【避妊薬とピルのおはなし】望まない妊娠を防ぎ、命を粗末にしないために*

避妊薬とピルについてまとめています。避妊薬といえばピルが一般的ですが、ピル以外の避妊薬もあります。避妊薬の種類やそれぞれの効果、使用法などをご紹介します。避妊薬やピルを使用して、望まない妊娠を防ぎましょう。

view271

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 避妊薬の種類

  • ①ピル

  • ピルは、妊娠成立時に体内で分泌される女性ホルモンが入っている薬。
    出典 :ピルの効果・飲み方・種類・値段 [薬] All About
  • 避妊目的と避妊以外の副効用目的で、全世界で1億人以上が服用しているのです。
    出典 :ピルの効果・飲み方・種類・値段 [薬] All About
  • 最も利用者が多い避妊薬

     

    ピルは日本だけでなく世界中で多くの女性が用いている避妊薬です。
    しかしピルの中にも様々な種類があります。
    ピルの種類をご紹介します。

  • ピルの飲み方

  • ピルは毎日同じ時間に飲みます。朝9時に飲む人は、次の日も朝の9時ごろに飲んでください。
    出典 :ピルの効果・飲み方・種類・値段 [薬] All About
  • ピルは毎日同じ時間に

     

    ピルを飲む際は、毎日ほぼ同じ時間に飲む必要があります。
    1日の中で「この時間なら確実に飲める!」という時間に飲むようにしたいですね。

  • ピルの種類も色々

  • 現在日本には、成分の種類や量が微妙に異なる約12種類のピルがあります。大きな違いは「錠数」と「飲み始める時期」です。
    出典 :ピルの効果・飲み方・種類・値段 [薬] All About
  • 21錠タイプ

     

    21日間ピルを飲み、7日間服用を休むタイプです。
    8日目からは新しいシートのピルを飲み始めます。

  • 28錠タイプ

     

    休まず毎日飲み続けるタイプです。
    28日間飲んだら、新しいシートを飲みます。
    最後の7錠はプラセボという偽薬になっています。
    毎日飲み続けるため、飲み忘れる心配がないというメリットがあります。

  • DAY1タイプ

     

    月経が始まった日に飲み始めるのがDAY1タイプです。
    このタイプは飲み始めてから1週間は、確実な避妊効果が得られないため、コンドームなどの他の避妊方法を併用することをオススメします。

  • Sundayタイプ

     

    月経開始日からみて最初の日曜日から飲み始めるのがSundayタイプです。
    基本的にDAY1 タイプと同じですが、生理が日曜日に来ないよう調整できるので旅行時などに便利です。
    こちらも飲み始めてから1週間は他の避妊方法を併用することをオススメします。

  • ピルの入手方法

  • 日本でピルを手に入れるには、医師の処方せんが必要です。産婦人科(婦人科)や一部の内科を受診し、医師に処方せんを発行してもらいましょう。
    出典 :ピルの効果・飲み方・種類・値段 [薬] All About
  • ピルの処方は保険がきかないため、自費診療になります。目安として初回は検査が必要なので1万円前後、ピル自体の費用が1ヶ月分の1シートが2000~3000円程度です。
    出典 :ピルの効果・飲み方・種類・値段 [薬] All About
  • ピルは病院で

     

    日本ではドラッグストアなどでピルを入手することはできません。
    また初めてピルを処方してもらうときは子宮の状態などを検査することが多いです。
    酷い生理痛でピルを服用する場合は保険適用になるようですが、避妊目的では保健適用になりません。
    高いなぁ…と感じるかもしれませんが、確実に望まない妊娠を防げる方法です。

  • ②アフターピル

  • 通常の避妊ピル(低容量、中容量、高容量)のように周期に合わせて服用し、あらかじめ避妊を目的とするものとは違い事後、すなわち性行為後に飲むことで避妊効果が得られるものです。
    出典 :避妊薬って市販で買えるの?アフターピルはどこで売ってる?
  • あくまで最終手段。
    行為後早ければはやいほど、最低でも72時間以内に服用すると効果があります。
    出典 :男なら知っておけ!避妊方法9種類まとめ - 彼女に子どもができたら嫁
  • 避妊の最終手段

     

    ”緊急避妊薬”という名前でも呼ばれているように、万が一の時に服用する避妊薬です。

  • アフターピルの飲み方

  • 購入したものに準じますが、大体が1錠、2錠を72時間以内服用するものが多く中には、5日以内に服用すればいいというものもありますが、基本的に早めの方がいいとされています。
    出典 :避妊薬って市販で買えるの?アフターピルはどこで売ってる?
  • アフターピルの入手方法

  • 産婦人科や処方箋があれば調剤薬局等で入手できますが一旦、病院にかかる必要があります
    出典 :避妊薬って市販で買えるの?アフターピルはどこで売ってる?
  • これ以外に日本でも個人輸入(代行輸入)などで直接購入することは可能です。
    出典 :避妊薬って市販で買えるの?アフターピルはどこで売ってる?
  • 病院もしくはインターネットで

     

    アフターピルはインターネットを使えば入手することも可能です。
    しかし一番安全で確実なのは日本の病院で処方してもらうこと。
    何度も言うようにアフターピルは”最終手段”ですので、万が一の時に使用するようにしましょう。

  • ③膣内避妊薬

  • 腟内に殺精子剤を入れる避妊方法です。これだけでは避妊効果が低いので、必ずコンドームやペッサリーと併用します。
    出典 :【避妊の方法とその特徴】 花王 ロリエ
  • 現在日本では販売されていません

     

    アメリカでは一般的な避妊薬ですが、残念ながら日本では現在販売されていません。
    膣内避妊薬は女性が行う避妊方法ということになりますね。

  • 膣内避妊薬の入手方法

  • 通販のみで入手可能

     

    日本では販売されていないため、インターネットで入手することになります。
    個人輸入代行で入手することができますよ。

  • 避妊薬で確実な避妊を

  • 男性も女性も避妊をしっかり考えよう!

     

    避妊はどちらかだけが行えばいいものではありません。
    望まない妊娠を防ぎ命を粗末にしないよう、パートナーと避妊についてよく話し合いましょう☆