もしも、心臓に痛みを感じたら?

心臓に痛み・・・ちょっと怖い感じもします。まずは慌てずに対処したいものです。様々な要因が考えられます。

view160

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「胸がズキズキ痛む」
    「胸が締め付けられるような感じがする」

    このような経験がある方も多いのではないでしょうか?
    出典 :胸の痛み(胸痛)の原因と症状
  • アメリカでのデータでは、胸の痛みを訴えて病院に来た人のうち、心臓病だった人はたったの2割以下。
    出典 :» 胸の痛みの8割以上は心臓病が原因ではない
  • 大きく分けると、ここが痛い!とはっきり指で示せる場合、痛いけど具体的な箇所がよくわからない場合とあるようです。

  • 胸痛をきたす病気には心臓や血管の病気、肺や胸膜の病気、骨、神経、筋肉の病気、消化器系の病気、心因性など非常に多彩です。

  • 急に胸痛がくる病気には急性心筋梗塞や大動脈解離などのように、心臓や血管の病気で緊急性の高い重篤な病気も含まれています。また呼吸器系の病気である気胸や胸膜炎、急性肺血栓塞栓症(はいけっせんそくせんしょう)等も急に胸痛をきたします。

  • 心臓や肺に異常が無い胸痛も多く、必要以上に不安になるとかえって胸痛が悪化することもあります。

  • 胸痛をきたす病気、その痛みの特徴

  • ■心臓や大血管の病気

    「狭心症」による胸痛は胸骨の裏面付近の締め付けられる圧迫感があり、数分で消失するのが特徴です。労作時や食事の直後、興奮や緊張時に出現します。「異型狭心症」では夜間、朝方や起床時の安静時に起こります。歯やあごがだるい感じ、のどがつまるような感じを訴えることもあります。ニトログリセリンの舌下(舌の下で舐める)で症状が軽快するのも特徴です。「急性心筋梗塞」の場合、これらの痛みがより重篤で、持続時間も長くなり、冷汗や呼吸困難も伴います。

  • ■肺や胸膜の病気

    肺を覆っている膜を「胸膜」といいます。肺と反対に胸壁を裏打ちして覆っている壁側胸膜に炎症などが及ぶと強い痛みが生じます。これを「胸膜痛」といいます。深呼吸やせき、くしゃみなどで痛みが増強するのが特徴です。肺自体には痛みの神経はないので、肺そのものに病気があっても胸膜に病気が及ばなければ、痛みは生じません。

  • 突然の胸痛で息苦しさや呼吸困難を伴う場合、頻度の多いものは「気胸」の症状があります。気胸は肺の一部が破れて肺が虚脱した状態をいいます。気胸の胸痛は発症時に強く、しばらくするとやや軽快する傾向にあります。しかし胸腔内の圧が上昇していく緊張性気胸ではショックなど重篤な状態になることがあります。気胸はやせ型の若い男性に多く見られます。

  • 他にも「神経・筋肉・骨の病気」の場合、「消化器の病気」の場合も考えられます。