これが原因!?「育児ストレスで太る」かも知れない!

育児ストレスで太る事もあるそうなのです。育児中でも美しくいる為に対策をしましょう!

view184

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 育児ストレスは太る!?

  • 理由にはいくつも考えられますが、ここでは精神的な理由について考えていきましょう。最もよくあるのは、慣れない赤ちゃんの世話でストレスが日々蓄積し、イライラカリカリしてきて、ストレス解消のため過食・暴食に走ってしまう、ということなのです。
    出典 :育児中は太る、その理由 | 育児とダイエットを両立させるコツ
     

    これは良くある事ですよね

  • たまになら問題ないが

     

    育児は長い間続きます。それが習慣化してしまえばもう完全に太る原因になりますよね。イライラ→食べる→解消→イライラ→食べる→解消の悪循環が出来上がってしまうのです。

  • 人間関係も誘発する原因

  • 主婦の主な人間関係として、自分の子供、夫、親兄弟、姑、親戚、さらには生活圏内のご近所様などが挙げられます。これらの身近な人たちとの関係は、ひとつ間違えば大きなストレスとなって主婦に降り掛かります。
    出典 :ストレスで、主婦が太る理由|ダイエットカウンセラーおすすめ!「主婦の為のアジャストダイエット」
  • 特に、姑やご近所さんとの関係が気まずくなった時などは要注意です。人間関係が上手く機能しないことから生じる精神的ストレスは、主婦を孤独へと追いやり、自らをコントロールすることが出来なくなる現象を引き起こしかねません
    出典 :ストレスで、主婦が太る理由|ダイエットカウンセラーおすすめ!「主婦の為のアジャストダイエット」
     

    気付いてあげる事がとても大切なのです

  • 運動不足も要因のひとつになる

  • 果物や野菜の摂取量は子どもの有無で変わらないが、一日の平均摂取カロリーは子どもを持つ女性の方が368kcal多い。「上乗せ摂取」があるということだ。子どもの食べ残しを口にしていることも多いのだろう。
    出典 :子育ては太る!調査結果が裏付け | ロケットニュース24
     

    このような結果もあるのですが、これに運動不足が加わると・・・

  • 。「果物や野菜をお手本として食べると同時に、子どもの好物、例えばナゲットやチーズ料理などを一緒に食べているのでは。運動不足と相まって肥満に繋がります。また親としてやるべきことは他にも山積みで、冷凍ピザで済ませたい日もあったりと、食事内容に気を配れない時もあります。どう折り合いをつけるかですね」
    出典 :子育ては太る!調査結果が裏付け | ロケットニュース24
     

    このあたりは気をつけたいですね

  • 解消できるならしよう

  • 女性なら甘いものが好きな方、多くありませんか?もしくは、これだけは譲れない と言うようなお気に入りの食べ物など。太るなんて気にしないで思う存分に食べましょう。ただ、この解消法を繰り返してしまうと食生活に偏りが出てきてしまい、健康を害する恐れもあるのでほどほどに。
    出典 :育児で溜まったストレスを解消する3つの方法 | nanapi [ナナピ]
     

    好きなものを食べるというのも大事ですが、食べ過ぎはダメですよ

  • 同じようなママ友だちと集まって、日頃の悩みやうっぷんなどを聞いてもらいましょう。ただの世間話をしているだけでも、笑ったり、よその環境を知ることによって気持ちが満たされてたくさん笑った日は本当にぐっすり眠れます。深い睡眠がしっかり出来ることで、イライラ防止にもなりますし心に余裕が持てるものです
    出典 :育児で溜まったストレスを解消する3つの方法 | nanapi [ナナピ]
     

    話をするだけでも違うのですよ

  • いつもはお子さんを自分でお風呂に入れている奥さまも、たまには旦那さまに交代してもらいゆっくり入浴してみてください。最もストレス解消に効果的なのは、心臓への負担が少なく、副交感神経が刺激される半身浴です。
    出典 :育児で溜まったストレスを解消する3つの方法 | nanapi [ナナピ]
     

    たまには良いかもしれませんね

  • 最後に

  • 自分の体に多少脂肪が付こうが、それは子ども中心の生活をしているということ。そう考えると、母の脂肪は愛である。
    出典 :子育ては太る!調査結果が裏付け | ロケットニュース24
     

    このような解釈もできますよ。あまり深く考えすぎない方が良いですね

  • 育児というものは

     

    ストレスもついて回るものなのです。だからこそ、しっかりと夫婦で行うべきだと私は思います。確かに、忙しいかもしれませんが旦那さんもちょっと奥さんを助けて上げる優しさをもってみてはいかがでしょうか