妊娠時に積極的に食べた方がよいものはコレ!!

妊娠時に食べた方がよいものについてまとめています。お腹の赤ちゃんのためにも、食生活に気を配りましょう。

  • green 更新日:2014/05/11

view152

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    妊娠したけれど、普段と同じような食生活を送ってもいいのだろうか?と思われている方もいらっしゃるでしょう。妊娠中に食べた方がよいものについて勉強しましょう。

  • 妊娠中に食べた方が良いもの【色の濃い野菜】

  • 緑黄色野菜はビタミン、鉄分、カルシウム、食物繊維など、妊娠中に必要な栄養が豊富に含まれています。こうした野菜はぜひ加熱調理を。生野菜よりも、蒸したり、煮たりしたほうが、たっぷりの量を食べられます。
    出典 :妊娠中に積極的に食べたいもの・食べすぎ注意のもの - gooベビー
  • 緑黄色野菜

     

    体重が気になる方は、油でいためずに、蒸し料理にするのが◎

  • 妊娠中に食べた方が良いもの【大豆製品】

  • 主成分となるタンパク質は赤ちゃんの脳や体をつくるためにも必要な、大事な栄養素。大豆製品は植物性タンパク質が豊富で動物性タンパク質よりも低カロリー。食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富な優秀食材です。
    出典 :妊娠中に積極的に食べたいもの・食べすぎ注意のもの - gooベビー
  • •赤ちゃんの骨や歯は,妊娠中に作られます。カルシウムや良質のたんぱく質・ビタミンDを積極的にとりましょう。妊娠中はカルシウムの吸収率がアップします。「牛乳・乳製品」「大豆・大豆製品」「緑黄色野菜」「小魚」「海藻,乾物」などに多く含まれます。
    出典 :妊娠・出産期の食事のポイント | 京・食ねっと
  • 妊娠中に食べた方が良いもの【きのこ類】

  • 海草類同様、低カロリーで、しかも蒸し物、煮物、いため物、サラダなど調理方法もいろいろ選べます。体重が気になるときは、おかずにきのこをまぜて増量すれば、見た目もおなかもさびしくありません。
    出典 :妊娠中に積極的に食べたいもの・食べすぎ注意のもの - gooベビー
  • 妊娠中に食べた方が良いもの【脂肪分の少ないタンパク質】

  • 同じ種類でも、選び方でカロリーに大きな差が出るのが肉や魚。肉なら赤身やささ身など、脂肪の少ない部位を選んで。魚もトロより赤身のほうが低カロリー、高タンパク。いかや貝類は、低脂肪でおすすめです。
    出典 :妊娠中に積極的に食べたいもの・食べすぎ注意のもの - gooベビー
  •  

    妊娠中は、魚や豆腐など和食を中心とする食生活に変えてみましょう。昔から一汁三菜が良いとされていますね。なるべく多くの栄養素を食事から取り入れると良いですよ。

  • 食べた方がよいものをご紹介しましたが、食べ物にそれほど神経質にならない方がよいという意見もあります。

  • 妊娠中の食事はバランスよく摂取できていれば、それほど神経質になる必要はありません。本来は、体が必要とするものを欲するはずなので、食べたいものだけを食べるのでいいはずですが、偏食や過食もあり、現代では適切とはいえないでしょう。
    出典 :妊娠中の食べ物・飲み物の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
  • 妊娠でまず必要となるのは、筋肉、皮膚などを構成するたんぱく質です。良質なたんぱく性食品である魚、肉、大豆製品には異なった働きをもつ脂肪酸が含まれているので、やはりバランスよく摂ることが大切です。
    出典 :妊娠中の食べ物・飲み物の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
     

    食べた方が良いとされているものも、過剰摂取は禁物です。バランスの良い食事を心がけることが大切なのですね。