歯周病を予防しよう!

歯肉炎・歯周炎・口臭。
3パターンの歯周病を予防するための予防法・原因。

  • S 更新日:2014/03/15

view136

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯肉炎の予防

  • 歯周病の初期段階である「歯肉炎」。
    進行しないよう、ケアが必要です。
    歯肉炎を含む歯周病の原因は、歯垢です。
    細菌の塊で、歯と歯ぐきの間を好んで潜んでいます。

  •  

    歯垢は、よくブラッシングをして取り除きましょう。
    こまめな歯ブラシで、歯医者の世話になる回数も減ります!

  • 【取り扱い口腔ケアグッズ】ヴイエックス30サプリドリンク
    プラセンタエキス凝縮のドリンク。歯肉炎、歯槽膿漏予防、口回りのアンチエイジングに。
    (1本¥1050)
     

    口内を清潔に保つにも、自分の口にぴったりの歯ブラシも大切です。
    大きさや硬さなど、きちんとした選択を!

  • 歯周炎の予防

  • 歯周病がある程度進行すると、「歯周炎」になります。
    この段階になったら、早急な治療が必要です。
    歯ぐきの腫れ・口臭・出血などが発生します。
    ここまでくると、予防どころの話ではないので、速やかに歯医者で診てもらってください。

  • ADA(アメリカ歯科医師会)は、歯周炎の予防とプラーク(歯垢)の蓄積を予防し、減少させる目的で 使用することを推奨しています。
     

    歯周病の原因となる歯垢を溜め込まないという、なんとも魅力的な商品が!

  • 口臭の予防

  • 口臭も、歯周病と大きく関わっています。
    ただ「臭いがするだけ」と思ったら大間違いです。

  • 口の中を清潔に保つために、ていねいな歯磨きを心がけましょう。口臭予防効果のある成分が配合されたハミガキを使うのもお勧めです。歯を磨いた後の歯ブラシで舌の上を2~3回ほどかき出すように磨いてください。舌苔を除去することで口臭を抑えることができます。歯間ブラシやデンタルフロスを使って歯垢の除去をしましょう。
    出典 :口臭の原因・予防|歯周病 予防ナビ
     

    毎日の歯磨きに加えて、舌のブラッシング、歯間ブラシを使うとより効果的です!

  • 歯科医院で定期的に健診を受けて、虫歯や歯周病にかかっていないか診てもらいましょう。また、歯石除去や専門家による歯の清掃を受けましょう。緊張やストレスをためこまないように心がけながら、規則正しい生活を送りましょう。
    出典 :口臭の原因・予防|歯周病 予防ナビ
  • 歯間ブラシ

     

    歯垢が簡単に取れるので、とても便利です!
    週一から始めてみましょう!

  • 覚えておいた方が良い事

  • 歯を磨くときは、表側・裏側・噛み合わせの面を意識して磨いてみてください。
    磨く場所の順番を決めてから磨きましょう。
    磨き残しを防ぐことに繋がります!

  • 食後は虫歯になりやすい状態が20分以上続きます。食べたら歯を磨く習慣をつけましょう。睡眠中は唾液の分泌が減り、口腔は細菌が繁殖しやすい状態になります。寝る前は特にていねいに歯を磨きましょう。
    出典 :しっかり歯磨きでケア|歯周病 予防ナビ
     

    特に注目するべき内容です!

  • マウスウォッシュを歯周病予防に役立たせる

  • 最近、薬局でたくさんの種類が売られているマウスウォッシュ。しかし、種類が多いため、歯周病予防にはどれを選んだらいいか分かりません。そこで選び方。歯周病予防に直接、有効なのは、「医薬部外品」と書かれた上で「歯周病、歯肉炎、歯周炎などの予防」と書かれているもの。
    出典 :30代から要注意!! 歯周病対策 |NHK あさイチ
  • 家庭でできるセルフケア

  • 効率よく歯垢を除去するには、歯ブラシのかたさが普通の物がおすすめです。歯周病で歯肉から出血の見られる人は、まず「やわらかめ」の歯ブラシを使い、歯肉が回復したら普通のかたさにかえるようにしましょう。 超極細毛歯ブラシを使うと、歯垢が残りやすい歯肉溝・歯周ポケット、歯間に毛先が届きやすく、効果的に歯垢の除去ができます
    出典 :歯周病の予防方法とケア|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社