感染性粉瘤(アテローム)とは?

粉瘤は脂肪のかたまりやガングリオンと違い、中に垢がたまっています。炎症を起こした感染性粉瘤は、自然には治らず、どんどん大きくなる可能性があります。早めの処置をしましょう。

view2219

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 粉瘤とは?

  • 皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。
    出典 :アテローム(粉瘤) - 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)
  • 噴流の構造

     

    中には、角質が溜まっています。
    脂肪やガングリオンと違い、触ると硬い感じがします。
    外と通じているところは黒く見え、毛穴に黒いゴミが詰まっているように見えます。

  • 粉瘤は、外と細い穴でつながっていますが、その穴が何らかの理由で閉じてしまい、中の角質が増殖し、こぶの様な物がだんだん大きくなります。

  • 粉瘤

     

    小さな黒い穴が外と通じています。

  • 粉瘤と感染性粉瘤の違いは?

  • 風邪を引いたり免疫力が弱くなったりしたときに、この穴を通じて感染を起こし、袋の中に膿が溜まります。また、袋の中の垢のカタマリ自体が異物ですので、排除しようとして炎症や化膿を起こすときもあります。粉瘤に炎症が起こった状態を「炎症性粉瘤」、あるいは「感染性粉瘤」といいます。
    出典 :粉瘤
     

    粉瘤は小さな穴が開いています。(すべての粉瘤に穴があいているわけではありません)

  • 感染した粉瘤は処置が大変になる

  • 「粉瘤」が化膿したものを「感染性粉瘤」と言いますが・・・。袋の中の垢なんですけど、バイ菌の格好のエサになるんですね。ずばり化膿しやすいんですよ。化膿した場合は、治療の手順がややこしくなります。
    出典 :ふくずみ形成外科院長のちょっと気になるお話し 粉瘤と感染性粉瘤の治療について ~アテロームでんがな(大阪弁)~ その2
  • 粉瘤の炎症症状
    1、赤くなる
    2、腫れる
    3、熱を持つ
    4、痛みがある
    5、膿が出る
    こうなって初めて病院に行く人も多いそうです。
    その場合は、粉瘤とその周りの炎症を抑えてからの処置となります。

  • ①「粉瘤」とその周りに部分麻酔の注射のあとメスで「切開}し中の「膿」を絞り出します。
    ②袋の中の消毒と切り口周辺部の消毒を行います。
    出典 :ふくずみ形成外科院長のちょっと気になるお話し 粉瘤と感染性粉瘤の治療について ~アテロームでんがな(大阪弁)~ その2
     

    このあと、1週間ほど抗生物質で炎症を抑えます。

  • 感染性粉瘤

     

    中に溜まった角質にバイ菌が繁殖し、赤く炎症を起こした状態の粉瘤です。

  • 粉瘤の治療法

  • 粉瘤の治療は
    1パンチで患部を取る
    2炭酸レーザーで取る
    3切開で取る
    などありますが、大事なのは、中の膜ごと取り去らないと再発するとゆうことです。

    感染性の噴流の場合、中の膿を綺麗にしてから抗生物質で炎症を治していきます。
    炎症を起こしている場合、手術しても、治りが悪いため、炎症が治まってからの手術が一般的だそうです。

  • 炎症性粉瘤の場合、まずは排膿だけ行い、粉瘤の切除術を行わないのが普通です。
    炎症性粉瘤の場合、細菌感染を伴っているため、そのまま手術を行うと術後感染、縫合不全(傷が開いてしまう)の原因となるためです。
    出典 :粉瘤の手術は三鷹はなふさ皮膚科へ 粉瘤手術の実績豊富 | 三鷹で皮膚科をお探しなら、三鷹はなふさ皮膚科
     

    適切に処置を行えば、1ヶ月ほどでキレイになるので、その後の手術の方が、後々手術跡の治りもいいようです。