●●を止めるだけ!老け顔知らずの美肌になる方法

あなたの乾燥肌、乾燥からくる老け感のある肌…実は毎日使うファンデーションが原因かも!20年間お肌の研究をしてきた医学博士も指摘するファンデーションの恐怖とすっぴん美肌への近道とは?

提供:エトヴォス

view34479

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 男性の90%以上がすっぴん好き!?

  • ナチュラルメイクのほうが男性にモテるのは、今も昔も変わりません。

     

    いまや、整形をせずとも、メイクで元の顔がわからないぐらいキレイになることができる「整形メイク」が流行っていますが、男性の反応としては、「メイクで変わる女って怖い……」「女は信用ならない」「すっぴんのほうが好み」と、否定的な意見が多いよう。

    厚化粧よりもナチュラルメイクのほうが男性にモテるのは、今も昔も変わりません。

  • 女性としては、好きな彼のために、キレイになろうとメイクを勉強しているのに、メイクが上手になればなるほど、彼が遠ざかってしまう……。

    一昔前は、化粧の厚さ=年齢といわれていましたが、いまでは、化粧でキレイになりたいと、20~30代の女性のメイクのほうが厚いと言われています。しかし、女として盛んな時期、肌状態がぴちぴちの時、ファンデーションで厚化粧していると肌の衰えは進むばかり。
    毛穴を塞ぎ、余分な皮脂の発生、乾燥、シワ、くすみ、と肌トラブルのオンパレードになってしまいます。

  • 医学博士が語る、ファンデーションのデメリット

  • なぜ、ファンデーションが肌に悪いのでしょうか?

     

    皮膚科学の研究に20年以上携わっている医学博士・高岡幸二先生は、肌トラブルが起きる原因について、こう語ります。

    「乾燥肌になってしまう原因の1つに、クレンジングのしすぎが挙げられます。こすりすぎや肌の皮脂を取り過ぎて、肌を乾燥させてしまうのです」

     一般的なファンデーションには「シリコン」が含まれており、肌につけているだけで毛穴を塞いでしまい、毛穴の黒ずみ、開きの原因になるのだそう。特にリキッドファンデーションは肌の吸着率が高い分、メイク時の肌への負担はパウダーに比べてとても高いのです。

  • 肌に負担のかかるものを1日中顔に塗っていると、洗顔をしっかりしようと思ってしまうもの。しかし、高岡先生が話すように、クレンジングに力を入れれば入れるほど、本来、肌を守らなければならない水分や油分を落としてしまい、肌が乾燥し、くすみや老化の原因を招いてしまうのです。だからといって洗浄力の弱いクレンジングを使うと、汚れが十分に落ちず、ニキビや毛穴の広がりなどの肌トラブルが起きてしまい、それを隠すためさらにカバー力のファンデーションを使い、肌トラブルが悪化する……という、抜け出せない悪循環に陥ってしまうのです。

     そんな中、肌意識の高い人たちが実践しているのが、「脱ファンデ」! ファンデーションはまったく使わず、日焼け止めやおしろいだけ。ポイントメイクはしているので、一見そうとはわかりません。肌に優しく、男性にもモテるというわけです。

  • しかし、いきなりファンデーション無しというのは、さすがに抵抗がある……という人も多いはず。そんな人にオススメなのが、カバー力もあり、肌に負担のかからない『ミネラルファンデーション』です。

  • 皮膚科学の医学博士監修、美容皮膚科でも推奨されるミネラルファンデーションの威力

  • ミネラルファンデーションは、石けんなどの洗顔料だけでメイクが落ちるすぐれもの。中でも、皮膚科学の医学博士が監修しているエトヴォスの『ミネラルファンデーション』は、防腐剤、シリコン、香料、タルクなど、肌に負担のかかるものは不使用。

  • 肌を守りながら陶器肌になれる!!

     

    保湿効果もあるのに付け心地が軽く、石けんでするんと落ちます。クレンジングによる肌ダメージが少ないため、美容皮膚科でも採用されており、施術後の敏感な肌の患者さんにも好評だとか。毛穴のシミもしっかりカバーし、薄化粧でも近くで見られて心配なし。肌を守りながら陶器肌になれるんです。

  • 紫外線対策もバッチリ! ミネラルファンデで陶器肌を目指そう

  • 日中のトラブルもしっかりカバー。SPF30(PA++)で日常レベルの日焼け止め対策OK!

     

    低刺激で肌に優しいだけじゃなく、日中のトラブルもしっかりカバー。SPF30(PA++)で日常レベルの日焼け止め対策OK! もちろん石けんでオフできるので、日焼け止め用のクレンジングやダブル洗顔はいりません。また、エトヴォスの独自技術によりパウダーに保湿コーティングをしているため夕方までつけたての肌をキープでき、化粧直しによる厚塗りをする必要もありません。

  • さらに、乾燥肌、オイリー肌、混合肌と、肌質によって下地が選べるのもうれしいところ。今なら、2,100円のブラシがついた、『スターターキット』が1,800円

    「色の白いは七難隠す」といわれるように、肌がキレイであれば、メイクをする必要なんてないんです。肌荒れを隠すために厚化粧をし、結果きついクレンジングで、肌トラブルの負のスパイラルに入っている人は、スキンケアに気を使うよりも、ファンデーションへの考えをあらためるのが先決! 夏の紫外線トラブルで手遅れになる前に、きめこまやかな肌が手に入る「脱ファンデ派」になりましょう!!

    接近戦でも男を魅了する美肌へ『ミネラルファンデーション』