排卵日検査薬の使い方、知っていますか?

子供が欲しい女性にとって、排卵日検査薬の使い方はとても重要ですよね。正しい使い方を知って、家族の将来に役立てましょう!

view325

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵日検査薬はいつから使えばいいの?

  • 排卵日検査薬は排卵前の「LHサージ」に反応しますので、排卵が起こる前から数日間 使って予測します。 ですから、検査薬をより効果的に使うためには、何周期か基礎体温をつけ、その基礎体温の変化から自分の排卵を予測しやすくしておくことがベターです。
    出典 :排卵日検査薬の効果的な使い方|子宝ひろば
  • LHサージって聞いたことありますか?そもそもLHってなんでしょうか??

  • 排卵日検査薬は、どんなふうに排卵の予測をするの?

  • 排卵日検査薬は、妊娠検査薬に見た目はよく似ていますが用途は全く違います。妊娠したい場合に排卵日検査薬を使うことで、妊娠しやすい時期を予測しタイミングをとる方法として使われます。
    出典 :排卵日検査薬の使い方
     

    たしかに排卵日検査薬と妊娠検査薬を間違えてしまいそうですね。

  • LH(黄体形成ホルモン)について
    私たち健康な女性の身体は、エストロゲンを分泌して卵が成熟したことをお知らせします。 排卵の直前には、LH(黄体形成ホルモン)を急激に分泌させ排卵がおこることをお知らせします。
    出典 :排卵日検査薬の使い方
  • 成熟した卵を排卵すると、脳下垂体はそれを受け止め、黄体ホルモンを分泌させます。排卵前に分泌されるこのLH(黄体形成ホルモン)は、血中や尿の中に含まれるため、排卵検査薬を使用することによって、排卵日を予測することができるのです。
    出典 :排卵日検査薬の使い方
     

    なるほど~。LH(黄体形成ホルモン)についてよく知らない人も多いのではないでしょうか?

  • 排卵日検査薬の使い方

     

    基礎体温グラフでの見方の表です。低温期から高温期に上がった頃なのですが、前もって判断することは難しいそうです。

  • 排卵日検査薬を使うと、LHによって排卵の起こる前を予測することができます。しかしまれではありますが、LH濃度が上昇しているにも関わらず、排卵が起こらない場合があります。正確な排卵日を確認するためにも、妊娠したい人には基礎体温と排卵日検査薬の併用をおすすめします。
    出典 :排卵日検査薬の使い方
     

    基礎体温と排卵日検査薬の併用がポイントですね!

  • 排卵日検査薬の使い方

  • 1.10時・20時の間に、清潔な容器に採尿し、MAXと表示されている線までを3秒ほどに浸します。2.平らな、乾燥した場所に置きます。3.5分以内に結果を読み取ります。 ◦陽性:結果ラインとコントロールラインの色が同じ又は濃い。 ◦陰性:コントロールラインのみ現れる。
    出典 :Babysun - 排卵検査薬の使い方
  • 排卵日検査薬の判定方法

     

    このように、ラインがどのように出るかによって、陽性・陰性・無効に分かれるんですね。はっきりと2本のラインが出て、テストラインがコントロールラインと同色かそれよりも濃い場合が陽性で、24~48時間以内に排卵の可能性があるそうです。

  • いろいろな排卵日検査薬

     

    各社から様々なタイプの排卵日検査薬が出ています。こちらはほんの一例です。

  • 排卵検査薬が薄く陽性に出る時はピーク前か、後かわからないのか?
    じゃあ何回か検査をやればピークがわかるし、排卵日も特定できるわね
    出典 :排卵検査薬の本当に正しい使い方
     

    こんなふうに思っちゃいますよね。

  • そこが大きな間違いなのです。排卵検査薬が陽性になったら翌日以降繰り返して排卵日を特定するより
    陽性になった時点でタイミングをとった方がはるかに効率的なのです
    出典 :排卵検査薬の本当に正しい使い方
     

    なるほど!

  • いかがでしたか?正しい排卵日検査薬の使い方を知っておけば、早く子供が欲しいあなたにうれしい知らせが届くのも近くなるかもしれませんね!