お肌の老化?「加齢肌」について知っておこう

加齢肌についてしろう。年齢を重ねると起きる肌の老化が一番厄介なのです。

view66

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 年齢と共に肌の衰えが

  • 年齢とともに気になる肌の衰え。個人差はありますが、30代に突入すると肌のくすみ、シミ、シワ、たるみなどが徐々に気になりはじめます。しかしその一方で、肌年齢を全く感じさせない若々しい素肌をいつまでも保っている女性もいらっしゃいます。日々のお手入れと生活習慣で肌の老化をある程度食い止めることは可能です。
    出典 :肌の老化を防ぐために加齢のポイントを知りましょう | スキンケア大学
     

    お手入れはとっても大切ですね。

  • やっぱり気になるのが

     

    目元と口元ですよね。このあたりはしっかりと対策したいと考える人も多いのではないでしょうか?冬でも夏でも、加齢でも共通して言える事は保湿がとても大切という事でしょう。

  • 加齢肌の原因は

  • 金属や繊維などを想像してみてください。ずっと使ってきたものは自然と衰えていきます。外的な刺激を長い期間受け続けてきたものは、皆、疲労していきます。それと同様に、生まれて以降ずっと使い続けてきた肌も少しずつ疲労しつづけています。年齢を重ねると体力が落ちてくるように、肌もさまざまな機能が低下してきます。
    出典 :肌老化の4大原因:アンチエイジングネットワーク
  • 私たちは持って生まれた肌の性質があります。確かにそれが肌老化の進度をある程度決めているといえます。しかし、それ以外の外的要因によって、それぞれの老化の進度が大きく変わってくるのです。 肌老化の大きな原因は「紫外線」「皮膚の乾燥」「細胞の酸化」「皮膚の菲薄化」という4つ。
    出典 :肌老化の4大原因:アンチエイジングネットワーク
     

    このように言われているようなのです。

  • こんな力がなくなる・・・

  • 1つは、根本力が衰えると細胞を作り出す力が衰えてきます。そのためお肌にとって大切なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸がつくられにくくなってしまいます。また水分を蓄える力のある元気な細胞をつくる力も衰えてしまいます。
    出典 :年齢を重ねるとお肌にはなにが起きるの?|大人の肌を素敵な肌へ|基礎化粧品ドモホルンリンクル
     

    このようにどんどんおとろえてしまいます。

  • 年齢を重ねたお肌は、バリア機能も低下してきます。外部からの刺激から守る役目や水分の蒸発を防ぐ機能を担っている細胞間脂質を正しく作り出す事ができず、ちょっとした外部からの刺激(チリ・ホコリや雑菌、そしてメイクも)にも、お肌の表面や内部で炎症を起こしやすくなり、お肌の生まれ変わりが短くなることもあります。
    出典 :年齢を重ねるとお肌にはなにが起きるの?|大人の肌を素敵な肌へ|基礎化粧品ドモホルンリンクル
  • 潤う力がなくなる!?

  • 「潤いを作り出す力」が衰えるとお肌に必要なコラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す力が弱くなります。ですから、潤いにとって大切な成分が不足してしまい、「乾燥」「かさつき」などといった悩みがでてきます。
    出典 :年齢を重ねるとお肌にはなにが起きるの?|大人の肌を素敵な肌へ|基礎化粧品ドモホルンリンクル
  • また、「潤いを保つ力」も弱くなり乾燥しやすくなります。これは外部の刺激から守る役目や水分の蒸発を防ぐ機能を担っている細胞間脂質が少なくなる事で、水分が蒸発する事を防ぐことが難しくなります。
    出典 :年齢を重ねるとお肌にはなにが起きるの?|大人の肌を素敵な肌へ|基礎化粧品ドモホルンリンクル
  • 紫外線も原因に

  • 真皮層にある「コラーゲン」や「弾力線維(エラスチン)」が加齢により、量が減少したり変性することにより、肌の弾力が失われてきてしまいます。しかし、最も大きな外的要因は何といっても「紫外線」です。紫外線は、いわゆる「日焼け」を起こすものと思われがちですが、それだけではなく、「光老化」というものを起こすのです。
    出典 :しわの悩み:アンチエイジングネットワーク
     

    こんな原因があるとはしりませんでした。

  • このように

     

    色々な原因で加齢肌は進んでいきます。肌の老化を食い止める為にも、若いうちからきちんとした対策をしておくのが必要といえるでしょう。