高音が聞こえにくい・・・「騒音性難聴」

耳の聞こえが悪くなってきた。。。
それは「騒音性難聴」かもしれません!!!

view546

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 騒音性難聴

  • 騒音性難聴とは

     

    騒音性難聴では大音量の環境によって
    しだいに耳の聞こえが悪くなっていく難聴です
    あれ?と思った時には以外にも
    難聴になっている事もあるのです
    気をつけましょうね!

  • 騒音の下で長時間就業することにより起こる難聴であり、勤務年数の増加とともに難聴も進行します。職業性難聴とも呼ばれます。
    出典 :騒音性難聴 - goo ヘルスケア
  • 騒音下での職業など、長期間騒音に暴露され徐々に進行する難聴を騒音性難聴といいます。
    出典 :騒音性難聴 | 細田耳鼻科
  • 症状

  • 騒音性難聴の特徴は高音から聞こえづらくなります。めまいを伴うことはありません。大きな音を聞いたときは耳が「キーン」となります。このような場合は一時的に難聴となり、数日で回復します。しかし騒音の激しい職場で徐々に難聴となる職業性難聴の場合は、一度なると回復が困難です。
    出典 :騒音性難聴・職業性難聴(症状/検査/治療)
     

    職業性難聴の場合は回復が困難なのですね

  • 初期には難聴ではなく耳鳴りが発生します。進行して会話音域と呼ばれる周波数帯域まで聴力障害が及んだ時に、初めて難聴を自覚することになります。 難聴は左右両側であることが多く、進行性です。
    出典 :騒音性難聴 - goo ヘルスケア
     

    耳鳴りがしたら要注意ですね

  • 難聴に加えて、多くの場合、耳鳴りを伴います。大きな音を聞くと音が割れて やかましく聴こえ、言葉の弁別(識別)も悪いという感音性難聴の特徴を持ちます。
    出典 :騒音性難聴 | 細田耳鼻科
  • 治療方法

  • 薬物療法では血流改善剤やビタミン剤を使用することが多いです。そして大きな音の環境を避けて、安静にすることが大切です
    出典 :騒音性難聴・職業性難聴(症状/検査/治療)
  • 原因

     

    異なる周波数の音が混じった騒音の下で
    就業した人を比較すると
    病気の初期には類似した聴力低下を示します
    このように色々と同じような低下が
    見られる場合もあるのです

  • 慢性の難聴であり、現時点では有効な治療手段はありませんが、循環改善薬やビタミン薬などが用いられる場合もあります。
    出典 :騒音性難聴 - goo ヘルスケア
  • 予防法

  • 難聴を自覚した時には病気はすでにかなり進行しており、元にもどすことは困難です。したがって、騒音の下で長時間就労する場合には、耳栓などの防音具の装着による予防が必要です。
    出典 :騒音性難聴 - goo ヘルスケア
  • 急性に起こった音響外傷では、ステロイドが有効です。長期間の音響暴露で生じた騒音性難聴では、ダメージを受けた有毛細胞を元に戻すことは、現在の医療ではできません。
    出典 :騒音性難聴 | 細田耳鼻科
     

    これからの医療に期待したいですよね
    今後元に戻るようになったら進歩というくらいに覚えておきましょうね!