知らないと大変!性行為感染症の種類をお教えします☆

性行為感染症の種類について色々調べてみました。この機会に是非知っておきたいものです・・。

view126

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 性行為感染症とは?

  • 性行為によって感染する病気の総称。一般に性感染症、または医学的には英語の頭文字を取ってSTD/STIと、Venereal Diseaseの頭文字を取ってVDと呼ばれる事がある。
    出典 :性行為感染症 - Wikipedia
     

    以前は性病と言われ、怖がられていましたが。

  • 性行為感染症(性感染症、STD)の病原体の中には唾液中に存在することもできるものがいるので、キスでも感染してしまいます。
     

    これは覚えておいた方が良さそうです。

  • 性行為感染症の種類について。

  • 性感染症の症状って。

     

    実は将来的に不妊症の原因になるおそれも・・。様々な症状が見られるようです。

  • 性器またはその周囲が痛み・痒み・水疱・イボ・しこり・湿疹・足の付け根のグリグリなどです。淋病では男性で排尿時の激痛や尿道から膿がでるのが特徴です。女性ではおりものの色や臭いが普段と異なります。
    出典 :性感染症
     

    特に女性はおりもので判断するようです・・。

  • STD(性病)は、症状が出にくい場合が多く、感染して気づかないでいると、知らない間に体がむしばまれていきます。クラミジア や HIV感染症/エイズ は、症状が出にくい典型的なSTD(性病)です。
    出典 :STD対処法|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト
     

    知らない間は嫌ですよね。ちゃんと知っておきたいものです。

  • 具体的な種類って・・。

  • 代表的なものはクラミジア感染症・・。

     

    ほとんど無症状だそうですが。

  • 性感染症(性行為感染症、STD)は、性行為あるいはその類似行為によって感染する疾患を指します。一般に性病と呼ばれています。性感染症に含まれる病気は多数あります。梅毒、淋病、尖圭コンジローム、クラミジア性感染症、性器ヘルペス、ソケイリンパ肉芽腫症、軟性下疳、トリコモナス感染症、疥癬、毛じらみ、カンジダ腟炎、B型肝炎、エイズなどです。
    出典 :性感染症
  • 特徴ですが。

  • 性感染症はいま、若い人たちを中心に流行しています。最近流行している性感染症の特徴、それは「症状が現れにくい」。以前の日本で流行していた性病は、感染するとはっきりとした症状が現れることが多く感染したことが本人に比較的早くわかったのですが、最近の性感染症は感染した本人でさえ気づかないことがあるのです。
    出典 :性感染症の話
     

    本人も気付かないというのは大変です!

  • 大事な事は?

  • 予防法と言うと。

     

    やはりコンドームを正しく使うコトですね・・。

  • 【コンドーム~性感染症予防として~】コンドームは、性感染症を防ぐためにもっとも効果的です。性感染症は粘膜同士の接触によってうつります。コンドームで男性器の粘膜と女性器の粘膜が直接触れるのを防げるので、性感染症を防げます(一部防げない性感染症もあります)。
  • 明らかに感染している自覚症状がある場合は、医療機関で早期診断を行うことをおすすめします。
    パートナーの感染率も高いので、2人同時の検査や治療が必要です。男性の場合 泌尿器科、性病科など女性の場合 婦人科(産婦人科)、性病科など ブツブツやイボ 皮膚科など
    出典 :STD対処法|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト
     

    女性だったら婦人科へ迷わず行くのも一つの手段ですね・・。

  • 病院へ行くのはちょっと・・・と言う方は。

  • 忙しくて病院に行く時間がない・・・という方、症状が出ていないから病院には行きたくなくて・・・という方には自宅で出来る検査キットがあります。検査項目 クラミジア、淋菌、HIV(エイズウイルス)など 価格帯 約3,000円~21,000円 結果確認方法 サイト上(パソコン・携帯)で結果確認
    出典 :STD対処法|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト
     

    これだったら抵抗無く検査出来そうですが・・。