お手軽簡単すぐにできるかも!いびき改善のためにあなたができること

いびきは病気のシグナルの場合もありますが、そうでない場合もあります。今回はいびきの改善法をまとめてみました。

view306

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 改善法

  • 横向きで寝る

    仰向けで寝ると舌がのどの奥に落ち込み、気道が塞がれることでいびきの原因となります。そのため、寝るときには仰向けではなく、横向きに寝ます。
    出典 :いびきの防止,対処法
     

    人によっては眠れなくなるかもしれません。

  •  

    抱き枕などを使うと比較的容易にできるようです。

  • 減量する

    肥満の人が体重を落とすと、のどについた脂肪も落ちて、空気の通り道が広がります。
    出典 :いびきの防止・治療法 [不眠・睡眠障害] All About
     

    良い方法だと思いますが、時間がかかりますね。

  •  

    減量はいびきの改善だけでなく、他の病気の予防にも繋がりますのでやって損は無いです。

  •  

    最近の商品は違和感をあんまり感じないものもあるようです。

  • 口呼吸を治す(鼻呼吸へ戻す)

    口呼吸は、いびきの大きな原因の一つですので、口呼吸が原因でいびきをかいている場合には、口呼吸を治し、鼻呼吸へ戻すことが大切となります。
    出典 :いびき改善&解消法 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
     

    鼻炎などで口呼吸に慣れてしまった人にはかなりきついんですよね、鼻呼吸に戻すのは。

  • 寝室の湿度を上げる
     
    空気が乾燥すると粘膜が腫れやすくなることから、寝室の乾燥を防ぐことが有効です。
    出典 :いびきの防止,対処法
     

    乾燥によっていびきが引き起こされることもあるのですね。

  •  

    加湿器を使うのがお手軽ですが、洗面器に水を張って寝室に置いておくだけでも効果があります。

  • 寝具を変える

    上気道(咽頭(のど)など)が狭くなる、枕などの「寝具」を使用していると、いびきの原因となってしまいますので、この場合には当然、寝具を変えることが必要になってきます。
    出典 :いびき改善&解消法 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
     

    これなら手っ取り早くできますね。

  • 枕での調節

    枕を調節する事により寝相を変えいびきを防止する事ができます。

    特にいびきをかきやすい枕として「固い枕」「高い枕」「幅が狭い枕」等寝返りがうちにくい枕です。
    逆に寝返りがうちやすい広い枕や横向きで寝やすい枕は効果的です。
    出典 :枕での調節 - いびき対策・解消法
     

    枕を変えるだけで改善に繋がります。

  •  

    改善をお望みなら、上に挙げたいびきをかきやすい枕から、かきにくい枕にチェンジしましょう。

  • 頭を上げる

    高い枕を使うと首が曲がってしまい、のどが圧迫されるのでいびきをかきやすくなります。しかし、上半身全体を15度ほど上げると、顔のむくみが減り、舌がのどに落ち込みにくくなるので、いびき予防に効果があります。
    出典 :いびきの防止・治療法 [不眠・睡眠障害] All About
     

    上半身の角度を上げるだけでいびき防止になるのですね。

  • 生活習慣の改善

    慢性的に「いびき」をかいている場合や、何が原因でいびきをかいているのかが分からない場合、まずは「生活習慣の改善」を行い、いびきが改善、解消されないか、経過を見守りましょう。
    出典 :いびき改善&解消法 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
     

    いびきの原因が不明の時はこれをするしか無いですね。

  •  

    運動などをして生活習慣の改善をすれば、自然といびきの改善になりますね。

  • 鼻の詰まりを減らす

    鼻腔を広げるアイテムは大きく分けて、皮膚に貼るテープ類と、鼻の穴に入れて使うものがあります。皮膚がかぶれにくい人は、プラスチックのバーが付いたテープがお手軽です。鼻の通気率が31%も向上する、というデータもあります。鼻に入れて使うタイプは、小さなプラスチックやシリコンでできた製品の両端を小鼻に入れて、製品の持つ弾力性を利用して小鼻を広げるものです。
    出典 :いびきの防止・治療法 [不眠・睡眠障害] All About
     

    最近は市販されている商品が増えてきてますね。