口腔外科で顎関節症。

口腔外科について。口腔外科でのインプラント・スプリント療法。痛み・腫れ。

  • S 更新日:2014/04/25

view129

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 関節の音がしたり、痛みがあったり、口が大きく開けられない人。

  • 顎関節症が疑われます。症状としては口を開けたり閉じたりする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がします。症状がある場合は硬いものを食べたり、無理に大きく口を開けたりしないようにしましょう。 痛みがあり、口がスムーズにあけにくくなった場合は口腔外科での受診をお勧めします。
    出典 :口腔外科相談室 下あごが出ている
  • 「口腔外科」とは。

  • 口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。
    出典 :口腔外科とは?
  • また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。この領域の異常は、食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的な障害も生じます。
    出典 :口腔外科とは?
  •  

    歯医者さんも立派な医師。
    歯科大学病院などの大きい場所もありますから、「歯医者」というより「病院」と言った方が近いです。

  • 治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとし、健康的な美しさを取り戻すことができます。そのお手伝いをするのが口腔外科です。治療法に関しては、個々の患者様の状態や希望および主治医の経験などとも関係しますので、実際の治療においては担当医とよくご相談下さい。
    出典 :口腔外科とは?
  • 口腔外科でのインプラント。

  • インプラントは、人工歯根です。
    つまりは作り物ということになりますが、この治療を受ける事で、顎の骨の役割が復活します。
    更に、骨の吸収の予防も可能です。

  • インプラント

  • ↓インプラントの痛み・腫れへの心配について↓

  • 通常の場合、痛みは抜歯後の痛みよりも軽く、鎮痛剤を内服するのは7人に1人の割合です。また、手術部の状態や、歯の欠損状態、手術方法によっては、腫れる場合もありますが、多くの方は腫れもほとんどありません。たいていの場合、一回鎮痛剤を飲む程度です。翌日まで鎮痛剤が必要な人はほとんどいません。
    出典 :インプラント(口腔外科)|診療科目|ひばりヶ丘駅前の歯科 モンマ歯科
  • 口腔外科でのスプリント療法。

  • スタビライゼイション型(関節・筋肉への負荷軽減のために使用)
    前方整位型(ずれた関節内組織を元に戻すために使用)
    ピヴォット型(関節内組織がずれて生じた開口制限を解除するために使用)
    出典 :顎関節症|東京大学医学部附属病院 顎口腔外科・歯科矯正歯科
  • 顎関節疾患。

  • 顎関節症は歯科の三大疾患の1つともいわれ、顎運動時の疼痛、開口障害、関節雑音などの症状を伴う顎運動機能の障害を特徴とし、口腔内にスプリントを装着したり、関節腔の洗浄などの治療を行います。
    出典 :口腔外科とは?
  • 顎の関節の病気だと、例えば↓
    先天異常・発育異常。脱臼。骨折。外傷性病変。関節炎。変形性関節症。
    など多くの疾患があります。