どのようにして治す?「肝膿瘍の治療」を知っておこう!

肝膿瘍の治療をしってしっかりと治そう!症状によって治療が違うのです。

view229

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝膿瘍は

  • 肝膿瘍(かんのうよう)とは、肝臓内に病原微生物が感染し膿がたまる病気です。突発的にこの病気になるケースは少なく、多くの場合は別の疾患等でお腹の炎症が現れて、その後発症するケースがあります。
    出典 :肝膿瘍の症状、原因、治療法 | 病気診断.net
  • 大きく、細菌が原因となるものとアメーバが原因となるもがあります。細菌性の場合は虫垂炎、胆嚢炎、胆管炎、内痔核などが原因疾患のことが多く、アメーバ性は赤痢アメーバによるものが多いとされます。
    出典 :肝膿瘍の症状、原因、治療法 | 病気診断.net
     

    このように原因によって違うのです。

  • 簡単な事じゃない

     

    細菌性膿瘍では敗血症や腹膜炎など重大な症状を引き起こすこともあるので、早急な治療が必要です。しっかりと治療をしなくてはいけないという事はお分かりいただけたでしょうか!

  • 化膿性肝膿瘍の治療の場合

  • 抗生物質の使用と、超音波で腹部の画像を見ながら細い管を膿瘍部に挿入(そうにゅう)し、膿汁を体外へ排出する排膿法(はいのうほう)が行なわれます。これらで不十分な場合には手術が行なわれます。
    出典 :肝膿瘍 とは - コトバンク
  • 細菌性肝膿瘍は、早期に診断し治療を開始しなければ、敗血症、細菌性ショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)に移行し、致命的になることがあります。肝膿瘍を疑ったら、ただちに抗生剤の静脈内投与を開始し、かつ、膿(うみ)を体外に誘導するために経皮的に膿瘍穿刺ドレナージを行います。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 細菌性肝膿瘍の治療にはまず、抗生剤の全身投与をおこないます。しかし、抗生剤のみの治療で改善が見られない場合には、うみを直接取り出すために、穿刺ドレナージをおこないます。それでも治癒しない場合には、手術により膿瘍を取り除きます。
    出典 :肝膿瘍 肝炎に気を付けよう 意外と身近な肝炎の恐怖
  • 赤痢アメーバ性肝膿瘍の治療は

  • 治療は抗原虫薬を内服することが一般的です。 東南アジアでの発症が多いので、生水や果物などを避けることで対策が出来ます。
    出典 :肝膿瘍とは?(原因・症状・治療など)【肝臓健康ネット】
  • アメーバ性に対しては抗原中薬(メトロニダゾール)が使用されます。薬が効かない場合や効果が薄い場合には、超音波検査などを通じて膿がたまっている場所を探しカテーテルを挿入して取り除きます。
    出典 :肝膿瘍の症状、原因、治療法 | 病気診断.net
  • その他の場合

  • 結石や癌による胆道閉塞が原因の場合は胆道ドレナージを行います。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 胆管がつまったために起こった胆管炎が原因の場合は胆管ドレナージを第一におこないます。ドレナージとは腹部によりカテーテルをとおし、うみを体外に排出する方法です。
    出典 :肝膿瘍 肝炎に気を付けよう 意外と身近な肝炎の恐怖
  • いずれにしても

     

    発熱と腹部の傷み、全身の倦怠感などが挙げられます。また、寒気や震えといった症状も見られます。細菌性のものよりアメーバ性のもののほうが症状はやや緩やかです。しかし、進行すると敗血症など重篤な障害をもたらす恐れもありますので早期の治療が必要です。