あれ・・・なんだか顔色が悪い?顔色が悪い原因

なんだか今日は顔色が悪い・・・なんででしょうか?顔色が悪い原因はなんでしょうか?

  • kei 更新日:2014/09/25

view93

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 顔色が悪い・・・

  • 顔の色はその人の健康と深いつながりがあります。これを知っていると家族や自分の体の異変を発見する手がかりになります。健康な人の顔色は薄い黄色で赤みをおび光沢があります。想像出来ない人は幼児の顔色を見て下さい。
    出典 :顔色でわかる病気
     

    顔色が悪いと、心配されたりしますよね。健康と深いつながりがあるようです。

  • 顔にはたくさんの血管が集まり、多くの血液が流れています。その血液の量や状態が反映される顔色は、健康の重要なバロメーターになります。ときには疾患のサインを示すこともあり、顔色が突然変化したり、顔色が悪い状態が続く場合は疾患が疑われます。
    出典 :顔色が悪い 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    血管によって顔色が変わるのですね・・・

  • どういったことが原因で顔色がわるくなるのでしょうか?

  • 血液の循環は自律神経によってコントロールされています。興奮したときに顔が赤くなるのは、心臓の働きを支配している自律神経の一つである交感神経が強く働き、心拍数が上がって血液の流れが一時的に活発になるからです。また、緊張したときは、皮膚の交感神経が強く働き、顔の毛細血管が収縮するため、顔が青ざめます。
    出典 :顔色が悪い 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    なるほど、交感神経によって顔色が変わることもあるのですね。

  • 顔色が悪くなる原因として一番にあげられるのが、体温の低下です。最近ではよく言われるようになりましたが、人間の病気のほとんどが体の冷えによるものから発生します。それにもかかわらず、人は体を冷やすように生活していることが多いのです
    出典 :「顔色が悪い」と気づいたあなたに!原因と解決法とは?
     

    冷えが原因!?

  • 体温が35度台という低体温の人が増えています。原因としては、お風呂に入らずシャワーで済ますことや運動不足、冷房の効かせすぎ、体を冷やす食品の摂取、過度なダイエットによるエネルギー不足、ストレスなどが考えられます。体が冷えると顔の皮膚の血管が収縮して血流が悪くなり、顔色が悪くなります。
    出典 :顔色が悪い 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    冷えは万病のもと・・・顔色にもあらわれるんですね。

  •  

    湯に入らず、シャワーだけでいると冷えの原因になるようです。

  • 顔色によっても、疑われる疾患が異なります。
    出典 :顔色が悪い 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    顔色によって疾患が見分けれるんですね・・・

  •  

    例えば、黄色い顔の人はなにか原因があるのでしょうか?

  • 胃腸関係に注意が必要です。消化吸収が悪くなり貧血傾向があります。 脾臓が不調ですと、胃腸病、糖尿病を起こしやすく内臓下垂、虚弱体質になりやすいです。骨格がしっかりしていてのど回りが太く、胸がはっている人は、脾臓の機能は正常です。
    出典 :顔色でわかる病気
     

    顔色で弱い部分がわかることもあるようです。

  • 顔色が黒ずんでいる人は、腎臓、生殖器、ホルモン関係に注意が必要です。実際に腎臓病になりますと皮膚は黒ずみますし、精力が減退しても眼のまわり、胴回りが黒ずみます。腎臓の疾患はほほ骨と鼻の間に変化がでます。腎臓が病気に冒されそうになるとまず下顎が赤くなります。
    出典 :顔色でわかる病気
     

    顔色が黒っぽい人は腎臓、ホルモンバランス等が原因なんですね。

  • 肺・呼吸器関係が要注意です。かせ゛をひきやすく、皮膚の弱い人が多いです。肺の具合は眉間に現れます。
    出典 :顔色でわかる病気
     

    顔色が白い人は肺や呼吸器を気をつけましょう。

  • 肝臓部分にうっ血があり、血液の流れががわるくなり血液中に老廃物が増え血液の色が黒褐色になります。そして血管が浮き上がり皮膚が青みを帯びてきます。鼻の上の部分と両目の下の下瞼の水平な横の部分で肝機能の善し悪しが解ります。
    出典 :顔色でわかる病気
     

    顔色が青い人は、血流が悪いようです。気をつけましょう!