不安が襲ってくる!?不安障害とは

不安がどんどん襲ってくるようなのです
不安障害について知っておきましょう

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不安障害とは

  • ここに示した分類は、米国精神医学会のDSM-IV-TRによっています。もうひとつの臨床でよく使われる分類基準であるWHOのICD-10では、パニック障害と恐怖症の関係がやや異なることと、一般身体疾患や物質によるものは不安障害からのぞかれている点が異なっていますが、他はほぼ共通しています。
    出典 :パニック障害・不安障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    上記の画像は参考です
    この画像と説明を見るだけで、結構な分岐がある事がわかりますよね

  • 「不安障害」というのは、精神疾患の中で、不安を主症状とする疾患群をまとめた名称です。その中には、特徴的な不安症状を呈するものや、原因がトラウマ体験によるもの、体の病気や物質によるものなど、様々なものが含まれています
    出典 :パニック障害・不安障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    中でもパニック障害は不安が典型的だそうです

  • こんな事を思ったら

  • 「急に体調が悪くなるといけないから、電車に乗らない」
    「人からなんと言われるかわからないから、職場に行けない」
    「家を留守にするのが不安で、外に出られない」
    「事故が心配で、電車や飛行機に乗るのが怖い」
    出典 :不安障害について | 不安障害とは? | うつ・不安ネット
     

    これらに不安を感じる事になるのです

  • 認知療法・認知行動療法では、不安は「危険」という認知と関係していると考えます。それも、頭の中で作られた「危険」です。その意味で、不安障害の患者さんが感じている「恐怖」や「不安」の対象は、現実に存在すのではなく、頭の中に存在していると言えます。
    出典 :不安障害について | 不安障害とは? | うつ・不安ネット
     

    頭の中に存在しているとも言えるのですね

  • 症状は

  • 個人差はあるものの、不安障害の典型的な症状は、恐れ、内面の緊張、易刺激性、集中力低下、ならびに身体的兆候(口内乾燥、めまい、筋緊張、発汗、動悸等)であり、いずれも日常生活の支障となります。複数の不安障害を併発する場合や、うつ病等の他の気分障害(いわゆる合併症)を伴う場合もあります。
    出典 :気分障害・不安障害
     

    日常生活に支障が出る場合があるのです

  • カウンセリングではステップを踏む

  • 第1のステップ:不安の性質や症状が維持されるしくみを理解する
    第2のステップ:不安発作が起きそうなときの対応を身につける
    第3のステップ:自分が恐れているものに、安心して接していけるようにする
    第4のステップ:心のなかで自分に向かって言うことばを変えていく
    出典 :不安障害のカウンセリング
     

    このようなステップを踏む事になるのです

  • この病気の原因は

  • 不安障害の原因は、まだ十分には解明されていません。どんな病気もそうですが、精神障害の発症には、生物学的(身体的)、心理的、および社会的要因がいろいろな度合いで関わっています。
    出典 :パニック障害・不安障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    度合いで関わっているのですね

  • 不安障害も、かつては心理的要因(心因) が主な原因であると考えられてきましたが、近年の脳研究の進歩により、今日では、心因だけでなく様々な脳内神経伝達物質系が関係する脳機能異常(身体的要因)があるとする説が有力になってきています。
    出典 :パニック障害・不安障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    このような節が有力となっているようです

  • 不安を感じる

     

    そのような事がありますが
    この不安障害は日常生活にも
    影響する事をわすれないように
    しましょうね