高尿酸血症の原因について

高尿酸血症の原因についてしらべてみました。生活習慣などにも見直す点はあるのでしょうか?

  • rinko 更新日:2014/04/22

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高尿酸血症とは

  • プリン体の分解産物が尿酸です。体のなかでつくられた尿酸のうち、約80%は腎臓から尿のなかに溶けた状態で排泄されますが、この排泄量が少なかったり、体のなかで尿酸がつくられすぎて排泄が間に合わなかったり、あるいはその両方が起こると血液中に尿酸が増えてきます。
    出典 :高尿酸血症と痛風 - goo ヘルスケア
     

    尿酸が作られ過ぎるという状態になるわけです。血液中の尿酸が高い数値を占める場合には高尿酸血症と診断されます。

  •  

    食事には特に気を配りましょう。プリン体の多いものはこの際。排除するのも一つの方法です。

  • 尿酸とは「プリン代謝の最終産物」です。プリン体は細胞ひとつひとつの核のなかの核酸に含まれています。細胞が死ぬときにはプリン体は尿酸に分解されます。高尿酸血症とは血中の尿酸値が異常に高くなった状態で、血液中に溶けきらない尿酸がからだの色々なところに結晶として蓄積していき、痛風を初めとする多くの障害をひきおこします。
    出典 :高尿酸血症とは
     

    患者数も多く深刻な病気となっています。

  • 高尿酸血尿の原因は?

  • 食物中のプリン体の過剰摂取,習慣的な飲酒,激しい運動 。尿酸が高い状態を続けていると,痛風関節炎や腎障害,尿路結石が発症し,進行していきます。
    出典 :高尿酸血症・通風 - 旭川市保健所 保健指導課 地域保健第1・2係
     

    進行していく病気のなので早めに診断をしてもらい治療が必要になってきます。

  •  

    ついつい暴飲暴食していませんか?

  • 高尿酸血症と痛風の関蓮は?

  • 痛風の発作が尿酸値が高くなることによって引き起こされることから、高尿酸血症と痛風が同じものであると思っている人もいるようですが、このふたつの病気は違うものです。
    出典 :高尿酸血症と痛風の違い
     

    確かに勘違いしてしまいそうになります。

  •  

    生活を見直して健康的な生活をまずは取り戻してください。

  • ・高尿酸血症は痛風の予備軍で、痛みなどの自覚症状はありません。
    ・痛風は高尿酸血症が進行したもので、急性関節炎という激烈な痛みの発作が起きます。
    出典 :高尿酸血症と痛風の違い
     

    痛風との関連性です。

  •  

    病気が移行しないように食い止めましょう。

  • 高尿酸血症では症状はありません。痛風発作では、急激に痛みがあらわれます。主に足の親指のつけねや、手の指、ひじ、ひざが腫れ、ひどく痛みます。痛みははじめの1~3日間がもっともひどく、2週間以内にはおさまります。治療をせずに放置すると、痛風発作をくり返します。
    出典 :高尿酸血症・痛風
     

    症状の違いがあるのですね。