つわりの原因と対策方法

妊娠時に悩まされるつわり。
つわりの原因には諸説ありますが、その内容とつわりの対策方法についてまとめました。

view253

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • つわりの原因とは?

  • ・つわりの原因にはさまざまな説があり、まだ確実な原因が解明されていない

    つわりの原因はいろいろあり、絶対にこれ!という科学的根拠が解明できていないのだそうです。
    しかし、「◯◯ではないか」という説がいくつかあります。

  • ・黄体ホルモンの急激な分泌に体が対応できないため?

    妊娠すると黄体ホルモンの分泌が過剰になるのですが、生理前などよりもはるかに分泌が高いため
    体が対応できずにつわりを引き起こすのではないかといわれています。

  • 人間の体はたくさんの酵素と酸素を必要としますが、赤ちゃんが成長するにあたり
    それらをたくさん必要とするため、母体の酸素や酵素が足りなくなるためにつわりが起こるのだとか

  • 体が気持ち悪いと必然的に安静にしていないとならないので、
    母体が激しく動くことがなく、流産を防げるからだという説もあるようです。

  • 妊娠によって子宮が活発にうごくようになることで
    胃が圧迫されたり、内臓まで動いてしまうことがつわりの原因だという説もあるようです

  • つわりを改善するには?つわりの対策方法

  • あまりに強いつわりのときは、産婦人科で吐き気どめを処方してもらえます。
    けれど赤ちゃんのことを考えて弱いお薬になるので、効果が感じられないことも

  • 車酔いのときにも酸っぱいものを口にすると少し気分が楽になるように、
    つわりのときも酸味の強いものを口にすることで改善される方が多いようです。
    特にレモンを常備しているプレママが多い様子。

  • 「食べづわり」といって、空腹時に気分が悪くなってしまうつわりがあります。
    その場合は空腹にならないよう、こまめに食べ物を胃に入れておくようにすると楽になるのだとか。

  • つわりでどうしても食欲が無いというときは、無理して食べる必要はないそうです。
    落ち着くまで自分の体が楽になることだけを考えていても、赤ちゃんに悪い影響はありません

  • つわり中、カップラーメンやジャンクフードなどがどうしても食べたくなることがあります。
    ほかの食べ物を受け付けず、それしか食べられないというときは食べてしまってOK。
    何も食べられないよりはよいと考えて、つわりを乗り切ることだけを意識しましょう。
    ただしつわりが落ち着いたら、その分食事の管理は留意して。

  • 妊娠中のつわり・腰痛 宮崎さん 山口県 宇部市 山陽小野田市 口コミ 人気 No.1 小山 ...