妊娠できないは思い込み!?悩む自分自身が妊娠しにくくしてるかも!?

口に出さなくても妊娠できないことに悩む女性は少なくありません。
周りからのプレッシャーも大きいという人もいるでしょう。
妊娠に関わる事情は人それぞれ。
もしかしたら妊娠できない体にしているのは自分自身かも!?

view75

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • みんな妊娠しているのになぜ私だけ?

  • 子どもはまだ?
    言う側は軽い気持ちでも、言われる側にとってはプレッシャーになることも多い言葉です。
    何度もいわれるとなおさら。
    女性にとっての妊娠はデリケートな問題。
    悩む人も多いのです。

  • 周りの友人が妊娠しだしたことにあせる人も多いと思います。
    当たり前に妊娠できると思っていたのに、なぜか妊娠しない…
    自分が妊娠できない体なのではないかと不安に思う人も多いようです。

  •  

    デリケートな悩みだから友人にも相談できず抱え込む人が多いよう。
    産科に相談したりカウンセリングをうまく使いましょう。

  • 不摂生やかたよった食生活を送った結果、妊娠しにくい女性も多くいます。
    もともと生理不順であったり日常生活が不規則であれば、それは妊娠しにくくなる原因。

  • 妊娠はそれぞれの時期

  • あっという間に子どもに恵まれたというケースもあります。
    しかし、それはたまたま妊娠できただけのこと。
    妊娠することは決して高い確率ではありません。
    子どもに時間がかかっても不自然だと思うことはないのです。

  • 要はタイミング

  • 妊娠は自分ひとりでするものではありません。
    パートナーの協力あってのものです。
    タイミングが合わなくて、なかなか妊娠できないことは少なくありません。
    忙しい現代社会においては、生活のタイミングをあわせるだけでも大変。

  • ストレスは一番の病巣

  • 妊娠するために一番してはいけないのはストレスをためること。
    あせりや不安は妊娠にとっては大敵です。

  • ストレスを受けて生理不順や、生理周期が不安定になることもあります。
    排卵がうまくおこなわれていない状態では妊娠はできません。

  •  

    ストレスで生理がとまることも…

  • 妊娠について諦めたとたん妊娠するという話は珍しくありません。
    思い悩みすぎたことが原因で妊娠できなかった場合、ストレスから開放されることで妊娠しやすくなることがあります。

  • あなたの身体は赤ちゃんを迎える準備ができている?

  • 妊娠を希望するのであれば、まず自分が妊娠に適した身体になっているかを考えましょう。

  • 妊娠の確率を上げるためにはまず男女ともに健康である必要があります。
    ファーストフードなどに頼りすぎた生活では、妊娠するために必要な栄養を摂取できません。

  •  

    赤ちゃんのために食生活の改善をはかりましょう。
    バランスがいい食事は赤ちゃんをつくるもと。

  • 生理についての異常も妊娠しない原因。
    性感染症や子宮筋腫などの婦人科の病気も要注意です。
    不安であれば婦人科の病院にかかりましょう。

  • 2人で取り組むべき問題

  • 妊娠は一人だけの問題ではありません。
    妊娠しやすい生活を送るためにもパートナーの協力は不可欠。

  • 妊娠のプレッシャーからあなたを守れるのもパートナーだけです。
    自分だけで悩むのではなく、自分の気持ちを伝えましょう。

  • 話をすることでパートナーがわかってくれない、簡単に考えすぎていると感じることもあるかもしれません。
    しかし、あなたのことを考えて大事に思うからこそ。
    妊娠について、あまり思い悩んで欲しくないと思っているからかもしれません。
    思い悩みながらでも、2人でお互いに思いやりを持てる関係を作っていきましょう。

  • 授からないのはまだ早いからかも

  • 赤ちゃんがまだ来ないのはまだあなたにその準備が整っていないからかもしれません。
    今は赤ちゃんを迎えるための準備期間と考えてみましょう。
    赤ちゃんを育てるために適した健康状態か、今の生活で子育てが可能か、考えてみてください。

  • 今は出産後の生活について、時間を使って考えられる貴重な時間。
    妊娠して出産、子育ての期間は人生でも長い時間です。
    子どもができてあわただしくなる前に、自分の時間を大切にしてください。

  •  

    出会うまでの準備期間。