生理の症状の1つ、倦怠感の原因は何?解決策まとめ

生理の症状として、倦怠感が挙げられます。
では、なぜ生理中はいつもより体がだるく感じてしまうのでしょうか?

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理中に倦怠感を感じる人が多い!

  • 生理痛では以下の症状が多く見られます。
    ・腹痛。 ・腰痛。 ・頭痛。
    ・嘔吐感。 ・だるさ。
    出典 :生理痛の原因
     

    生理の症状はお腹や腰の痛みだけではありません。
    人によっては日常生活に支障が出るほどの倦怠感を感じます。

  • 生理痛は自分の体の弱い部分を知ることもできます。腰が弱い人は腰痛が目立ちやすかったり、普段から疲れやすい人は倦怠感が増す傾向にもあります。
    出典 :生理痛の原因
     

    生理中に倦怠感を感じる場合は、常日頃からストレスを溜めないことが重要です。

  •  

    倦怠感があると朝なかなか起きれなかったり、昼間眠気に襲われることがあります。

  • 倦怠感の原因は?

  • そもそもだるさが生じる原因なのですが、これは血液の循環が悪くなっているからなのです。生理のときにはホルモンのバランスが崩れてしまいます。それによってこのようなだるさも引き起こしてしまうのです。
    出典 :生理痛の辛さとだるい感覚について
  • 貧血でもだるさは出ます。貧血が原因の時は肌の色が黄みがかっていたり息切れしやすい等、生活行動に大きな変化がある時は貧血や疲労が心配です。
    出典 :生理痛の原因
     

    生理中は貧血になりやすいと言われています。

  • このように、生理の症状である倦怠感の原因はいくつもあります。
    自分の生活を見直し、改善できることはないか探してみましょう。

  • 生理の症状を和らげるために

  • 一番の方法としては伸びをすることです。両手を上げて背筋を伸ばします。体操をするような感覚でしてください。この体操だけでも実は血液循環がよくなるのです。
    出典 :生理痛の辛さとだるい感覚について
     

    生理中に倦怠感を感じたら伸びをしてみましょう。

  • 軽いスポーツなどがおすすめです。例えばウォーキングなどでしたらそれほどきつくありませんし生理痛のあるときでもいい運動になります。気晴らしにもなりますのでだるさなどの生理痛も忘れやすくなります。
    出典 :生理痛の辛さとだるい感覚について
     

    生理中は無理をしてはいけません。激しい運動は控えましょう。