子供を叱る場合のコツみたいなものってあるのですか?

子供が悪さをしたときには叱らなければいけませんが、何かコツみたいなものはあるのでしょうか?

view120

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • @yukichi27 パンをいたずらしても叱らない親御さんが多くて、私なんか不安になります。子供って、年中叱られるもんですよ!叱り方は、難しいかもしれないけど。
     

    今では多いみたいですよね。悪さをしても叱らない親御さんって。でも叱らないと大人になって苦労するのはお子さんですからね。

  • 他人の問題に首突っ込むな言ってるけど、子供って、悪い時に叱ってあげないと何が悪いのかわからないんだよ。
    叱り方にもよるけど、必要だったら叩くのもわかる。最近の意見って大人目線のみなんだよね。
    叱られたことない人が大人になっているから、叱り方がわからんのよ。
     

    経験が無いとわかりませんよね。だからしっかり叱っておかないと、孫のしつけの時にお子さんが苦労することになります。

  • やったあとで時間が経ち過ぎていたら、子どもはピンと来ません。やった後すぐ叱るのが効果的です。
    出典 :子どもを上手に叱る方法 [子供のしつけ] All About
     

    叱るタイミングを逃してはダメなんです。

  •  

    叱るタイミングを間違えると、子供の方に反発心が生まれてしまいます。

  • 叱るときには場所を変え、正座させましょう。それだけで、子どもは何を言われるのかわかります。そして淡々と言います。言葉によりしつけをするのではなく、空気、顔つき、声のトーン、瞳の中の炎、これらすべてを使って計画的に演じ子ども自身に気付かせて叱ります。
    出典 :これでは逆効果!子供が親の言うことを聞かなくなるNG叱り方4つ
     

    雰囲気から作って、子供に分からせるようにする方法です。結構やる方も大変だと思いますけど、効果は絶大です。

  •  

    正座することによって、子供の方も親が本気だとわかるのです。

  • 「普通はこうだよ」「こうするのが常識だよ」といったしかり方は子供が反抗しやすい。思春期に不良になりやすいしかり方。

    「そんなことするとお母さんは悲しい」と自分を主語にして気持ちを伝えると、子供の心にも響く。抵抗しにくいしかり方。
     

    子供が反発しにくいしかり方を心がけるのですね。

  • 重要なのは「ダメだからダメ」という一方的な叱り方をしないこと。大人と違って子供はシンプルだから、わかるようにロジカルに説明してあげればきっちり理解するし、理解して納得したものについてはちゃんと行動に反映してくれる。その点、しがらみやらプライドやら持ってるオトナよりよほど楽。
     

    子供だからってロジックが通らないしかり方だと理解しないで反発だけするのですね。

  • 子どもが青ざめたり、緊張したら「私の注意が心に届いたな、計画成功」と喜びましょう。そして、淡々と低い声でゆっくりと「いいわね、もう2度と同じことをすんじゃないよ」と言いましょう。
    出典 :これでは逆効果!子供が親の言うことを聞かなくなるNG叱り方4つ
     

    子供の状態を見て緩急つけるのも大事です。一方的に叱ってもダメなんです。

  •  

    叱りすぎてもダメです。ちょうどいいぐらいの叱り方を身に着けてください。

  • 叱ったあとに、子どもの態度・言動に少しでも良い変化が見られたら、できるようになったことを褒めてください。“叱る”と“褒める”は必ずセットにしましょう。
    出典 :これでは逆効果!子供が親の言うことを聞かなくなるNG叱り方4つ
     

    叱ることと褒めることを上手に使い分けてしつけに繋げるのです。

  • @kissaka 子供のプライドをそぐ叱り方をしてはならないっていうお達しが出てたりします。(学級主任とかから)しかし、だいだいそういう学校は基本的に学級崩壊か学校崩壊が起きてたりします。それでも怒ってはいけないようです。叱ってくれ厳しくやってくれ!という親も多いのですが。
     

    これは難しいですよね。子供でもプライドが生まれてくる歳になると叱り方にも細心の注意が必要になります。

  • 本気で叱られないことに不満を感じる場合もあります。愛されていないと感じるのです。子どもは無意識に、叱られたいという思いから、非行に走る場合もあります。一番大切なのは愛情を持って叱るということです。
    出典 :子どもを上手に叱る方法 [子供のしつけ] All About
     

    これはみんな大事だとわかっているのですけど、一番難しいかもしれません。

  • 子どもを叱るとなると、どうしても声が大きくなってしまうもの。大きな声のほうが子どもが言うことを聞くような気がするのだが、それは全くの誤解だと明治大学文学部教授であり、教育カウンセラーでもある諸富祥彦さんは指摘する。
    出典 :子どもを叱るときにしてはいけない6つの約束 子育てによく効く叱り方【1】:PRESIDENT Online - プレジデント
  •  

    叱ることと愛情は相反するものではありませんが、同時に示すのは難しいです。