【妊娠周期別注意すること】はじめての妊娠は妊娠初期が要注意!!!

【妊娠周期別注意すること】は整理しておきましょう。妊娠の40週を健康に過ごすことは丈夫な赤ちゃんを生むためにたいへん重要なことです。食べ過ぎによる体重増加、運動不足は特に要注意。栄養のバランスを考えた食事をきちんと摂ること、散歩や水中ウオーキングなどの軽い運動を心がけましょう!!

view295

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中に注意すること;基本情報

  • 特に食生活の乱れや安易な薬の服用などは、赤ちゃんにとって大きな悪影響を及ぼしてしまうこともあります。 ちょっとした不注意から赤ちゃんに大きな障害を残さないためにも、 普段の生活から慎重に気を配って、母子ともに健康に暮らすための準備を行なっていきましょう。
    出典 :妊娠初期症状と出産までの経過
     

    10ヵ月もの間、おなかの赤ちゃんを育て、無事出産するまでは大変なことです。バランスのいい食事、精神面の安定を心がけましょう。

  • 妊娠初期に風邪を引いたら…

  • 妊娠が明らかになった後、お腹の赤ちゃんを守れるのは第一にお母さんです。適切な知識を身に付けるとともに、妊娠が判明したあとは自己判断で薬を飲まずに、かかりつけの医師にまず相談をするようにしましょう。
    出典 :妊娠中の薬の服用|横浜市神奈川区の妊婦健診 産婦人科 | 的野ウィメンズクリニック
     

    妊娠しているかどうかわからないときに飲んだ薬についてもお医者さまに話してみましょう。

  • 買い物などで車の運転をする場合妊娠初期に注意することは

  • 妊娠初期は気分が悪くなりやすいこともあり、運転には十分に注意が必要です。 かなり注意力が落ちてしまうのも事実ですので、できることなら運転は避けた方が良いと思います。
    出典 :妊娠初期に気をつけること!ママの体調や行動には十分な注意が必要
     

    もしも運転中に異変を感じたら、しかるべき場所で停車して休憩しましょう。無理は禁物です。

  • 妊娠初期は体を冷やさないように

  • 妊娠中に気をつけることとして「冷えに注意するように」とよく言われます。女性は元々冷え性の人が多いのですが、それ故に冷え性であることに慣れてしまい、妊娠初期にもそのことについてあまり気にかけない人もいます。しかし、冷えは妊娠初期の「気をつけること」の中でも特に注意して欲しい点です。
    出典 :妊娠初期に気をつけること〜日常生活、運動や旅行、薬やサプリの服用、動作や姿勢など 妊娠初期は冷えに注意
     

    体の冷えが原因で子宮が冷たくて、妊娠初期に流産を繰り返す人が多いそうです。

  • 妊娠中期に注意すべき妊娠高血圧症候群

  • 以前は『妊娠中毒症』と言われていた症状で、妊娠20週以降、分娩後12週まで血圧の上昇、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、これらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものではないものをいいます。症状が悪化すると母子ともに危険な為、体重管理や薄味でバランスのよい食生活、充分な休養を取るなどして予防します。
    出典 :妊娠高血圧症候群 |プレママタウン
     

    膝の後ろや下肢の血管が太くコブコブ状に浮き出るような場合は要注意です。

  • 妊娠中期には切迫早産に気をつけよう。

  • 妊娠22週から36週の間に、赤ちゃんが生まれることを「早産」といい、「切迫早産」はその手前の状態。多胎妊娠や妊娠中毒症、子宮筋腫などの合併症、感染症などの原因が考えられます。出血やおなかの張り、痛みなどの兆候がある場合は、急いで病院へ。適切な処置を施すことで、早産をくい止めることができます。
    出典 :切迫早産|プレママタウン
     

    妊娠中期は安定期ですが、油断は禁物。おかしいと思ったら早めに診察を!!

  • 妊娠後期に気をつけることは

  • 妊娠後期になるとお腹が大きくなり、何をするにも動きにくく、危険な事も増えてきます。そして、大きなお腹で行動するのは、疲れやすく注意力も散漫になりがちです。ちょっとした不注意でお腹をぶつけてしまったり、転倒してしまうこともあるので注意が必要です。
    出典 :妊娠中は大きなお腹に注意しましょう-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    おなかが大きくなると思うように動けないので家事も億劫になりますが、無理をしないで軽い運動程度に体を動かしましょう。