生理が来たと思ったのに妊娠してる?正しい判断のための基礎体温

今月も普通に生理がきた・・・と思っていたのに妊娠してるみたい?
生理の出血かと思ってたのに原因は別にある事もあります。
自分の生理を正しく把握するためにも基礎体温表をつけるのがオススメです。

view403

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理が来たのに妊娠した?

  • 通常の生理の場合、高温期14日目以降に基礎体温がガクっと低下し低温期の範囲になり、褐色の出血で始まって、だんだん鮮血で量が増えて生理に・・・という流れが一般的だと思います。
    出典 :えっ?生理が来たと思ったら妊娠してた理由 | 妊娠&出産.com
  • しかし『生理がきたのに妊娠』といわれる状態になる場合にはまずは基礎体温は高温期のままであること、そして褐色の出血がいつまでも量が増えずにダラダラ続いたり鮮血が少しだけ出てすぐに止まったりするようです。
    出典 :えっ?生理が来たと思ったら妊娠してた理由 | 妊娠&出産.com
     

    通常の生理とは少し違う部分もあります。注意して確認してみましょう

  • 生理ではなく、妊娠による出血である可能性があります

     

    妊婦さん全体の2〜3割の方が妊娠中になんらかの出血を感じることがあるのです。
    ではこの出血は生理ではないとすれば、いったい何なのでしょうか。

  • 着床出血の可能性

  • まず第一段階で起こり易いのは「着床出血」です。受精卵が子宮の内膜に入り込む過程で出血することがあるのです。
    出典 :えっ?生理が来たと思ったら妊娠してた理由 | 妊娠&出産.com
  • この場合は鮮血であることが多く、ピンク色の出血が少しだけあって、すぐ止まるという場合が多いみたいです。高温期7日〜10日頃に起こり易いものですので
    出典 :えっ?生理が来たと思ったら妊娠してた理由 | 妊娠&出産.com
     

    血の色でも判断できるので注意して見てみましょう

  • 「まだ生理には早いのに出血したなあ」「出血っぽいけど、すぐに止まったなあ」と思ったら妊娠の可能性もあるかもしれません。着床出血があってから3〜4日後には、早期妊娠検査薬は反応することがあります。
    出典 :えっ?生理が来たと思ったら妊娠してた理由 | 妊娠&出産.com
     

    検査薬の使用は出血から3、4日後~が目安です

  • 高温期と生理

  • 高温期の生理は黄体期と呼ばれ、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなり、着床の準備のため子宮内膜が厚くなる時期です。
    出典 :高温期と生理
  • 基礎体温の高温期は、通常11~16日継続して妊娠していないなら、体温は下がっていきます。この時期は、精神的に不安定になったり、むくみや頭痛、イライラやにきびができるなど体調変化が現れやすいと言われます。
    出典 :高温期と生理
     

    この時期がいわゆる、生理がキツイ時期ですね

  • 【生理と間違われやすい出血】

  • 例えば2カ月生理の間が空くというのは、きちんと卵子が育っていないか、育つまでに日数がかかるからだと考えられます。生理の間隔がまばらな『稀発(希発)月経』になっていて、そういう人は、出血が本当の生理ではない可能性が高いのです」
    出典 :「ニセモノの生理」に騙されてませんか? 生理不順の真実と基礎体温でわかること | 「マイナビウーマン」
  • 基礎体温がうまくつけられていれば、高温を維持したまま出血します。そのため、「これは生理ではない」とわかります。
    出典 :Q28・妊娠しても生理がある?
  • 生理かどうかを正しく知るためには基礎体温表が一番

     

    生理が来たかどうかを出血のみで判断するのは大変危険です。
    もっとも信頼できるのが基礎体温表なのです。

  • 生理なのか妊娠による出血なのかを見極めるためにも常に基礎体温を計って自分の生理サイクルを把握しておくことはとても大切なのですね