これから来る季節「冬の肌」に注意しておきましょう

冬の肌はとっても敏感です。これから来る季節に向けてしっかり知識をもっておきましょう。

view69

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冬は年々乾燥している

  • 肌の乾燥に一番影響を与えているのが、気温と湿度。肌の水分量は、季節によって大きく変わりますが、気温と湿度が下がる11 月~1月は、肌から水分が蒸散する量が増加。これにより、肌の乾燥が急激に進みます。
    出典 :乾燥肌などアレワレかゆみに効くトラブルケア | 乾燥肌トラブル最新情報
  • 実は、東京の冬は年々乾燥してきており、湿度が低下しています。12 月の平均湿度は、1905 年では76%でしたが、100 年後の2005 年は39%まで下がり、ほぼ半減。2011 年の最小湿度は9%を記録しており、東京は砂漠並みに乾燥していると言えるでしょう。
    出典 :乾燥肌などアレワレかゆみに効くトラブルケア | 乾燥肌トラブル最新情報
     

    東京は砂漠並みに乾燥しているとはすごい事ですよね。

  • 日本の冬は

     

    どんどん変わりますよね。乾燥が進んでいる割には温暖化の影響で雪が少なくなったりと、天候自体も年々かわりつつあるのかもしれませんね。

  • 冬の肌は

  • 冬になり、温度が低下すると(寒くなると)、毛細血管が収縮し血行が悪くなります。 そうすると、毛細血管からの栄養分や酸素などの供給が 十分になされず、肌細胞の活性化が鈍化するなどして、 肌の新陳代謝が適切に行なわれなくなります。
    出典 :冬の肌状態とお手入れ
     

    肌の衰えを招いてしまうのです。

  • 冬は、汗(水分)や皮脂(油分)の分泌量が大幅に減少します。 そのため、汗や皮脂により構成される皮脂膜とよばれる 天然のクリームが不足してしまいます。 この皮脂膜とよばれる天然のクリームは、 私たちの肌を乾燥や外界の刺激から守ってくれるたいへん重要な肌の分泌物です。
    出典 :冬の肌状態とお手入れ
     

    冬になると皮脂膜が不足してしまうのです。もちろん脂性肌の人も例外ではありません。

  • 冬は、肌の水分分泌量が減少することに加え、 外気の乾燥により肌の水分が蒸散し失われていきます。 皮脂(油分)も不足しますので、水分の蒸散を防ぐ機能そのものも低下します。 肌の乾燥こそが、肌老化・肌トラブルの諸悪の根源です。 冬の肌は、カサカサに乾燥し、肌に老化の兆しが表れやすい、 たいへん危険な状態と言えます。
    出典 :冬の肌状態とお手入れ
  • 12月~1月とパーティーや宴会の機会も多く、 暴飲暴食や睡眠不足など不規則な生活により体調をくずしたり、 肌のお手入れがおろそかになったりしがちです。 冬は、「身体の健康」「肌の健康」ともに、注意を要する季節です。
    出典 :冬の肌状態とお手入れ
     

    意外とはめをはずしがちですよね。

  • 乾燥と冷え

  • 乾燥がすすむと、角層のバリア機能が低下。「うるおい細胞」が「乾燥細胞」に変化し、きめが乱れてしまいます。同時に、湿度の低下でうるおいが奪われやすくなり、水分量も減少傾向。このように、きめは夏より冬の方が乱れやすくなるのです。
    出典 :特集|美容の情報(Beauty Info)|ワタシプラス/資生堂
  • 室温が5℃低下しただけなのに、皮ふ温が著しく低下しているのが分かります。そして、血流量。こちらも室温が5℃低下しただけなのに、だいぶ少なくなっていますね。このように、気温が低下すると、皮ふ温が低下し、美肌のカギとなる「血流量」も低下してしまうのです。
    出典 :特集|美容の情報(Beauty Info)|ワタシプラス/資生堂
     

    こうなってくると悪循環ですよね。

  • 乾燥肌は放っておかない

  • 膚が乾燥すると、異物が入りやすくなるだけではなく、かゆみを感じる神経線維の数が増え、長さも皮膚の外側に向けて伸び、刺激に敏感になるため、かゆみを感じやすくなります。
    出典 :ヘルス&ビューティ情報情報 第三十回 『冬の肌トラブル対策!!』|ドラッグストアーのサンキュードラッグ
  • ・当帰(とうき): 血行をよくする・しつ梨子(しつりし):皮膚の痒みを改善する・何首鳥(かしゅう):肌の栄養を与えるなどです。その他にも体の水分循環を改善する真武湯(しんぶとう)なども使われます。
    出典 :ヘルス&ビューティ情報情報 第三十回 『冬の肌トラブル対策!!』|ドラッグストアーのサンキュードラッグ
     

    このような漢方薬を選ぶのも良いかもしれませんね。

  • 保湿剤を

     

    水分の多い化粧水でたっぷり水分を補給してから、徐々に油性成分の多いクリームをつけてゆき水分の蒸発を防ぐステップをしっかりとふみましょうね。