不妊治療を考えている人のための病院選びのポイント。

そろそろ不妊治療を始めた方がいいかも・・・、と考えている場合、まず最初のポイントは病院選びですね。インターネットやテレビなど、情報はあふれるようにありますが、評判のいい病院が必ずしも自分に合った病院とは限りません。不妊治療は、まず慎重に病院を選ぶところから始めましょう。

view19

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不妊治療を受けられる病院の種類。

  • ひと口に不妊治療と言っても、受ける病院によって、方針や内容は異なるものです。

  • 不妊治療を行っている医療機関は、
    ①産婦人科がある総合病院
    ②お産も扱っている産婦人科医院
    ③不妊専門のクリニック
    の3つに大別され、それぞれに長所と短所とがあります。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
  • 総合病院
    総合病院では、産婦人科が、泌尿器科など病院内のほかの診療科と連携して不妊治療を行っています。男性不妊の診断・治療や、腹腔鏡手術などの外科治療を積極的に行っているところが多く、不妊の原因治療を得意とします。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
  •  

    総合病院では、男性の不妊についての治療を受け付けてくれることも多いようです。

  • 施設によっては、曜日によって担当医が変わる 採卵などの後にゆっくり休息する部屋がない などのデメリットがあるのも事実。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
     

    総合病院で不妊治療を受ける場合のデメリット。同じ担当医に診てもらいたい、と言う希望がある場合は、総合病院は向いていないかもしれません。

  • お産も扱う産婦人科医院・病院
    このタイプは、不妊治療の担当医が出産まで一貢して診療するのが一般的です。採卵後に休む部屋なども整備されていることが多く、妊娠からお産までを一つの医療機関で診てもらえる安心感があります。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
  • 一方、待合室で妊婦と一緒になることがあり、気持ちがつらくなることも。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
     

    産婦人科病院では、当然のことながら、待合室で出産を控えた妊婦や小さな子どもと一緒になることがあります。不妊治療がなかなかうまく行かないときには、辛く感じることもあるかもしれませんね。

  • 不妊治療専門の産婦人科医院
    大学病院などで不妊治療を行っていた医師が開業したケースが大半で、不妊治療を専門とする医師の診療を受けられます。採精室や採卵後の休息室などの設備のほか、不妊治療コーディネーターによる診療説明やカウンセリングなども充実しています。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
  • ただし、専門治療が得意な分、治療を“急がされる”傾向があるようです。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
     

    不妊知用専門の産婦人科で治療する場合のデメリットです。自分たちの方針と医師の方針とが合致するかどうかも、大きなポイントですね。

  • 病院を選ぶポイントを、はっきり決めて考えよう。

  • 不妊治療を受ける場合、数カ月からときには数年、医療機関に通う必要が出てきます。治療によっては、毎日医療機関に行かなければならないことも。自宅や勤務先から近く、「通いやすい」ことは、不妊治療を受ける上で大きなメリットになります。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
  •  

    「通いやすいこと」は、病院を選ぶ上で、とても大きなポイントです。治療を続けるうえで、遠くの病院に頻繁に通うのは、時間的にも経済的にも大変です。病院に行くことが負担にならないようにしたいものですね。

  • 産婦人科の不妊治療は、タイミング法、人工授精、体外受精と段階を経て実施するようです。この順番で治療費用が高くなりますが、妊娠する率も高まるようです。残された時間が少ないことから、妊娠する確率が高い体外受精を積極的に推進する専門病院を選びました。体外受精は健康保険がききませんので、治療費は高くなります。
    出典 :不妊治療の病院選びで重視した5つの基準 | ベビー・アトム
     

    高齢になってから、不妊治療を始めた人の体験談。体外受精を考えて、病院を選んだ例です。

  • 私たち夫婦が通った不妊治療専門の病院は、薬を極力少なくする方針でした。また、単一胚移植を方針とする病院でした。単一胚移植とは、簡単にいうと体外受精した卵を1個だけお腹に戻すってことです。逆は複数の卵を戻すわけですが、多胎妊娠になりやすくなり、多胎妊娠すると妻の妊娠・出産のリスクが高くなるのです。
    出典 :不妊治療の病院選びで重視した5つの基準 | ベビー・アトム
     

    病院によって、治療の方針も異なります。病院に行く前に、まずその病院の方針を調べておくことをお勧めします。

  • 不妊治療に関する本は病院の宣伝臭がするものもありますが、どんな本でも著者の病院の治療方針が確認できるので、気になる病院の医師が書いた本は読んで損はないと思います。
    出典 :不妊治療の病院選びで重視した5つの基準 | ベビー・アトム
  • 病院選びの際に、注意したいこと。

  • 不妊治療はゴールが見えません・・・
    2ヶ月で妊娠する人もいれば、5年以上不妊治療を続けても妊娠しない人もいます。不妊治療を始める前にご夫婦でよく話し合い期間と治療費を考えた上で、不妊治療を始める必要があります。
    出典 :【不妊治療 病院選びに注意!】口コミとランキングには騙されるな!!
     

    不妊治療は、時間もお金もかかるものです。なんとなく始めてしまわずに、不妊治療を始める前に、治療にかけられる時間とお金について、夫婦で話し合っておきましょう。

  • インターネットの口コミだけをあてにしない
    口コミの基準は投稿者の感覚によるところが多いため、必ずしも自分に合うかどうかはわかりません。事前に説明会を実施している施設も多いので、自分の目で確かめる判断が大切です。
    出典 :働く女性の不妊治療…病院選びのコツとポイント
     

    不妊治療に対する考え方や、治療にかかる時間は、ケースごとに異なります。ほかの人がうまく行ったケースが、必ずしも自分たちのケースに当てはまるとは限りません。口コミなどの評判に惑わされず、「自分たちの考え方に合う方針の病院を選ぶようにしましょう。

  • 医者やクリニックの雰囲気との相性が合うか
    意外と大切なポイントがここ。検査だけでも何度となく通うところだからこそ医師や看護師の対応に納得できるか、雰囲気が合うかも重要です。ストレスはできるだけ最小限に抑えたいですよね。
    出典 :働く女性の不妊治療…病院選びのコツとポイント
  •  

    不安を抱えて、初めて不妊治療に訪れた病院で、女医が笑顔で「頑張りましょう」と言ってくれたことで、ストレスが吹き飛んで、前向きに治療できたという人もいます。医師との相性は、大切にしましょう。

  • 不妊治療にストレスは禁物です。
    "この先生は合わないな"と感じたら転院してみることも大切です。
    出典 :自分に合った不妊治療病院の選び方のコツ - 病院 -『妊サポ』は不妊症、不妊治療に役立つ情報を集めています
     

    評判の良い医師でも、自分との相性はよくないこともあり得ます。病院の医師と会うことがストレスに感じるようでしたら、思い切って別の病院を探してみるのも、一つの方法でしょう。