意外と出る!「アトピーで鳥肌」が起きるそうなのです

アトピーで鳥肌が起きるそうなのです。一体どんな原理で引き起こされている!?

view224

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アトピーで鳥肌?

  • ボツボツとした湿疹が毛穴上に出て、巨大な鳥肌のようになる場合があります。 痒みも強いので、掻くと凸の先端の皮膚が破け、汗をかくだけでしみる状態になります。 鳥肌が出る時期は、汁が出る時期を経て、象の皮膚の時期を経て、落屑(らくせつ)が酷い時期を経たあとに大きな鳥肌が出るケースが多く、顔には鳥肌はでることは滅多にないです。
    出典 :鳥肌(毛穴の隆起)寒くもないのに鳥肌|アトピーケア
     

    顔に出る事は滅多にないのですね。アトピーは別だそうです。

  • 「アトピー肌」と表現される皮膚は俗に言う「サメ肌」です。鳥肌や毛穴の隆起とは、サメ肌を通り越し、寒くもないのに常に鳥肌がたっているような状態の皮膚の状態です。 皮膚湿疹というよりはまさにサメ肌といった感じで、どこから掻けばいいのか解らないくらい広範囲に及ぶこともあります。
    出典 :サメ肌・鳥肌の時期(毛穴の隆起) | アトピー ペディア
     

    このような違いがあるのですね。

  • 鳥肌は

  • 寒くもないのに鳥肌が常にたっている状態。ひとつひとつの鳥肌がすごく大きくトゲのようです。 毛穴から毒素を出しているのか?と思えるほど、発作的に痒みが襲ってきたり、暑くもないのにジワリと汗をかいたりします。 炎症はないものの痒みも強く、掻き壊すと、一面イチゴ畑のように赤いボツボツ状態になります。
    出典 :鳥肌(毛穴の隆起)寒くもないのに鳥肌|アトピーケア
     

    このような状態の事を言うようです。

  • 画像で見ると

     

    こんなものが鳥肌ですね。ちょっとアトピーに似ていますが違うもののようです。この鳥肌が出る状態とは・・・

  • こんな経緯で起きる

  • 鳥肌や毛穴の隆起とは、そのサメ肌を通り越し、寒くもないのに常に鳥肌がたっているような状態の皮膚の状態です。 皮膚湿疹というよりはまさにサメ肌といった感じで、どこから掻けばいいのか解らないくらい広範囲に及ぶこともあります。
    出典 :アトピー治療のために|アトピーの豆知識―サメ肌って何?
  • ボツボツとした湿疹が毛穴上に出て、巨大な鳥肌のようになる場合があり、痒みも強いので、掻くと凸の先端の皮膚が破け、汗をかくだけでしみる状態になります。 鳥肌が出る時期は、汁が出る時期を経て、象の皮膚の時期を経て、落屑が酷い時期を経たあとに大きな鳥肌が出るケースが多く、 顔には鳥肌はでることは滅多にないです。
    出典 :アトピー治療のために|アトピーの豆知識―サメ肌って何?
  • アトピーの段階の中で、顔はサメ肌・鳥肌の時期はなく、ずっと皮剥けを繰り返しそのまま治癒に向かうケースがほとんどです。 体は皮剥けと落屑(らくせつ)を繰り返し、次第に毛穴が隆起する経過をたどるケースが多いです
    出典 :サメ肌・鳥肌の時期(毛穴の隆起) | アトピー ペディア
  • 鳥肌状態が続き・・・

  • 鳥肌状態が続き、アトピー性症状と判断された場合、ステロイド・プロトピックと言った製品が有用薬として用いられます。ですがこれらの継続使用は、症状の難治化誘発、また依存化を伴いかねないため、昨今ではあまり多用が勧められていません。
    出典 :鳥肌状のぶつぶつが目立つ乾燥肌症状について
  • その他、傷をつけてしまい雑菌が入り、強い免疫反応が起きた場合の症状を抑制する、シクロスポリンもその一つに挙げられます。ですがこちらもまた根治薬ではなく、依存性にも繋がりやすいため、あまり推奨されている薬とは言えない形となっています。
    出典 :鳥肌状のぶつぶつが目立つ乾燥肌症状について
     

    このような事になっているようです。

  • サメ肌はもともと生まれ持った肌質であり、小児科では、サメ肌というだけで「アトピー」と診断されるケースもあります。
    出典 :サメ肌・鳥肌の時期(毛穴の隆起) | アトピー ペディア
     

    鳥肌の場合も同じだそうです。

  • アトピーは

     

    このような肌の状態で診断される事もあるのですね。アトピーで鳥肌が起きる場合もありますが、鳥肌でアトピーと診断される場合もあると念頭に置いておきたいですね。