脳が疲れていませんか?脳の疲れをとる方法

昔と比べて、現代の情報量は日に日に増加。それを消化するだけでも脳は大変な働きをしています。その上、情報過多、やりたいことができないなどがストレスとなって脳が疲れるという状況を引き起こしているそう。病気にならない前に考えて見ましょう。

view781

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳は疲れている

  • 脳に関する疲労を考えると悩みを多く抱えたり、考えることが多すぎて、思考回路がだんだん鈍くなり、うまく脳内の伝達動作が働かない状態をあらわします。しかし、脳はあなたが寝ている間にも活動しているといわれていますが、その中で脳はいつどのように疲労がたまるのか不思議ではありませんか。脳というものは、本来、神経の細胞が固まっているものからできていて、ひとつひとつ違う役目を任されています。ひとつの細胞がひとつの事だけを考えていたりすると、その細胞はずっと働き続けていますので、思考回路が鈍くなり、脳は「飽き」という感覚の信号を流します。この時点では、まだ自覚できるので、疲労の初めの段階といわれています。
    出典 :脳疲労とは?
  • 近年多いといわれる“うつ病”も、この“脳疲労”がきっかけで起こる可能性もあるそうなので、単なる疲労と思って放置しているのは危険かもしれません。
    出典 :甘く見てはイケナイ “脳疲労”がもたらす悪影響 - ライブドアニュース
  • 脳の疲れの原因

  • 脳の疲労に関して、多くの人は精神的なダメージを受け、そのストレスによっての疲れが脳に影響を及ぼしていると思われがちなのですが、最も大きな原因とされているのが脳に貯められているエネルギーの不足により、脳自身が疲れている状態に陥るからです。もちろん、精神的なダメージによる脳の疲労の影響はゼロとは言えません。忙しく働き、寝る時間の無い人は身体に疲れが溜まります。そして、日々の悩みや職場での悩みによる精神的ストレスのダブルタックルによって、脳は疲れるのです。
    出典 :脳疲労とは?
  • 脳の疲れをとる方法

  • 脳の疲れは手のマッサージで取る 手は「第二の脳」。手が疲れてくると、脳からの信号をうまく受けることができなくなり、脳もストレスを受け、疲れていきます。

     

    手は「第二の脳」といわれているそう。手が疲れてくると、脳からの信号をうまく受けることができなくなり、脳もストレスを受け、疲れていくのだとか。逆に、脳が疲れているときに、手をマッサージすることで、脳の疲れをとることもできるようです。

  • 「合谷」ツボ押し

  • 脳の疲れをとる生活術

  • 「脳の疲れ」がとれる生活術より

  • 1、夜は12時までに眠る。
    2、夕食後はパソコンを操作しない。
    3、夜は携帯電話で長話をしない。ベッドの近くに携帯電話を置かない。

     1~3については、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌をよくして、よい睡眠をとる条件です。

    4、朝日を浴びる(朝型生活に)。
    5、朝と夕方に30分程度歩く(あるいはジョギング、サイクリング、スイミングなどのリズム運動を30分程度)。
    6、呼吸法をする(これもリズム運動の一種です)。
     一日の中で何回か5分程度、腹式呼吸をする(ヨガ、気功、坐禅などは呼吸法になります)。

     4~6はセロトニン神経を活性化します。

    7、家族団らん。
    8、夫婦、恋人とのふれあい。
    9、感情を素直にあらわす。
    10、親切を心がける。
    出典 :「脳の疲れ」がスーッととれる!“癒しホルモン”オキシトシンの増やし方 | PHP研究所 衆知
  • 幸福のホルモン「オキシトシン」と「セロトニン」が脳の疲れを癒す

  • 実は、人と人の結びつき、信頼こそが、脳の疲れを癒してくれるということが、脳科学の立場からも検証されはじめたのです。

     私は以前から脳のセロトニン神経の活性化によって、ストレスを受け流すことができるようになり、安定した心になるということを書いてきました。さらに最近注目されているのは、オキシトシンというホルモンです。オキシトシンが十分に分泌されていると、脳の疲れを癒し、気分を安定させ、人に対する信頼感が増し、心地よい幸福感をもたらしてくれるのです。

     オキシトシンとセロトニンは関係していて、オキシトシンが分泌されるとセロトニン神経に影響を与え、セロトニン神経も活性化されます。オキシトシンとセロトニンが十分に分泌される生活は、心の疲れを癒し、心に充足を与えてくれるのです。
    出典 :「脳の疲れ」がスーッととれる!“癒しホルモン”オキシトシンの増やし方 | PHP研究所 衆知
  • 脳の疲れによい食事

  • 脳疲労には、脳のエネルギーとなる糖分の代謝を高める『ビタミンB1』や、脳の働きを助ける『カルシウム』やた『アミノ酸』、疲労回復をサポートする『ビタミンC』の摂取がオススメです。肉や魚、野菜、乳製品、豆類、果物といった食品をバランスよく摂取するようにしてみてくださいね。
    出典 :甘く見てはイケナイ “脳疲労”がもたらす悪影響 - ライブドアニュース