きちんとしよう「ムダ毛処理の方法」まとめ

ムダ毛の処理の方法をまとめてみました。参考にしてムダ毛処理をきちんと行いましょう。

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ムダ毛処理はみんなどうしている?

  • アンケートの結果です

     

    画像はクリックすると拡大します。脱毛がやはり多いようですね。脱毛なら完全に出来るともう生えてこないので手間を省く事が出来るというメリットがありますよね。他にも色々な方法で行っているようです

  • 最近では脇脱毛がたったの数百円でできたり、全身脱毛が月額払いでできたとサロン脱毛がどんどん進化しています!脱毛は何度かサロンに通わなくてはいけないので、やるなら早めにスタートさせるのがベスト♪また、「脱毛は時間がかかるから面倒!」「脱毛よりも他のことにお金をかけたい!」そんな考えの女性もいるはずです。
    出典 :女性のためのムダ毛処理方法(*´∀`*)めざせツルツル美肌
     

    そんな時も方法はあるのです

  • 除毛クリームを使う

  • 肌の弱い方は、何らかの症状が出ることもあります。また取り扱いにも注意が必要です。メリットとしては、毛を溶かして除毛するために、毛が生えたとしても毛の断面が丸くなっておりチクチクしません。また「剃る」よりも頻度が少なくてすみます。色々なムダ毛処理方法の中でも、一番手軽で簡単な方法と言えるかもしれませんね。
    出典 :除毛クリーム オススメ
  • パッチテストをしないで使用すると、クリームを塗った部分全部にアレルギーが出ることもありますのでご注意くださいね。使用法はとても簡単です。除毛クリームを塗ったら、3分程度(商品によって違います)おいたら、クリームを拭きとるだけです。
    出典 :除毛クリーム オススメ
     

    クリームがすぐになくなるので、すぐになくなってしまう事もあるそうです

  • 剃って処理する

  • ムダ毛の自己処理でも手軽なのが剃る方法です。そのためムダ毛を剃って脱毛処理されている方も多いでしょう。ただし、手軽さというメリットがある反面、さまざまなデメリットとも隣り合わせなのが、剃るというムダ毛の処理方法です。
    出典 :毛を剃って処理する|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介
  • 抜く

  • 電気脱毛器を使用する場合
    ヘッド部分を肌に密着させてムダ毛を引き抜いていきます。あらかじめ3~5mmぐらいに短くカットしておくと、処理しやすく痛みも軽く済むでしょう。
    出典 :2/3 ムダ毛の正しい処理方法と注意点 [脱毛・ムダ毛処理] All About
  • 脱毛テープ

  • 1. 処理したい部分の毛の流れを整えておき、空気が入らないようにテープをピッタリと貼る。汗をかいていたり、水気が付いていたりすると、粘着力が落ちるので注意。2. 時間をおくと温まってしまい粘着力が弱くなるので、すぐに毛の流れと逆方向に一気にはがす。はがした後に残ってしまったムダ毛は毛抜きで処理。
    出典 :2/3 ムダ毛の正しい処理方法と注意点 [脱毛・ムダ毛処理] All About
  • 脱毛ワックス

  • 1. 処理したい部分のムダ毛はあらかじめ5mmぐらいにカットして、溶かしたワックスをヘラでムラなく塗布。2. 表面を触ってワックスが固まったのを確認したら、毛の流れと逆方向へ一気にはがす。ワックスが残ったときは、はがしたワックスをくっつけて取り除くか、濡れタオルでふき取る。
    出典 :2/3 ムダ毛の正しい処理方法と注意点 [脱毛・ムダ毛処理] All About
  • ヒートカッターと熱線式脱毛器

  • ヒートカッターは、毛を根元から焼き切るのではなく、毛の長さを整えるための道具です。主にアンダーヘアが下着や水着からはみ出ないように、伸びた部分をカットするという使われ方をします。
    出典 :毛を焼いて処理する|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介
  • 熱戦脱毛器は、肌の上を滑らせることで熱線が毛を焼いてくれる脱毛器です。キレイに処理出来ますが、使い方を誤るとヤケドする恐れがあります。
    出典 :毛を焼いて処理する|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介
  • ムダ毛の処理は

     

    デメリットもついてまわる事を覚えておきましょう。しかし、これだけ種類があるので、自分が気に入った方法をとるのもよいかもしれませんね。毛抜きや剃刀が一番コストがかからないで済むそうですが、肌へのダメージがちょっとという感じで、それぞれの方法をしった上でおこうほうが良いでしょう