赤ちゃん言葉ってどうなの?

赤ちゃんと接するときは、赤ちゃん言葉(幼児語)を使ったほうがいいのでしょうか?

  • MUMMY 更新日:2014/05/20

view183

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃん言葉ってどういうもの?

  • 乳幼児との会話には、通常の会話に用いられることが少ない特殊な語彙が用いられることが多い。このような言葉は、幼児が自発的に話すこともあるが、多くは周囲の人間が幼児、乳児に語りかけるのみ用いる言葉であって、幼児はこれを聞いて学習し、声を発するようになる。
    出典 :幼児語 - Wikipedia
     

    乳児は言葉をどんどん覚えることが必要ですからね。

  • 赤ちゃん言葉には、私たち大人が使う言葉とは違う大きな特徴があります。それは、

    ・繰り返しが多い(わんわん、ぶーぶーなど)

    ・特有の語彙が使われる(立つ=たっち ご飯=まんま 歩く・足=あんよなど)

    ・文章が短い。長々と赤ちゃん言葉で話しかけているようでも、実は短い文章に区切られている。

    ・擬音語、擬態語が多用される。
    出典 :赤ちゃん言葉について
     

    赤ちゃんにもわかりやすく、短めの言葉で喋るといいのかもしれません。

  •  

    まんま、わんわん、などは真っ先に覚える言葉かも?

  • 短く簡潔な言葉で語りかけることが、赤ちゃんへの語りかけに効果的であることを考えると、この赤ちゃん言葉特有の語彙というのはすこぶる便利で赤ちゃんにとっても馴染みやすいものだと言えるでしょう。
    出典 :赤ちゃん言葉について
     

    赤ちゃんになじみやすい言葉からスタートしていくとよい!

  •  

    赤ちゃんにも分かりやすい言葉を使うと良い!

  • 赤ちゃん言葉を使うと・・・

  • 赤ちゃん言葉を使うことの一番の問題は、後に変換しなくてはいけないことにあります。
    例えば、犬のことを“ワンワン”と言っていた場合、ある程度の年齢になると
    「“ワンワン”ではなく、“犬”ね!」
    なんて言われたら、混乱してしまいます。
    出典 :赤ちゃん言葉は使わない!? | 子育て=親育て  育児マイスターの子育てブログ
     

    確かに、それまでは普通に使えていたはずの言葉を言い直されたりすると子供は混乱するでしょうね。

  • 父親はできるだけ赤ちゃんと言葉を交わすといい。なぜなら子供の言語能力が伸びるからだ。ただし〝赤ちゃん言葉〟は避けたほうがいい。子供にしっかり意思を伝えられるようになってほしければ、親が正しい言葉でお手本を見せよう。子供が『クルマ』のことを『ブーブ』と言っても、親は赤ちゃん言葉を使ってはいけない。かわりに、『クルマに乗りたいの?』と答えよう。そうすれば子供も自信を失わずに正しい言葉を学べるはず。
    出典 :我が子の才能を引き出す10の方法。 活用するかはあなた次第!? |
     

    親が正しい言葉・言葉遣いを使うことが子供の言語能力の発達には良い!

  • 将来、子供を混乱させないためにも赤ちゃん言葉は最小限に留め初めから正しい言葉遣いを教えたほうがよいという考えもあります。

  • 赤ちゃん言葉は使ってもいい?

  • 米ワシントン大学とコネチカット大学の共同研究によると、赤ちゃんは赤ちゃん言葉で話しかけられた方が早く言葉を覚えるといいます。研究では両親から赤ちゃん言葉で話しかけられていた赤ちゃんは2歳になった時点でそうでなかった赤ちゃんより3倍近く多い語彙量を持っていたとか。
    出典 :赤ちゃんには赤ちゃん言葉で話しかけた方が言葉の発達が早い―米研究 | ニコニコニュース
     

    赤ちゃん言葉で話しかけられたほうが語彙が多くなる!?

  • 「親が1対1で赤ちゃん言葉で話しかけることが子どもの言語発達を促す」とワシントン大学学習脳科学研究所(Institute for Learning & Brain Sciences)のパトリシア・キュール女史は語っており、赤ちゃんに話しかけることはもちろん大切だがどう話しかけることも重要であるとしています。
    出典 :赤ちゃんには赤ちゃん言葉で話しかけた方が言葉の発達が早い―米研究 | ニコニコニュース
     

    ただ適当に話しかければ良いというものではなかった!

  •  

    赤ちゃんは親の顔を見て、言葉遣いをしっかり聞いているんですね。

  • 赤ちゃんの言語能力を発達させるには100%赤ちゃん言葉を使わないのではなく、適度に使ってあげるのが良いのかもしれません。