舌のしびれと脳梗塞の前兆について

脳梗塞の前兆の一つに舌のしびれがあります。
舌のしびれと脳梗塞は密接な関連性があり、言語障害の原因になる危険信号なのです。

view11217

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳卒中、脳梗塞

  • 脳卒中のおよそ7割を占める脳梗塞は、発症する前に一時的なからだのしびれや舌のもつれなどが現れる場合が少なくない。こうした症状から短時間で回復したからと放っておくと、近い将来の大きな発作につながる可能性が高い。
    出典 :脳に関する病気(脳梗塞・脳卒中)|100 検索のホームページ
     

    脳梗塞になると半身のマヒなど重い後遺症が出る場合が多いので、前兆に気づいて早急に治療にあたるのが大切です

  • 脳梗塞にはいくつかの前兆があります

     

    例えば、その前兆として、頭痛やしびれ、耳鳴り、指先が不器用になるといった軽度の症状があります。
    その症状も、初期段階のものから、重度のものなど様々です。
    脳梗塞が起こる前には前兆として何かしら体からのサインが出る場合が多いのです。

  • 舌のしびれは脳梗塞の危険信号

  • 舌がしびれる感じがあり長い間症状が緩和されない場合は、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍といった脳の病気が原因で起こっている可能性もあります。
    出典 :舌がしびれるのは危険なサイン
  • 脳卒中のおよそ7割を占める脳梗塞(こうそく)は、発症する前に一時的なからだのしびれや舌のもつれなどが現れる場合が少なくない。こうした症状から短時間で回復したからと放っておくと、近い将来大きな発作につながる可能性が高い。
    出典 :脳梗塞は、前兆を見逃さずに治療を開始することが重要だそうです。 元保険営業マンの「生命保険徒然日記」/ウェブリブログ
     

    小さなことでも自覚症状がある場合は一度検査を受けることをおすすめします

  • 急に舌がもつれたり、ろれつがまわらなくなったりする言語の軽い障害も前兆の1つ。言葉そのものが出てこなくなる失語症の症状が現れたときも注意がいる。
    出典 :脳梗塞は、前兆を見逃さずに治療を開始することが重要だそうです。 元保険営業マンの「生命保険徒然日記」/ウェブリブログ
     

    舌のしびれと脳梗塞は密接な関係にあるのです

  • 脳梗塞の前兆としての舌のしびれは、その後に言語障害を引き起こしてしまう可能背が高いのです。

  • いったん脳梗塞を発症してしまうと、片側の手足がマヒして全く動かなくなるような重い後遺症となることが多い。

     

    最近は血栓溶解剤を使った治療が普及して命を落とすケースは少なくなりつつあるが、後遺症が出ずにすむ患者は約2割にとどまる。

    脳梗塞は一度発症してしまうと一生の付き合いになりかねない深刻な病気なのです

  • 脳梗塞と言語麻痺

  • 急に舌がもつれたり、ろれつがまわらなくなったりする言語の軽い障害も前兆の1つ。言葉そのものが出てこなくなる失語症の症状が現れた時も注意がいる。
    出典 :脳に関する病気(脳梗塞・脳卒中)|100 検索のホームページ
  • 言語障害もいくつかに分類されますが、脳梗塞による言語障害は、運動障害性構音障害と失語症に分類されます。
    運動障害性構音障害とは脳梗塞などの脳血管障害によって、唇や舌を動かす機能が損なわれ上手く言葉が話せなくなる障害です
    出典 :脳梗塞と言語麻痺-脳梗塞のことなら脳梗塞治療情報館におまかせ!
     

    脳梗塞における言語障害の前兆しては、舌のしびれが多いそうです

  • 例えば発症者はきちんと話しているつもりでも、聞き手にはロレツが回っていないように聞こえたり、ガラガラ声になって聞き取りにくくなっている症状です。
    失語症は言葉の通り、言葉自体を失ってしまった症状をいいます。
    出典 :脳梗塞と言語麻痺-脳梗塞のことなら脳梗塞治療情報館におまかせ!
     

    話を聞く、言葉を話す、文字を読む、文字を書く、等の一連の言語能力に障害がでるそうです

  • 発症者に家族がいた場合、失語症はお互いにとって(発症者-家族)非常に苦しく、ストレスが溜まるものだと思います。何故なら、(発症者の立場から)言いたいことが伝えられない・家族の話すことが理解できない・読むこと書くことも困難、意思の疎通が難しくなるからです。
    出典 :脳梗塞と言語麻痺-脳梗塞のことなら脳梗塞治療情報館におまかせ!
  • また失語症は主に成人の言語障害なのですが、ごく稀に子どもの言語発達状態の時、何らかの理由で脳障害を引き起こし、失語症になる場合もあります。
    運動障害性構音障害・失語症も麻痺の度合いが軽度なら、言語聴覚療法士の指導のもと、ある程度の回復は望めると思います。
    出典 :脳梗塞と言語麻痺-脳梗塞のことなら脳梗塞治療情報館におまかせ!