どうすれば治る?この痛み!「膝内障の治療」についてのまとめ!

膝内障の治療方法について集めてみました!気になる痛みの対策をしよう!

view187

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膝内障とは

  • 膝内障とは、外傷により内・外側側副靱帯や前・後十字靱帯、内・外半月板、関節包などが損傷し、関節の機能障害が起きる状態です。 膝関節は、屈伸運動だけをしている単純な関節のようにみえますが、実は複雑な構造をもち、複雑な運動をしているところなのです。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
     

    このような部分の事なのです。

  • この関節の運動を滑らかにするために、内・外側側副靱帯や前・後十字靱帯、内・外半月板、関節包などがそれぞれの役割をはたしています 。外傷により、これらの組織は損傷し、関節の機能障害が起きます。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
     

    機能障害が引き起こされるとこまりますよね。

  • 膝内障、以前は膝関節の嵌頓症状を示す一連の疾患を包括したものでした。医学の進歩とともに膝内障の内容が分析され、いくつかの独立した診断名が確立されました。そして膝内障は、これら数多くの膝関節の損傷・障害の総称として使われるようになりました。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
     

    これが概要ですね。

  • 膝内障では

     

    現在ではそれぞれの疾患にはっきりと病名がついて個別に扱われるため、膝内障という病名はあまり使われなくなっています。おおまかに膝の損傷・障害と診断された時に使い、何の病気・障害なのかはっきりした時点で個々の病名に切り替えます。

  • 膝内障の治療

  • 鍼灸治療

  • 1.【関節透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。 2.ハリに微弱電流を流します。3.関節動脈の血流量が増え、膝への血流供給が増え、半月板の線維軟骨組織を修復します。4.関節内の免疫細胞の増加で、消炎効果が得られます。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
  • 5.脳のモルヒネをも増やします。これら物質の作用によって、鎮痛効果が得られます。6.血液中のカルシウムやニンの量を増やし、軟骨の成長と発育を促進し、破壊した半月板を回復します。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
  • 1.当院独自開発した【関節透穴針】治療法:  特殊なツボにハリをうちます。2.ハリに微弱電流を流します。3.痛みを感じない程度の治療が多いので、 寝ってしまうことがあります。4.起きたら、治療完了です。5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
  • 手術が必要になる場合

  • ある程度進行してしまった場合は手術が必要になります。 半月板損傷でも小さな傷の場合は自然に治りますが、ある程度大きいと治らずそのクッションが正常に機能しないため関節の動きは悪いままの状態です。目安としては受傷後3~4週間経過しても動きの戻らない場合は治療が必要となりますがそれよりも早めに病院に行くことです。
    出典 :膝内障 | 膝の痛みに悩む方への情報局
  • 手術する事になった場合でも半月板損傷での手術は悪い部位のみを切除する(部位により縫ったりする事も)だけなので、切除範囲にもよりますが約3週間程度で運動には復帰出来ます。 何よりも早めの治療をお奨めします。
    出典 :膝内障 | 膝の痛みに悩む方への情報局
  • 初期の場合は

  • 初期にはギプスなどによる固定と、そのひざに体重をかけないことが有効ですが、ある程度進行してしまった場合は手術が必要になります。
    出典 :膝内障−病気 症状ガイド
  • 膝内障は

     

    関節運動を滑らかにするために、内・外側側副靱帯や前・後十字靱帯、内・外半月板、関節包などがそれぞれの役割をはたしています 。外傷により、これらの組織が損傷し、関節の機能障害をおこします。しっかりと対処しましょうね