高血圧とは何なのか?そしてどのように予防したらよいのか?

高血圧とよく聞きますが、なぜそれが体に悪いのか?
そして、どうしたら予防できるのか紹介します。

  • TUH55 更新日:2014/02/27

view100

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに

  • 高血圧の日本人は40歳から74歳のうち男性が6割女性が4割ととてもなる確立が高い病気です。
    そのため、高血圧になる前に予防をしなくてはなりません。
    ここでは高血圧とは何なのか?そして高血圧になる前にどのような予防をしたら良いのか紹介します。

  • 高血圧とは?

  • 最初に高血圧とは何なのか知らなくてはなりません。
    高血圧とは、最高血圧が140mmHgで最低血圧が90mmHg以上で血圧が高いです。
    通常は、最高血圧が120mmHg未満で最低血圧が80mmHg未満です。

  • 高血圧の症状

  • 高血圧の自覚症状は、基本的にありません。
    頭痛や肩こりなどがありますが、高血圧だけの症状ではないので見分けることが大変です。
    高血圧を見つけるには、病院で定期的に健康診断をしましょう。

  • 高血圧の合併症

  • 高血圧によって、血管の圧力が強いため脳出血などが起こります。
    そのため、高血圧はしっかり予防しないといけません。

  • 高血圧の原因

  • 高血圧の原因は、塩分のとりすぎや加齢、ストレスなどが上げられます。
    そのため、防げることをして高血圧のリスクを下げましょう。

  • 塩分

  • 高血圧を防ぐには、塩分を控えなくてはなりません。
    日本人の平均塩分摂取量は、一日あらリおよそ12gです。
    これは多く、男性は10g未満で女性は8g未満に押さえなくてはなりません。
    なので、食事時はおかずを一回り少なめに食べると良いでしょう。
    おかずに塩分は多く含まれているため、塩分を減らすには効果があります。

  • ストレス

  • ストレスは、現代社会では逃れられないものです。
    そのため、ストレスに打ち勝つ方法を見つけなくてはなりません。
    ストレスを解消するには運動がオススメです。
    運動をすることによって運動に集中するため、ストレスの元を忘れことが出来ます。
    また、考えも前向きになり、健康にも良いのでオススメです。

  • おわりに

  • 高血圧は自分には関係ないと思わないでしっかり危機感を持って考えましょう。