簡単にできる太ももやせの方法

女性はどうしても下半身が太りやすく、脂肪がおちにくいため、太ももの辺りが気になってる人は多いと思います。
今回は比較的手軽にできる太ももやせの方法を紹介します。

view359

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 太ももはどうしてなかなか細くならないの?

  • 一度ついてしまうと、なかなか落とせないのが太もものお肉。ダイエットをやっても上半身は痩せるけど、太ももってなかなか難しいものですね。実は太ももって普段の生活では使わない筋肉が結構あるようで、何もしなければどんどんゆるんでいってしまうんだそう。
    出典 :18cm痩せも夢じゃない!効果的な「太もも痩せ」ストレッチのやり方 - M3Q - 女性のためのキュレーションメディア
     

    太ももの筋肉は普段あまり使わないために脂肪がつきやすくなってるようです

  • 太もも太りの下記のタイプに分類されます

  • 1 脂肪太り
    体重増加により脂肪でたるみやセルライトがびっしり太ももに絡まっている状態です。
    2 水太り
    体重増加により脂肪太りと同様ですが、 こちらの方はむくみも目立ちます。 日本人女性に最も多いのがこのタイプです。
    出典 :太ももダイエットは簡単!
  • 3筋肉太りさん
    運動経験者や筋肉が多い方がこの型に当てはまります。
    出典 :太ももダイエットは簡単!
     

    ちなみに日本人女性で一番多いのは水太りといわれています

  • ふとももを細くするためにエクササイズを頑張っていても、 ぽっちゃり体型だとしたらしていたら本末転倒です。 正しいカロリーコントロールを目指すためにプロティンドリンクなどを飲み、ビタミン、ミネラルなどキレイで健康的に痩せていきましょう。
    出典 :太ももダイエットは簡単!
     

    日頃からの食生活も重要です

  • 理想的な体重と太ももの太さ

     

    【理想体重】
    美容体重(kg)=身長(m)×身長(m)×20
    例えば160センチの方なら【1.6×1.6×20=51.2】となります

    【理想的な太ももの太さ】
    身長(cm)×0.3=太ももの理想的な太さ(cm)


    この計算式で本当に太ももが太いのか調べてみましょう。

  • 太ももやせが簡単にできるストレッチを紹介

  • 太ももは何もしなければいつも使っている筋肉しか使わないので、使われていない筋肉はどんどんゆるんでしまいます。そこで、毎日簡単に短時間でできるストレッチを取り入れてみましょう。
    出典 :3分で簡単!太もも痩せストレッチのやり方 | 美肌マニアの美容情報
     

    ただし頑張りすぎると筋肉がしっかり付きすぎて細くはならないので注意して下さい

  • 入浴後の20分間は、血行が良くなっているので、脂肪が燃焼されやすいからだになっています。
    このタイミングでストレッチをすると、効率よく痩せられます!
    出典 :3分で簡単!太もも痩せストレッチのやり方 | 美肌マニアの美容情報
     

    ストレット運動をする時は入浴後がベストです。

  • ストレッチ以上のハードなエクササイズを行う場合は、十分な発汗と脂肪燃焼が期待できるので入浴前のほうがいいでしょう。

  • 足のばしストレッチ

     

    歯磨きをしている時やキッチンに立っている時などに簡単にできる方法です。画像のように足を後ろに引きましょう。


    このとき、脚を斜め後ろに引くのがポイントです。これは見た目よりもきついので、慣れないうちは1分ぐらいでも長く感じます。その分効果がありそうですね。

  • これは準ミス日本代表のEICOさんが自宅でやっていた方法で、たった二つのポーズを毎日続けることで太ももが63㎝から45㎝になったんだとか。さらにO脚も改善されたらしいです。
    出典 :18cm痩せも夢じゃない!効果的な「太もも痩せ」ストレッチのやり方 - M3Q - 女性のためのキュレーションメディア
     

    O脚の改善にも効果があるようですね

  • 電話帳を使ったエクササイズ

     

    画像のように、電話帳、もしくは同じくらいの大きさと重さのものを足にはさみます。
    その重さと厚さが下半身全体を鍛えてくれるんだとか。
    電話帳の厚さは5cmほどが良いようで、薄い地域にお住まいの方は重ねて厚みを出しましょう。

  • もも全体を鍛えるのに有効なフルスクワット

     

    これはエネルギー消費量も大きく、痩せるエクササイズとしてはかなり効果あるんだそう。まずは足を肩幅に開いて胸を張ります。息を吸いながらゆっくり3~4秒かけて、ももが地面と平行になるくらいまで腰をおろします。

  • スクワットは息を吐きながらゆっくりと上下するのがコツです。これを20回で1セットして一日2セット行うのが理想です。