「大腸癌」と診断されたら?まずは知る事から始めよう

「大腸癌」の診断を受けたら、まずは知る事から始めるのが一番の得策です!

view148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸癌はどんな病気?

  • 大腸は消化吸収が行われた食べ物の最終処理をする消化管で、主に水分を吸収します。長さは約1・8mで口側から肛門側に盲腸(もうちょう)、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に分けられます。この部位に悪性腫瘍が発生した場合に大腸がんと呼びます。
    出典 :大腸がん<食道・胃・腸の病気> - goo ヘルスケア
     

    大腸内に出来た悪性腫瘍というものになりますね!

  • 60代が一番多い年代

  • 罹患の頻度は男性、女性ともに同じで、60代がいちばん多く、70代、50代と続きます。若年者の大腸がんでは遺伝的な素因もあるようです。
    出典 :大腸がん<食道・胃・腸の病気> - goo ヘルスケア
     

    遺伝が関係あるというのが怖いですね

  • 早期発見と早期治療が大切

  • がんの治療効果の目安として、5年生存率(がんと診断された日から5年後に生存している人の割合)があります。がんと診断された日から5年後に生存していれば、がんは治療によって治ったと考えられるからです。
    出典 :大腸がんの患者数はどれくらい? - 大腸がん情報サイト
  • がんの進行度を表すステージ別にみると、ステージ0やⅠのような早い段階で発見して治療すれば、大腸がんは90%以上の確率で治ります。
    出典 :大腸がんの患者数はどれくらい? - 大腸がん情報サイト
     

    早期発見がいかに大切なものかお分かり頂けるでしょうか

  • 症状はどんなものがある?

  • 早期の大腸がんではほとんど自覚症状はなく、大腸がん検診や人間ドックなどの便潜血検査で見つかることがほとんどです。進行した大腸がんでは、腫瘍の大きさや存在部位で症状が違ってきます。
    出典 :大腸がん<食道・胃・腸の病気> - goo ヘルスケア
     

    自覚症状がないのが怖い所ですよね

  • 血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、腹痛、貧血、原因不明の体重減少などが多い症状です。
    出典 :大腸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
     

    一例としてあげるとこれくらいあるそうです

  • 診断されたからと言って

     

    体に不調を感じなくても、そこにあるのなら治療が必要です!また、自覚症状がない為、定期的な健診で見つかる事があるのでしっかり受けておくことをお勧めします!!!

  • 目に見えない場合もある

  • 検診でがんがみつかり、手術などで目に見えるがんは取りきれたとしても、目に見えないがん細胞が体内に残っている可能性があります。 目に見えないがん細胞は、手術後に大きくなって「再発」の原因となることがあります。
    出典 :大腸がんの患者数はどれくらい? - 大腸がん情報サイト
     

    がんは再発がとても怖いので注意!

  • 大腸がんの診断・治療を適切に進めるための指針として、大腸癌研究会が作成した「大腸癌治療ガイドライン」があります。
    出典 :大腸がんを生きるガイド
     

    ガイドラインも参考にすると便利かもしれませんね

  • 診断されても、焦らずに

     

    じっくりと考えて治療を受けるのをおすすめします!どのような状態でも、まずは基本的な生活習慣から見直すというのも大切な事なのです!