早朝覚醒の改善方法を紹介

朝どうしても早く目が覚めてします。もう少し寝たいのに一度目が覚めると寝ることができない
そんな経験のある人は、それは早朝覚醒という不眠症状かもしれません!
今回は早朝覚醒の改善方法を原因などと合わせて紹介していきます

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早朝覚醒とは?

  • 朝早く目覚めてしまい、再度眠ることが出来ない。
    出典 :不眠症 - Wikipedia
     

    まだ起きる時間ではないのに目が覚めてしまい、それ以上眠れなくなる症状を指します

  • 自分が望む時刻より早く目覚めてしまい、眠気があるためにもう一度眠ろうとしても眠れない状態を「早朝覚醒」といいます。
    出典 :こんな人がかくれ不眠-軽い不眠症状がある|かくれ不眠ラボ 睡眠改善委員会
  • 眠いのに二度寝ができないのが早朝覚醒の特徴です

     

    結果的によく寝たとは思えない状態で日中すごすため本調子で過ごすことができません

  • 早朝覚醒は、睡眠-覚醒のリズムが乱れ、覚醒が前倒しになっていることが原因の一つとして考えられます。中年以降の人に特に多く見られますが、これは年齢があがるにつれ、睡眠-覚醒のリズムが乱れやすくなることが理由です
    出典 :こんな人がかくれ不眠-軽い不眠症状がある|かくれ不眠ラボ 睡眠改善委員会
     

    年齢が上がるにつれて目立つ症状のようです
    たしかに年長者は早起きというイメージはありますね

  • 早朝覚醒をそのままにしておくと、日中の眠気が強くなって昼寝をがまんできなくなり、それが原因でますます生体リズムが乱れることになってしまいます。もし、早朝覚醒が週に3日ほど繰り返され、その状態が長期間続くようなら、不眠症の可能性も考えられますので、医師に相談してみてください。
    出典 :こんな人がかくれ不眠-軽い不眠症状がある|かくれ不眠ラボ 睡眠改善委員会
     

    頻繁に続くようなら不眠症の可能性もあります。気を付けましょう

  • アルコールは早朝覚醒の要因になります

  • アルコールは寝付きは良くなるが眠りが浅くなり早朝覚醒が増えていく。とりわけ大量飲酒は睡眠を妨げる。アルコールは睡眠にとっても有害である。不眠治療としてアルコールを使用してはいけない
    出典 :不眠症 - Wikipedia
     

    不眠症対策にアルコールはやってはいけないのです

  • アルコールは入眠困難の改善のため広く自己使用されている。しかしアルコールのもたらす入眠は不眠の原因となり得る。 アルコールの長期使用は、レム睡眠を抑制し断片化させるため、ステージ3,4のノンレム睡眠を減少させる。 睡眠ステージが頻繁に変化し、起床時の頭痛・尿意・脱水症状・発汗などをもたらす。
    出典 :不眠症 - Wikipedia
     

    アルコールは規則正しい睡眠の大敵なのです!

  • アルコールは自然の興奮剤であるグルタミンを阻害するために、飲酒によってグルタミンリバウンドも起こる。 飲酒を中止すると、体は前よりも多くグルタミンを生産することに時間をかける。 グルタミンレベルの上昇は脳を覚醒されるため、飲酒者は入眠のためや深いレベルの睡眠を得るために飲酒を続けるようになる。
    出典 :不眠症 - Wikipedia
     

    不眠症にアルコールを用いるのはまさに悪循環なのです

  • 慢性的な飲酒を中断すると、明晰夢などの深刻な不眠症状を引き起こすことがある。レム睡眠離脱は、典型的な激しいリバウンド効果の一つである。
    出典 :不眠症 - Wikipedia
  • 早朝覚醒の原因 うつ病など、精神的な不安、ストレス

  • 早朝覚醒は一度目が覚めると寝付けません

     

    早朝覚醒の場合は、一度目が覚めると簡単に寝付けない場合が多く、非常にストレスが溜まる不眠症の症状になります。

  • 早朝覚醒の定義が厳密にあるのかはわからないのですが、一般的には、起きたい時間よりも早く起きてしまうことが、週に3日以上、それが1ヶ月以上続く場合は、早朝覚醒という不眠症にかかっている可能性が高いと思われます。
    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    あまりに頻繁に続くようなら通院も考えてみましょう

  • うつ病の人に早朝覚醒の症状が非常に多い事がわかっています

     

    早朝覚醒が続く場合、もっとも考えられる理由としては、うつ病にかかっていることです。

  • 一時的に仕事や人間関係などで非常に不安になることがあると、朝早く目が覚めてしまうという経験はほとんどの人があると思います。逆に、子供の頃はクリスマスの前夜は眠れないなんてこともあったと思いますが、これも、早朝覚醒が精神的なものが原因になっていることの証拠の1つになりますね。
    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 早朝覚醒の改善のための方法は?

  • 夕食は控えめに。また夕食後、覚醒作用のあるカフェイン摂取は寝付きを悪くしてしまいますので避けましょう。寝具にも、自分が心地よいと感じるものを選びましょう。眠る空間作りも大切です。
    出典 :「眠りたいのに眠れない」「いつも眠たい」 − 睡眠障害
  • リラックスして、無理に寝ようとしない
    寝ようと意気込むのは逆効果。自然な眠気を誘うために、読書、ストレッチ、音楽や香りを楽しむなどしてリラックスしましょう。
    出典 :「眠りたいのに眠れない」「いつも眠たい」 − 睡眠障害
     

    就寝の1時間くらい前から快眠のための準備を始めるのがよいです

  • 朝日を浴びる
    毎日同じ時刻に起床しましょう。早起きは早寝に通じます。休日に遅くまで寝床で過ごすと翌日の朝がつらくなりますので、起床時間はいつもの同じにし、朝日を浴びて体内時計をリセットしましょう。
    出典 :「眠りたいのに眠れない」「いつも眠たい」 − 睡眠障害