオイリー肌さんには、パウダータイプがオススメです。皮脂を吸着しサラッとした仕上がりをキープしてくれますよ。反対にクリームタイプやリキッドタイプは重たすぎることが・・。カバー力が物足りないと言われるパウダータイプですが、近年は抜群のカバー力を持つパウダーファンデがどんどん登場しています。

  • ◆混合肌・普通肌

  • 特にオイリーでもなく乾燥もしない普通肌、場所によって乾燥したりベタついたりする混合肌は、潤いとナチュラルさを兼ね備えたリキッドファンデーションがおすすめ。
    出典 :ファンデーションの選び方~肌タイプを基本に | キレイのココロ
  • リキッドorエマルジョンファンデがオススメ

     

    ノーマル肌さんや部分的にテカリやすい混合肌さんにはリキッドタイプがオススメです。
    また近年増えているエマルジョンタイプも◎

  • 季節別に見るファンデーションの選び方

  • ファンデーションは肌質だけでなく季節によっても使い分けることが理想的です。
    今度は季節別に見るオススメファンデーションをご紹介します。

  • ◆春

  • 急に陽気がポカポカになり、汗や皮脂の分泌量は増えるけれども、代謝は上がらないままです。
    出典 :春のファンデーションの選び方
  • また、紫外線が徐々に強くなり、冬型の気圧が変化するためにホルモンのバランスを崩しやすくなります。自立神経も不安定になります。
    出典 :春のファンデーションの選び方
     

    このため春は肌荒れを起こしやすい季節なのです・・。

  • 水分を含んだリキッドやクリームファンデーションは、肌の奥まで入り込み、荒れた肌をさらに悪化させることになります。
    出典 :春のファンデーションの選び方
  • 春はパウダリーファンデがオススメ

     

    特に春になると肌荒れを起こしやすい方にはパウダーファンデがオススメです。さらに軽いお粉タイプのファンデーションも◎

  • ◆夏

  • 皮脂と汗で崩れて、あぶらとり紙が手放せない時期です。
    ヨレたり、剥げたりするけど、お化粧直ししようとしても、時間がたったメイクの修復は大変です。
    出典 :夏のファンデーションの選び方
  • 夏は、リキッドやクリームファンデーションをやめて、パウダリ―ファンデーションを利用すれば、お化粧直しもしやすくなります。
    出典 :夏のファンデーションの選び方
  • 夏もパウダーファンデタイプやお粉タイプが◎

     

    夏は汗とテカリ、そしてメイク崩れに悩まされる時期です・・。そのためメイク直しに苦労する方が多いのではないでしょうか。ファンデーションをガッツリ塗るとメイク崩れも酷く、またメイク直しも大変です。そのため夏もパウダータイプやお粉タイプがオススメです。

  • ◆秋

  • 秋はターンオーバーも乱れて、肌の表面に角質細胞が残っているので、黒ずみが目立つのです。
    出典 :秋のファンデーション選びのポイント
  • 厚塗りに見えないように、しみやくすみ、毛穴をしっかりカバーしてくれるファンデーションを選びたいものです
    出典 :秋のファンデーション選びのポイント
  • 秋はリキッドタイプが最適

     

    夏の間にダメージを受けたお肌は、秋になるとお疲れモード。そのため疲れたお肌をしっかりカバーできるファンデーションが望ましいです。カバー力があるのに仕上がりはナチュラルになるリキッドタイプが◎

  • ◆冬

  • 保湿重視のファンデーションで、外から潤いをサポートすると、肌は楽になり、ターンオーバーの衰えも抑えることができます。
    出典 :冬のファンデーション選びのポイント
  • 血行不良のために、代謝が衰え、顔色が冴えなかったり、クスミがちになる冬肌の悩みも、ファンデーションで解決してください。
    出典 :冬のファンデーション選びのポイント
  • 乾燥にはクリームファンデが◎

     

    冬といえばとにかく乾燥との戦いです。充分な保湿力でお肌を潤してくれるクリームタイプがオススメです。

  • 色んなタイプを試してみましょう!

  •  

    肌質別や季節別にオススメなファンデーションをご紹介しました。是非色んなタイプのファンデーションを試し、自分に本当に合うファンデーションを探してみてくださいね☆