辛い辛い・・・【不眠症の原因】をしって改善しよう

不眠症の原因は何があるのでしょうか?原因をしって対策をしよう

view120

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症は

  • 夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。
    出典 :不眠症とは|睡眠障害の種類|睡眠障害の種類|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
     

    日本の人は結構多いですね

  • 不眠症は

     

    小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。そして男性よりも多いのが女性なのです。女性の方が睡眠の質が悪いのですね

  • 不眠症の主な原因は

  • 不眠症の主な原因は、就寝前にリラックス状態を作ることができず、夜布団やベッドの中に入っても何らかの原因で脳が興奮状態のままになってしまい、質の良い深い睡眠をとれないことにあります。
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • 浅い眠りと深い眠りが90分サイクルで繰り替えされています。この質の良い深い睡眠をとるためには、副交感神経優位のリラックス状態に近づいて就寝することや、その状態を睡眠時も維持すること、体内リズムを整えることが大切になります。しかし、何らかの原因で脳が興奮状態にあるということで、寝つきや熟睡を阻害してしまうのです
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • 日中の過度のストレスを落ち着かせることなく寝床に入った時 • 生活リズムが不規則で体内リズムが混乱してしまっている時 • 就寝前に強い光や音の刺激を受けている時 • カフェインの入っている飲料を就寝前に飲んでいた時 • 就寝4時間前以降に食べ物を食べた時
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
     

    まだまだ沢山の原因があります

  • 一日中部屋の中にいて体内リズムが整っていない時 • 就寝前も頭や身体を使って刺激を与えていた時 • 鬱病などを患わっていて、不安やストレスを強く感じている時 • 睡眠薬を内服していて急に辞めた時
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
     

    このようなものが原因になるのです

  • 不眠症改善として

  • 眠りにとっては、反対の副交感神経が働かなければ良質な睡眠をとることができません。これも分かりやすく言えば、「交感神経は昼間の神経」で、「副交感神経は夜の神経」と言えます。リラックスを促すためには交感神経を抑えて、副交感神経を働かせることがとても大切になってくるんですね。
    出典 :不眠症改善・対策のために役立つ効果的なポイント5つまとめ
  • 自律神経を調節するために、毎朝同じ時間に起きて身体のリズムを調えて、太陽の光を浴びるようにします。これを習慣づけて、一日の周期を作っていきます。
    出典 :不眠症改善・対策のために役立つ効果的なポイント5つまとめ
  • 激しい運動は逆に交感神経を高めますので、ストレッチやウォーキングなど、軽い運動をして軽い疲れを伴わせることでリラックス効果を高めます。
    出典 :不眠症改善・対策のために役立つ効果的なポイント5つまとめ
  • もしつらい症状だったら

  • 加減な知識で市販の睡眠薬を服用したりすることは、不眠症にかえって悪影響を与える場合もあります。加えて、一人で悩みを抱えていると、心細さも増してゆき、更なるストレスの原因にもなるものです。五人に一人もの人数が不眠症に悩まされているのですから、何ら躊躇することはありません。専門医に相談してみましょう。
    出典 :もし不眠症になってしまったら | 不眠症対策ガイド
  • 不眠症でも

     

    不眠症は深刻化すれば日常生活すらままならなくしてしまう可能性を秘めています。二の足を踏まず、専門医の適切なアドバイスを受けるのも重要なことです。気をつけておきましょうね