意外と効果的!「日焼け対策で帽子」が良い!?

日焼け対策で帽子がとっても役立つそうなのです。本当なのでしょうか?

view78

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 帽子をかぶる?

  • 私も、紫外線対策で、帽子はよくかぶっているんですが、正直、全く気にしてませんでした(^_^;)だって、好きなヤツかぶりたいじゃないですか~(笑)でも、お気に入りの帽子が、紫外線をガバガバ通していたら、やっぱりイヤだな…と思ったので、色による紫外線カット率の違いを、徹底的に調査してみました!
    出典 :日焼け対策の帽子!色の違いで紫外線ダメージが変わるってホント?
     

    ここが気になる所ですよね。

  • 帽子による紫外線カット

  • 日焼け止めを塗り

     

    黒い洋服を着たからって安心できないそうです。日焼け止めや日傘を使いましょう。場合によっては、紫外線を全くカットしない帽子もあるそうなのです。こちらは参考になるグラフです。

  • これは帽子の形状の違いによる紫外線カット率の違いが示されています。一番上の四方につばがあるハットですが、つばのながさが10㎝になると紫外線をほとんどカットできているのと比べて、つばが短いもの、帽子なしにいたっては、紫外線を存分に浴びることになってしまいます
    出典 :紫外線対策 服・地域編 | スキンケア大学
  • 紫外線を浴びる量は、日々のちょっとした気のゆるみや、気づかない間に浴びている少量でも、積み重なっていきます。日々の中で、少し気を付けることで紫外線カットは、できますので、是非今度、洋服を買われる時などは「紫外線」を意識していただきたいものです。
    出典 :紫外線対策 服・地域編 | スキンケア大学
  • 帽子の選択はあり?

  • 紫外線対策をしていない人が最も紫外線を浴びる部位は頭皮、髪の毛です。頭皮に紫外線を浴び続ければ、髪の毛が痛むことはもちろん、頭皮が傷つき、痒み、抜け毛の原因となることもあるので注意が必要です
    出典 :帽子、サングラス、服装、日傘
     

    日焼け対策で帽子の選択はこのような注意が必要です。

  • そこで紫外線対策として帽子を選ぶのであれば、顔、首、頭全体を覆ってくれる「ツバの広い帽子」が理想的です。具体的にいえば野球帽のような顔前面を覆ってくれるだけでなく、横、後頭部なども覆ってくれる『麦わら帽子』のような帽子が理想的です。
    出典 :帽子、サングラス、服装、日傘
  • UVケアにつながる

     

    大人も子供も帽子をかぶる事でかなりの紫外線をカットできます。なので、しっかりと帽子を選べば問題のない、効果の高い日焼け対策が出来るという事ですね。

  • 色は?

  • 色が濃いほど、紫外線カット率は高いです。具体的な色で言うと、1.黒2.赤や青3.黄色4.白※上の方が、紫外線を通しにくいです。
    出典 :日焼け対策の帽子!色の違いで紫外線ダメージが変わるってホント?
     

    このような色のチョイスをしよう

  • 黒などの濃い色は、紫外線を吸収しやすく、一方、白などの薄い色は、紫外線を反射する特徴があります。だから、日焼け対策を考えるなら、黒い色の方が良いってワケですね。でも、黒い色は、熱なども吸収しやすいので、体感としては、かなり暑くなるという、デメリットもありますが
    出典 :日焼け対策の帽子!色の違いで紫外線ダメージが変わるってホント?
  • こういった色の特性をふまえて、一番良い帽子の色というのは、外が白、中が黒というのが理想です。太陽の熱は、外に逃してくれるし、内側は黒いので、地面からの反射による紫外線も防ぎます!まさにいいとこ取りですね~
    出典 :日焼け対策の帽子!色の違いで紫外線ダメージが変わるってホント?
  • 帽子が苦手な人は

     

    日傘を選ぶと良いと思います。紫外線を遮るアイテムとしては非常に効果的なのです。普通の雨傘でもある程度紫外線をカットしてくれるのですが日傘の方が効果的ですよ。