露出が増えるこの季節 ウイルス性イボ尋常性疣贅の原因と治療法を知ろう

view900

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ウイルス性いぼ=尋常性疣贅の原因と治療法についてまとめました。露出が増える今の季節、人から人へ感染するイボは、罹患すると完治までに長い年月を要しますので、注意が必要です。これから海やプールへ行く人は、知っておいて損はないでしょう。

  •  
     

    尋常性疣贅とは、良性の腫瘍のことです。腫瘍といっても生命に関わるガンとは異なります。いわゆる「イボ」のことです。

  •  
     

    尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)の症状です。

  • 尋常性疣贅に罹る原因はなに?

  •  
     

    尋常性疣贅の原因は、ウイルスです。ウイルスなので人に感染します。

  •  
     

    皮膚の基底細胞にウイルスが侵入して、皮膚の表面が盛り上がってきます。

  • どんなウイルスに因るものなの?

  •  
     

    HPVとはヒトパピローマウイルスと言います。100種類ほどあり、非常に種類の多いウイルスですが、尋常性疣贅のウイルスは、上記のものが対象になります。

  • どんな時に感染してしまうの?

  •  
     

    アトピーの子が、かゆくて引っ掻いた時、そこから感染することもあります。

  •  
     

    他者への感染よりも、自分の身体の他の部位へ広がり易いと言われています。

  •  
     

    かゆくて引っ掻いてしまうと、症状が悪化するかもしれません。

  • どんな治療をするの?

  •  
     

    1つくらいのイボであれば、放っておいて自然治癒するのを待つこともあります。

  •  
  •  
     

    治療法はたくさんあります。

  •  
     

    液体窒素による冷凍凝固療法

  •  
     

    スピール膏の貼り付けによる治療法

  •  
     

    部位や症状の程度によっても治療法は変わってきます。
    自分で希望を出すこともできます。なるべく短期間で完治したい場合には、レーザー治療が早いでしょう。