100人に1人というデータも!人ごとではない「自閉症」

「自閉症」というと特別な障害と思われてきましたが、ここ近年では増えており、軽症まで合わせると1000人に1人はいると言われています。もしも自分の子どもが自閉症になったら、クラスメイトに自閉症の子がいたら、どうしたら良いのでしょうか?

view324

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自閉症ってどんな障害?

  • 脳の機能障害あるいは成熟の遅れが原因と考えられている障害。乳児期から他者と視線が合わない、あやしても笑わないなど、愛着行動の遅れが見られる。
    出典 :自閉症 とは - コトバンク
  • 特徴的な症状である「周囲との交流困難」「言語発達の遅れ」「限定的な興味の対象・動作の反復性」は、通常3歳頃までに顕著になります。
    出典 :自閉症の原因・症状・特徴 [発達障害] All About
  • 0~2歳までは、発達に個人差があるまで、診断が難しいとされています。そのため、正式な診断は3歳ぐらいに行われることがほとんどです。

  • 人とかかわる事がむずかしいのが特徴ですが、ひきこもりや対人恐怖症、内気な性格、情緒障害のことではありません。
    出典 :自閉症ってなあに?|とってもわかりやすい自閉症のページ
  • 自閉症は性格上の問題から起きる病気ではなく、先天性の脳障害なので治ることはありません。
    しかし、重度にもよりますが、適切な療育やサポートを受けることで、日常生活を送ることも可能です。

  • 療育は、評価に基づいて保護者の方とスタッフと面談の上、立案した個別の支援計画に沿って進めていきます。具体的には、活動の切替えやコミュニケーション指導など、自立して活動ができることを目標に取り組みます。
    出典 :社会福祉法人 北摂杉の子会
  • 自閉症の典型的な症状

  • 自閉症には様々な症状があり、人それぞれですが、いくつか共通したところもあります。
    まずは、「赤ちゃんの頃でも後追いをしない」ということです。

  • 後を追うのは、親のそばにいると安心がうまれるという脳の機能がうまれているからです。
    自閉症の子どもは、この脳の機能がうまれていないので母親の後を追いません。
    出典 :自閉症の症状
  • そのように、自閉症の子は親といても安心するということがありません。常に恐怖や不安でいっぱいです。
    生まれつきの脳障害だけではなく、そのような背景もあり、奇声や暴力といった形でしか自分の気持ちを表現できない患者もたくさんいます。

  • 言葉を持たない自閉症の子どもは、「クレーン現象(大人の手をつかんで自分の欲しい物を取らせようとする)」で要求を表現することは多くみられます。
    出典 :赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 【発育・発達】Q&A
  • しかし、クレーン現象は言葉が出ない1歳前後の健常児でも多く見られるもの。クレーン現象のみで自閉症だと判断せずに、他の点にも注意して見ていきましょう。

  • 奇妙なしぐさ(例えば耳をふさいだり、手をヒラヒラさせたり、クルクル回るなど)を頻発し、自傷行為(頭やあごをたたく、手をかむなど)がみられます
    出典 :自閉症|ベネッセウィメンズパーク
  • 自閉症児は目が回らないので、くるくる回ることを好みます。横目で見る、横目でくるくる回るというケースも多く見られます。

  • 言葉を話すようになってからは、オウム返し、独り言、場にそぐわない発語が多く、会話になりにくいという特徴が見られます。
    出典 :【第2回掲載分】自閉症ってどんな子なの? | 自閉症について | 名古屋市【愛知県青い鳥医療福祉センター】
  • 1~2歳ごろまでに出現していた有意味語が消失する
    出典 :自閉症の初期徴候チェック・リスト ユニバーサルデザイン・学校インターネット
  • 今までできていたことができなくなる、話していた言葉が出なくなるタイプの自閉症を「折れ線型」と言います。
    折れ線型は自閉症の中でも最も難しいタイプと言われています。できるだけ早く発見をし、その子に合った療育を受けることが大切です。

  • 睡眠のリズムが不規則で、極度の偏食や、奇妙なこだわりがみられます。
    出典 :自閉症|ベネッセウィメンズパーク
  • それらの兆候がみられたら、自閉症が疑われます。早めに診断を受けましょう。

  • 自閉症には、輪ゴムやミニカーなどを規則的に並べる、並べた物が少しでもずれると修正するという特性もあります。

  • 自閉症児はとにかく無鉄砲に動き回る子が多いです。一目散に駆け出していき、呼びかけにも反応しないので、「待って!」「止まって!」と、いくら叫ぼうとも子どもには通じず、親はあわてて追いかけるしかないんです。
    出典 :多動傾向・自閉症の特徴(1)〜自閉症児の多動について
  • いわゆる「多動」です。健常児でも落ち着きがない子はいますが、ほとんどの子の場合は目的があります。しかし、自閉症児には目的がありません。そのため、行動を制御するのが難しいのが特徴です。

  • パニックとは、自分の髪の毛を引っ張ったり、手の甲を噛んだり、床や壁に頭を打ちつける自傷行為、他人に噛みついたりする他傷行為などがあります。
    出典 :パニック・自閉症の特徴(2)〜自閉症児のパニックとは?自傷行為・他傷行為はストレスから?
  • 自閉症の症状の中でも、パニックは一番困ることと言って良いでしょう。自傷行為だけならばともかく、他害がある場合は周囲にかける迷惑も多大なものです。
    ストレスを上手に発散してあげることで、パニックを起こす回数が減ると言われていますが、完全に抑えるのは難しいでしょう。

  • 身近にいたらどう対応すればいいの?

  • まず、なんといっても自分の子どもが自閉症だった場合、その苦悩は大きいものです。

  • 自閉症の子どもは、成長しないとか、教えても仕方がないとか、諦めたり、悲観しないで下さい。ゆっくりとではありますが、着実に、ー歩一歩成長して行きます。
    出典 :自閉症について
  • 健常児の約半分のペースで成長するというデータもあります。そのため、根気が必要になりますし、家族がまいってしまう時もあるでしょう。専門機関や自治体の支援などを活用しましょう。時には、施設の一時入所や入院などで離れてみることも必要です。

  • 次に心配なのが、子どものクラスメイトに自閉症児がいるというケースでしょう。

  • クラスメートには,自閉症を持つ人の不適切な行動は無視し,皆の役に立つような良い行動をしたときには褒めるよう促してください。
    出典 :自閉症
  • しかし、幼稚園児や保育園児、小学校低学年ですと、なかなか難しいかもしれません。特に他害がある場合は、自分の子どもが暴力を受けてしまうことも無いとは言い切れないでしょう。そのようなことがあったら我慢せずに、園や学校、加害者(自閉症児)の保護者を交えて話し合う機会を設けることも必要です。