24時間買えたら便利!妊娠検査薬はコンビニで買えるの?買えないの?

夜遅くまではたらいている女性などは妊娠検査薬はコンビニで買いたいと思っていることでしょう。
「コンビニで売ってるの見たことあるよ!」「えー?コンビニでなんか買えないよ」
いろいろな目撃談のある妊娠検査薬。
実際に買えるコンビニがあるのでしょうか?その見分け方は?探し方は?

view65258

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずはおさらい、妊娠検査薬とはどんなもの?

  •  

    ドラッグストアで、このようなパッケージの商品を見たことはありませんか?
    これが、妊娠を早期に補助判断できる妊娠検査薬です。
    すぐに検査ができ、かなり正確な結果が出るので、多くの女性が使っているようです。
    仕事が夜遅い女性や緊急にほしいとき、妊娠検査薬はコンビニで買えるのか気になりますね。

  • それではここから具体的に、妊娠検査薬の使い方や種類などをみていきましょう!

  • 使い方は簡単で、検査薬に尿をかけ、一分ほど待つといった具合です。
    出典 :簡易妊娠検査薬
  • 市販の妊娠検査薬は、説明書の方法にしたがいます。たいていは、棒状の検査薬の先に、おしっこをかける。または、おしっこをコップにとって棒の先につける。検査の棒を平らなところにおいて数分で検査終了。妊娠反応ありなし、の結果が出ます。
    出典 :妊娠検査薬のホントの使い方|プレママタウン
     

    受精卵が着床すると出る特殊なホルモンを検出することで、妊娠の有無が補助的にわかります。

  • 妊娠反応の結果は、ほとんどの検査薬は下記のとおり、縦線(またはプラス線)などで表示されることが多いようです。検査する時期によっては、尿をかけた瞬間、線が浮かびあがるようですよ。

  • 妊娠初期に妊娠検査薬を使うことで高い確率で妊娠の有無が分かります。市販の妊娠検査薬でも同様で妊娠判定の確率は99%以上です。妊娠していることが分かったら、早めに病院へ行って正常な妊娠かどうか診察してもらいましょう。
    出典 :妊娠初期の妊娠検査薬
  • 現在では、ほとんどのママは市販の妊娠検査薬で陽性が出てから産婦人科に行っているようです。
    産婦人科は、医者の中でも少し敷居が高いと言いますか、行きやすい場所ではないので当然かもしれませんね。
    しかし、妊娠検査薬は必ずしも100%ではありません。陽性の場合はもちろんですが、陰性でも生理がこなくて妊娠初期のような症状があるという場合も、できたら受診しましょう。

  • 妊娠検査薬には2種類あります!

  • 普段「妊娠検査薬」と言っていますが、実は2種類あること、ご存知でしたか?
    それは「第一類医薬品」と「第二類医薬品」です。

    まず、「第一類医薬品」の妊娠検査薬について、ご説明します。
    第一類医薬品とは、一般に使用されている医薬品の中でも取扱いに注意が必要なもの、たとえば副作用が出てしまうなど、指導が必要な医薬品のことを言います。
    なんと妊娠検査薬でも、その第一類に入るものがあるんですよ。

  • どうしても早く知りたいなら行為から2週間で検査できるチェックワンファストがありますが第一類医薬品なので薬剤師に処方してもらわなければなりません。
    出典 :性感染症相談掲示板「チェックワンファスト」検索結果27ページ目@UPABBS
     

    まず、生理予定日当日または、仲良しの日から2週間で検査可能な早期妊娠検査薬があります。

  • 第一類医薬品は店頭で薬剤師の説明を受けていただいた上でのご販売とさせていただいております。
    出典 :第一類医薬品 - くるみ薬局のホームページへようこそ!!
  • つまり、第一類医薬品とされている妊娠検査薬は、早期から検査できる妊娠検査薬のことです。
    結論から言うと、そのような早期妊娠検査薬は、コンビニでは買うことができません。
    早期妊娠検査薬は、薬剤師のいる薬局やドラッグストアで薬剤師と対面をしない限りは購入不可能です。

  • 次に、第二類医薬品の妊娠検査薬についてもみてみましょう。第二類の妊娠検査薬は、はたしてコンビニでも買うことはできるのでしょうか!?

  • 第二類医薬品は薬剤師の他に登録販売者も販売することができます。代表的なものとして、風邪薬・妊娠検査薬などが挙げられます。
    出典 :ドラッグストアの第二類医薬品とは
  • つまり、ほとんどが第二類医薬品である妊娠検査薬は、販売者側もそれほど厳しい許可はいらないようです。そのため、私たちが購入できる場所も多くあります。つまり、こちら(一般的な妊娠検査薬)はコンビニでも買える「可能性アリ」と言えるでしょう!

  • それでは本題、コンビニで医薬品が買えるの!?

  • 一口にスーパー、コンビニと言っても、栄養ドリンクと健胃薬程度しか置いていないところもあれば、市販薬に加えて医師の処方箋に基づく医療用医薬品も置いている店があるなど、置いている薬の種類は店によって違いがあります。
    出典 :スーパーやコンビニで市販薬を買うときの注意点 | 【くら総研】くらしの総合研究所
  • 「医薬品」は「薬局・薬店」のような指定された場所でしか売っちやダメっていうきまりがあるんだけど、「医薬部外品」はコンビニなどの一般小売店で販売できるんだ。栄養ドリンクや整腸薬なんかが新たに医薬部外品として仲間入りして、コンビニなんかで見かけるようになったハズだよ。」
    出典 :くすりのおはなし
  • そのように、薬の置いているコンビニで買えるもののほとんどは「医薬部外品」です。
    栄養ドリンクや整腸薬、うがい薬などが置いてあっても、第二類医薬品の妊娠検査薬は売っていないことが多いそう…。
    しかし、現在のニーズ等を考慮して、医薬部外品以外の医薬品を扱うことができるコンビニも増えてきているようです。

  • 少子高齢化のなかで、医療費抑制が大きな課題となる日本。他のコンビニでも、調剤薬局との併設などは拡大傾向にある。
    出典 :ローソンが「健康」にかじ、医薬品取扱い店は5年後3000店へ | Reuters
     

    調剤薬局とコンビニがくっついた店舗を見かけますが、そういう店舗では当然医薬品も売られています。

  • 薬剤師がいなくても登録販売者の対応があれば、第2類・第3類の医薬品は、スーパー、コンビニなどでも購入できます。
    出典 :薬の新しい選び方 | タケダ健康サイト
  • コンビニ、スーパーなどの24時間営業の店でも、登録販売者が常駐していれば、第二・三類医薬品を販売することができるのです。 ちなみに第二類医薬品、つまりコンビニで買えるようになる薬には、皆さんご存じのバファリン(ライオン-ブリストル)、ビオフェルミン(武田)などが含まれます。
    出典 :改正薬事法・新資格-JMP医薬品「登録販売者」試験対策-
     

    そのように、登録販売者が常駐しているコンビニでは第1類以外の医薬品、つまり妊娠検査薬も販売可能です。

  • しかし、医薬品が買えるコンビニは都会を中心に少ししかないのが現状です。

  • いずれにしても、医薬品を売っているのは本部直営店かドラッグストアとの融合店に限られており、まだ全国100店もないかと思われます。コンビニは全部で5万店以上あります。
    出典 :最近はコンビニエンスストアでも医薬品を売っているようですが 私の住んでいる田舎... - Yahoo!知恵袋
  • 医薬品が購入できるコンビニ検索