避妊率ほぼ100%!?避妊用ピルまとめ

妊娠を避けるために避妊法ピルを服用している女性も多いようです。そこで今回は、避妊用ピルについての情報をまとめてみました。

view331

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「避妊用ピル」の基礎知識

     

    避妊用ピルって何?効果は?など素朴な疑問から調べてゆきましょう!

  • 避妊とピルについて

  • 日本で低用量ピルが認可されたのは1999年のこと。低用量ピルの本来の働きは「避妊」ですが、そのほかにも月経困難症や月経前症候群の辛さを軽減し、子宮内膜症の治療にも効果があるといわれています。
    出典 :低用量ピル(OC)|お薬事典│ここカラダ
  • ピルは、妊娠成立時に体内で分泌される女性ホルモンが入っている薬。薬に含まれているホルモン量は本当の妊娠時の1/20以下程度ですが、体のホルモンバランスが妊娠している状態に近くなるため、排卵が抑制され、結果的に高い確率で避妊することができます。
    出典 :ピルの効果・飲み方・種類・値段 [薬] All About
  • ピルはきちんと服用すれば、ほぼ100%避妊することができ、妊娠したくなったら服用をやめればいいという、安全で確実な避妊法です。
    出典 :【低用量ピルの基礎知識】 花王 ロリエ
  • 避妊に用いられる「低用量ピル(OC)」

  • 低用量ピル(OC:oral contraceptives)とは経口避妊薬のことです。毎日一回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えます。最も確実で安全性の高い低用量ピルにより、「望まない妊娠」からあなた自身を守ることができます。
    出典 :低用量ピルに詳しい婦人科| ケイ・レディースクリニック新宿
  • 低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンを含んでいます。
    出典 :低用量ピルに詳しい婦人科| ケイ・レディースクリニック新宿
  • 低用量ピル(OC)で避妊ができる仕組み

     

    どうしてピルをのむと避妊できるのでしょうか?

  • ピルは、もともと卵巣から分泌されている2種類のホルモン(卵胞ホル モンと黄体ホルモン)から作られた錠剤です。これを投与することで、卵巣が休眠状態になり、排卵を止めます。また、子宮内膜の発達を抑制 して着床させなくする、頸管粘液を変化させて子宮に精子が進入するのを阻害するなどの働きがあります。
    出典 :四ッ谷レディスクリニック | 低価格で安全なピル
  • 低用量ピルの副作用

  • 頭痛やむかつき…10人に2人くらいです。数日で治まることが多いです 胸の張り…生理前のような張りを感じることがあります。 不正出血…少量の不正出血が起こることもあります。 心配なものではなく服用を続けているうちに治まることが多いです。 血栓症…ピルを服用するうえで最も重大な副作用です。
    出典 :京都府・婦人科「いわたレディースクリニック」|子宮がん検診・避妊・低用量ピル| 避妊と低用量ピル
     

    低用量ピルにも副作用が起こる可能性はあるようですので、服用する前には相談する方が安心できますね!

  • 「避妊用ピル」vs「コンドーム」

  • コンドームと併用すると、感染症を 防ぎながら、より確実に避妊することができます。
    出典 :四ッ谷レディスクリニック | 低価格で安全なピル
  • 正しく服用した場合の避妊失敗率(妊娠率)はわずかに0.3%とほぼ完璧! 時々飲み忘れたりした場合でも8%です。コンドームによる避妊法での失敗率は2~15%、オギノ式など排卵日を避けてセックスをするリズム法では9~25%が失敗してしまうという研究報告がありますから、かなり確実な避妊方法であることがおわかりでしょう。
    出典 :低用量ピル(OC)基礎知識|お薬事典│ここカラダ
  • 低用量ピルの特徴の一つは、「セックス前に避妊が完了している」点です。 ゴムは一定の確率で必ず破損しますし、破損するかどうかを事前に調べることも不可能です。
    出典 :低用量ピルに詳しい婦人科| ケイ・レディースクリニック新宿
  • ピルはほぼ100%妊娠を防ぐことはできますが、クラミジア、エイズなどの性感染症(STD)を防ぐことはできません。性感染症予防のためには、必ずコンドームを併用しましょう。  「避妊はピル、性感染症の予防はコンドーム」が世界の常識です。
    出典 :【低用量ピルの基礎知識】 花王 ロリエ
     

    避妊用ピルとコンドーム、それぞれの特徴を把握して、上手く使い分けることが大切ですね!

  • ピルの購入方法・価格について

     

    ピルはいくらくらいかかるのでしょうか?

  • 本でピルを手に入れるには、医師の処方せんが必要です。産婦人科(婦人科)や一部の内科を受診し、医師に処方せんを発行してもらいましょう。扱っていない医院もありますので、事前に電話で問い合わせることをオススメします。
    出典 :ピルの効果・飲み方・種類・値段 [薬] All About
  • ピルには健康保険が適用されないため、すべて自費負担になります。薬代の目安は、1カ月3000円前後。診察・検査費用は、受ける検査項目や医療機関によってかなり異なりますが、職場などの健康診断のデータを持参すると、不必要な検査を省略でき、費用を節約できることもあります。
    出典 :【低用量ピルの基礎知識】 花王 ロリエ